都市銀行やネットバンクなど13行による住宅ローン金利ランキング~変動金利・固定金利を比較

スポンサーリンク

住宅ローンを検討するとき、候補として出てくるのは、都市銀行、ネット銀行、地方銀行などですよね。

今回は、都市銀行とネット銀行の住宅ローン金利をランキング形式でご紹介していきます。

地方銀行の住宅ローンについてはこちら

地方銀行と第二地銀102行による住宅ローン金利ランキング~エリア別に変動金利・固定金利を比較
住宅ローンを検討するとき、候補として出てくるのは、都市銀行、ネットバンク、そして地方銀行ですよね。 今回は、地方銀行の住宅ローン金利をランキング形式でご紹介していきます。 都市銀行とネットバンクについてはこちら ...

◆都市銀行やネットバンクなど13社

この記事でご紹介するのは、以下の13の金融機関です。

 銀行名区分
1みずほ銀行都市銀行
2三菱UFJ銀行都市銀行
3三井住友銀行都市銀行
4りそな・埼玉りそな銀行都市銀行
5ジャパンネット銀行ネット銀行
6ソニー銀行ネット銀行
7楽天銀行ネット銀行
8住信SBIネット銀行ネット銀行
9auじぶん銀行ネット銀行
10イオン銀行流通系銀行
11三井住友信託銀行信託銀行
12新生銀行旧長信銀
13ARUHI住宅ローン専門金融機関

りそな銀行埼玉りそな銀行は、本来は別の銀行ですが、住宅ローンの内容が全く同じなので、ひとつにまとめました。

ARUHIは銀行ではありませんが、専門企業として住宅ローンを供給しているので、記事に含めています。

◆住宅ローンランキング【変動金利】

それでは早速、住宅ローン金利のランキングをご紹介します。

金利が低い順に並べています。

変動金利からどうぞ

 銀行名商品名変動金利
1位auじぶん銀行住宅ローン0.380%
2位ジャパンネット銀行住宅ローン0.399%
3位住信SBIネット銀行ネット専用住宅ローン0.428%
4位りそな・埼玉りそな銀行融資手数料型0.429%
5位三井住友信託銀行住宅ローン0.445%
6位新生銀行パワースマート住宅ローン0.450%
7位ソニー銀行変動セレクト住宅ローン0.457%
8位イオン銀行住宅ローン金利プラン0.470%
9位三井住友銀行WEB申込専用住宅ローン0.475%
10位みずほ銀行ネット住宅ローン0.525%
10位三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローン0.525%
12位楽天銀行住宅ローン(金利選択型)0.527%
13位ARUHIARUHI 変動S0.700%

※金利は2020年5月時点で、公式HPで確認できる最優遇金利

首位はauじぶん銀行の住宅ローンです。

デフォルトで0.410%ですが、KDDIが提供する「じぶんでんき」を契約すると、0.380%となります。

2位のジャパンネット銀行は、付帯条件なしで0.399%という低さ。

これに、がん保障50%をつけると+0.1%、がん保障100%は+0.2%、11疾病保障は+0.3%上乗せされます。

3位の住信SBIネット銀行は、借り換え限定の金利です。

住宅を新規に購入する場合は、0.457%(+0.029%)と高くなります。

住信SBIとしては、借り換えのお客さんの方がウェルカムなのでしょう

◆住宅ローンランキング【固定金利】

続いて、固定金利のランキングです

固定金利は期間を選ぶことができますが、選ばれることの多い「10年固定金利」で比べています。

 銀行名商品名10年固定金利
1位auじぶん銀行住宅ローン0.520%
2位ソニー銀行固定セレクト住宅ローン0.550%
3位イオン銀行住宅ローン金利プラン0.570%
4位りそな・埼玉りそな銀行融資手数料型0.645%
5位三井住友信託銀行住宅ローン0.620%
5位ジャパンネット銀行住宅ローン0.620%
7位三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローン0.690%
8位みずほ銀行ネット住宅ローン0.750%
9位新生銀行パワースマート住宅ローン0.800%
10位楽天銀行住宅ローン(金利選択型)0.966%
11位ARUHIARUHI 変動S1.070%
12位三井住友銀行WEB申込専用住宅ローン1.100%
13位住信SBIネット銀行ネット専用住宅ローン1.110%

※金利は2020年5月時点で、公式HPで確認できる最優遇金利

首位は変動金利と同じく、auじぶん銀行です。

優遇金利を受けるには「じぶんでんき」の契約が条件という点も、変動金利と同じですね。

2位のソニー銀行は新規購入限定の金利で、借り換えの方が高くなります(+0.05%)。

3位のイオン銀行は借り換え限定の金利で、新規購入の方が高くなります(+0.05%)。

金利の設定は、銀行によって考え方が異なるのですね

◆各銀行の住宅ローンを比較

ランキングでは単純に、最優遇の金利だけを比べてきました。

しかし実際には、疾病保障であったり手数料であったり、検討すべき項目があります。

もう少し各銀行の住宅ローンを深堀してみましょう。

Ⅰ.みずほ銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
ネット住宅ローン0.525%0.750%不明0円33,000円

まず最初は、銀行コードも「0001」と一番早い、みずほ銀行です。

この記事でご紹介しているのは「ネット利用」の住宅ローンであり、「店舗相談型」だと金利が0.1%高くなります。

疾病保険は、

  • 8大疾病補償プラスがんサポートプラン(保険料方式)
  • がん団信(+0.15%)

を選択可能。

「8大疾病」の方は保険料方式なので、保険だけ中途解約が可能です

Ⅱ.三菱UFJ銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
ネット専用
住宅ローン
0.525%0.690%融資金額の2.2%0円16,500円

ご紹介しているのはネット専用の住宅ローンで、「店舗相談型」だと+0.1%となるのはみずほ銀行と同じですね。

疾病保険は、7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉が準備されていて、

  1. 大疾病保障充実タイプ(+0.30%)
  2. 安心の保険料タイプ(保険料支払型)

と、2つのタイプを選ぶことができます。

Ⅲ.三井住友銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
WEB申込専用
住宅ローン
0.475%1.100%融資金額の2.2%0円5,500円

この記事でご紹介しているのは、変動は「最後までずーっと引き下げプラン」、固定は「最初にぐぐっと引き下げプラン」です。

いずれもWEB申込専用の住宅ローンであり、「住宅ローン審査申込アプリ」をダウンロードしてアプリから申し込む必要があります。

疾病保険は、

  1. 日常のケガ・病気保障特約(+0.10%)
  2. 8大疾病保障付住宅ローン(+0.30%)

を用意。

1、2の契約者は奥さま保障特約(女性特有のがんと診断されたら保険金100万円)が無償で付加されます。

Ⅳ.りそな・埼玉りそな銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
融資手数料型0.429%0.645%融資金額の2.2%0円変動 11,000円
固定 33,000円

ご紹介しているのは金利が低い「融資手数料型」。

別に、繰上完済に有利な「保証料一括前払い型」と、初期費用を抑えた「保証料金利上乗せ型」があります。

疾病保険は、

  • 3大疾病保障特約(+0.25%)
  • 特定状態保障特約付住宅ローン「団信革命」(+0.30%)

がオプションで選べます。

「団信革命」を選択すると、さらに△0.05%の金利優遇が受けられるので、実質は団信革命の一択でしょう

Ⅴ.ジャパンネット銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
住宅ローン0.399%0.620%融資金額の2.2%0円33,000円

ネット専業のジャパンネット銀行は、商品構成がシンプルで分かりやすい一方で、疾病保険は充実しています。

  • がん50%保障団信(+0.10%)
  • がん100%保障団信(+0.20%)
  • 11疾病保障団信(+0.30%)
  • ワイド団信(+0.30%)

がん50%保障とは、がんと診断確定されたら住宅ローン残高が「半分」に。

がん100%保障は、がんの診断で住宅ローンが「0円」になり、給付金特約もついてきます。

ワイド団信とは、健康上の理由で一般団信に加入できない人でも加入しやすいよう、引受基準を緩和したプランです。

Ⅵ.ソニー銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
セレクト住宅ローン0.457%0.550%融資金額の2.2%0円0円

ソニー銀行の住宅ローンは、金利が低く、各種手数料も無料または低額の項目が多いです。

オリコン顧客満足度調査で、9年連続No.1に輝いています

疾病保険の上乗せ幅も低いですね。

  • がん50%保障特約付き団信(上乗せなし)
  • がん100%保障特約付き団信(+0.10%)
  • 3大疾病保障特約付き団信(+0.20%)
  • 生活習慣病入院保障特約付き団信(+0.20%)
  • 引受基準緩和型団信(+0.20%)

Ⅶ.楽天銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
住宅ローン
(金利選択型)
0.527%0.966%330,000円0円0円

楽天銀行住宅ローンの大きな特徴は、定額の33万円という融資事務手数料。

ほとんどの銀行が「融資額×2.2%」なので、融資3000万円の融資なら66万円になります。

これを30年ローンで考えると、金利のおおよそ0.15%に当たるんですね

融資金額が大きくなるほど、定額の事務手数料は魅力だと思います。

疾病保険も充実しています。

  • 50% 保障がん団信(上乗せなし)
  • 100% 保障がん団信(+0.20%)

上記いずれにも就業不能保障特約がついており、仕事ができない状態が16日以上続いていると、毎月の返済が最大36カ月間免除されます。

Ⅷ.住信SBIネット銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
ネット専用
住宅ローン
0.428%1.110%融資金額の2.2%0円33,000円

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で設立するネット銀行です。

価格.com 住宅ローン人気ランキング1位に選ばれました!

疾病保険については、

  • 全疾病保障(上乗せなし)
  • ガン診断給付金特約(女性限定)(上乗せなし)

となっており、金利に上乗せするタイプはありません。

全疾病保障は、働けなくなった場合の「就業不能信用費用保険金」と、就業不能が長期化した場合の「債務繰上返済支援保険金」が用意されています。

Ⅸ.auじぶん銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
住宅ローン0.380%0.520%融資金額の2.2%0円33,000円

変動も固定もナンバー1に輝いたのが、auじぶん銀行。

携帯のauと三菱UFJ銀行が共同出資する、インターネット専業銀行です。

ご紹介している金利は前述のとおり「じぶんでんき」をセットした場合の金利ですね

金利が低いだけでなく、疾病保険についても、

  • がん50% 保障団信(上乗せなし)
  • がん100% 保障団信(+0.20%)
  • 11疾病保障団信(+0.30%)
  • ワイド団信(+0.30%)

と、充実しています。

Ⅹ.イオン銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
住宅ローン
金利プラン
0.470%0.570%融資金額の2.2%0円55,000円

イオン銀行は、「新たな業態の銀行」の中でもっとも多く有人店舗を展開しており、個人ローンにも力を入れています。

流通系銀行のうち、住宅ローンを扱っているのはイオン銀行のみです

疾病保険は、

  • ガン保障特約付住宅ローン(+0.1%)
  • 8疾病保障プラス付住宅ローン(+0.3%)

の2パターン。

「8疾病保障」の方には失業信用費用保険(失業したら最長6カ月分を保障)が付加されているのが特徴的ですね。

さらに+0.05%居住不能信用費用保険(地震や家事などで家に住めなくなったら最長6カ月分を保障)が用意されています。

Ⅺ.三井住友信託銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
住宅ローン
家計応援プラン
0.445%0.620%融資金額の2.2%0円22,000円

ご紹介している商品は「住宅ローン家計応援プラン」。

  • 三井住友信託ダイナースクラブカードセット(△0.01%)
  • NISA口座申し込み(△0.01%~△0.02%)
  • 投資信託自動購入プラン(△0.03%)

上記を組み合わせて、最大△0.03%の優遇金利を受けることができます。

疾病保険は、

  1. 八大疾病保障(ライトプラン)50%給付型(+0.1%)
  2. 八大疾病保障(ライトプラン)100%給付型(+0.2%)
  3. 全入院保障付八大疾病保障(充実プラン)50%給付型(+0.15%)
  4. 全入院保障付八大疾病保障(充実プラン)100%給付型(+0.3%)
  5. 八大疾病保障(ガン診断一時金付)50%給付型(+0.1%)
  6. 八大疾病保障(ガン診断一時金付)100%給付型(+0.2%)

があり、20歳~45歳の人は1~4を、46歳~55歳の人は5~6を選択することができます。

Ⅻ.新生銀行

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
パワースマート
住宅ローン
0.450%0.800%融資金額の2.2%0円165,000円

ご紹介している変動金利は「変動フォーカス」という商品です。

これとは別に、変動金利が0.65%となる代わりに、融資事務手数料が定額(55,000円~165,000円)となるプランもあります。

また、上記とは別に、

  1. 新規購入の方で
  2. 自己資金10%以上を用意できる方で
  3. 固定金利タイプを選んだ方

については、金利が△0.05%優遇となります。

団信や付帯サービスは、金利上乗せでなく事務手数料方式となっています

 55,000円110,000円
(安心パック)
165,000円(安心パックW)165,000円(安心パックS)
一般団信
(団体信用生命保険)
安心保障付団信
(団体信用介護保障保険)
コントロール返済
(元金据置サービス)
病児保育サービス
家事代行・ハウスクリーニングサービス
自然災害時債務免除特約

2.2%の事務手数料方式の方は、上から3つ(団体信用生命保険、安心保障付団信、コントロール返済)を利用できます。

新生銀行の住宅ローンは「金利+諸費用が魅力の住宅ローン」というアンケートでNo.1となっています

XIII .ARUHI

商品名変動金利10年
固定金利
融資事務
手数料
一部繰上
返済手数料
全額返済
手数料
ARUHI 変動S0.700%1.070%融資金額の2.0%0円50,000円

ARUHIは住宅ローン専門の金融機関です。

以前はグッドローンという会社名でしたね

この記事では、変動金利と10年固定金利を比較しているので、ARUHIはそこまで上位に来ていません。

ARUHIはどちらかといえば、フラット35など超長期固定金利に強みがあるのです。

フラット35では9年連続でシェアNo.1です!

参考までに、数社のフラット35金利を比較しておきます。

 商品名15~20年21~35年融資率
ARUHIスーパーフラット91.23%1.25%90%以内
ARUHIスーパーフラット81.20%1.20%80%以内
ARUHIスーパーフラット71.15%1.15%70%以内
ARUHIスーパーフラット61.10%1.10%60%以内
みずほ銀行フラット351.35%1.42%90%以内
楽天銀行フラット351.23%1.30%90%以内

◆まとめ

という訳で今回は、都市銀行とネット銀行の住宅ローン金利を紹介してきました。

最後に、13社の平均値を出してみます。

 変動金利10年固定金利
13社平均0.480%0.770%

やはり地方銀行と比べると、全体的に金利が低いですね。

関連する記事が3つあります!

地方銀行と第二地銀102行による住宅ローン金利ランキング~エリア別に変動金利・固定金利を比較
住宅ローンを検討するとき、候補として出てくるのは、都市銀行、ネットバンク、そして地方銀行ですよね。 今回は、地方銀行の住宅ローン金利をランキング形式でご紹介していきます。 都市銀行とネットバンクについてはこちら ...
地方銀行64行の実力ランキング【2020年版】預貸金残高・預貸率・経常利益・自己資本比率で比較
地方経済のかなめと言えば、やはり地方銀行ですよね。 地元の就職先として、根強い人気があります 今回は、そんな地方銀行の実力を、2020年の最新データでランキングしていこうと思います。 ◆地方銀行とは? そ...
地方銀行64行の平均年収ランキング【2020年版】年間給与・福利厚生などを比較
一般に、銀行員は年収が高いと言われる職業です。 しかし、銀行と言ってもメガバンクもあれば地方銀行もあり… 多いところもあれば少ないところもありますよね という訳で今回は、地方銀行の年収ランキングをご紹介した...

コメント

タイトルとURLをコピーしました