大阪岸和田・手作り“だんじり”遊具事故の『家族』~男児、父親、兄弟

2018年6月21日、大阪府岸和田市で9歳の男児が亡くなる事故が発生しました。

幸福な家族に訪れた悲劇はどのようにして起こったのでしょうか。

スポンサーリンク




◆大阪岸和田・手作り“だんじり”遊具事故

この事故は、6月21日午後6時ごろ、大阪府岸和田市南上町2丁目の路上で発生。

現場は、南海本線岸和田駅から南西約800メートルの住宅街でした。

自宅前で父親と遊んでいた9歳の男児が、転倒した遊具の下敷きになったものです。

◆手作り“だんじり”遊具とは

転倒した遊具とは、台車を改造した手作りの遊具でした。

遊具は台車の上に木枠や屋根を付け、ロープで引っ張る構造。

遊具の大きさは、高さ約135cm、長さ120cm、幅70cm、重さは約40kgほどありました。

岸和田といえば“だんじり”の町。

遊具の構造を見る限り、だんじりを模した遊具だったのでしょう。

◆犠牲となった9歳の男児

この事故で犠牲となったのは、9歳になる小学4年生の男児でした。

遊具が転倒して下敷きになった際、胸などを強く打ったとみられ、搬送先の病院で死亡が確認されました。

事故当時、男児は木枠から大きく身を乗り出していたということです。

◆37歳の父親

事故時に遊具を引いていたのは、37歳の父親でした。

父親は遊具も自作しており、事故の責任を感じていることでしょう。

しかし、子供が喜ぶ顔を見たくて“ミニだんじり”を作り、この日も一緒に遊んでいた父親に罪はありません。

むしろ、家でゴロゴロしてスマホばかりいじる父親にくらべ、模範的なお父さんだったというべきでしょう。

◆母親と兄弟

事故当時は9歳男児と父親意外に、きょうだい2人の計4人で遊んでいました。

男児は3人兄弟だったのですね。

突然の事故に、母親も悲しみに暮れていることでしょう。

◆まとめ

大阪のだんじりが栄えている地区では、だんじりごっこをやる子供達の姿が見受けられます。

今回の事故があった「南上町」は新興住宅地であるため、だんじりを保有していませんでしたが、

“南上町にだんじりを”

と願う有志が集まり活動を始め、平成19年より岸和田地区の曳行に参加していました。

今年も岸和田だんじり祭りは、9月に行われます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO