メガバンク3銀行の住宅ローン金利ランキング【2022年9月】変動も固定も徹底比較!

今回は、メガバンク3銀行の住宅ローン金利ランキング【2022年9月】をお届けします。

メガバンクとは、総資産がおよそ1兆ドル以上の巨大な銀行グループを指す言葉。

日本では、以下の3銀行がメガバンクと呼ばれています。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

それでは、メガバンク3銀行の住宅ローン金利を、ランキング形式で見ていきましょう。

【2022年9月】に新規融資を実行する分で、最優遇の金利を比較しています(^o^)丿

見たい項目をクリックしてください!

① 変動金利ランキング(このページ)
② 固定金利(3年)ランキング
③ 固定金利(10年)ランキング
④ 固定金利(20年)ランキング
⑤ 固定金利(30年)ランキング
⑥ 固定金利(35年)ランキング

スポンサーリンク

①変動金利(全期間)ランキング

最初は、変動金利(全期間)のランキングです。

 銀行名全期間変動金利
1みずほ銀行0.375%
2三菱UFJ銀行0.475%
2三井住友銀行0.475%

変動金利が最も低いのは、みずほ銀行

他の2行が足並みを揃えているのに対し、力が入っている印象です。

しかし、みずほ銀は、3メガバンクで一番住宅ローン残高が少ないんですね。

 ↓ ↓ ↓

メガバンク3銀行による実力ランキング【2022年3月期】規模の三菱UFJ、収益力の三井住友、現場力のみずほ
日本を代表する銀行=メガバンクは、3行あります。 それぞれの銀行の力関係は、どうなっているのでしょうか? 今回は、メガバンク3行を、色んな項目で、ランキングしていきます。 なお、数字は全て、2022年3月期・単体決算の内容です。 ...

これから巻き返そうという意思の表れなのでしょうか?

見たい項目をクリックしてください!

① 変動金利ランキング(このページ)
② 固定金利(3年)ランキング
③ 固定金利(10年)ランキング
④ 固定金利(20年)ランキング
⑤ 固定金利(30年)ランキング
⑥ 固定金利(35年)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました