関東の地方銀行15行による実力ランキング【2022年3月期】預金量・総資産など24項目を一覧表で比較

関東地方に本店を置く地方銀行は、15行あります。

それぞれの銀行の力関係は、どうなっているのでしょうか?

今回は、関東の地銀15行を、色んな項目で、ランキングしていきます。

なお、数字は全て、2022年3月期決算の内容です。[1][2]

スポンサーリンク

①預金量

最初は、銀行3大業務の一つである、預金量のランキングです。

 銀行名預金量
1横浜銀行17兆3,184億円
2千葉銀行14兆7,877億円
3常陽銀行10兆0,540億円
4群馬銀行7兆9,704億円
5足利銀行6兆8,034億円
6京葉銀行5兆1,460億円
7きらぼし銀行5兆0,456億円
8武蔵野銀行4兆7,634億円
9栃木銀行3兆0,174億円
10千葉興業銀行2兆8,168億円
11筑波銀行2兆4,663億円
12東和銀行2兆1,369億円
13東日本銀行1兆8,005億円
14東京スター銀行1兆5,381億円
15神奈川銀行4,810億円

1位の横浜銀行と、13位の東日本銀行は、コンコルディア・フィナンシャルグループの傘下であり、合計すると19兆1,189億円になります。

また、3位の常陽銀行と、5位の足利銀行は、めぶきホールディングスとして経営統合しており、預金合計は16兆8,574億円。

合算で見ると、1位コンコルディア、2位めぶき、3位が千葉銀行ということになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました