スポンサーリンク

介護医療院とは~施設基準(人・モノ)や介護報酬(お金)転換にかかる補助金など




お世話になっているA中央病院の院長先生から、

病床を介護医療院へ転換したいから

手伝ってほしい

というご相談をいただきました。

介護医療院については、知識が曖昧だった点もあるので、施設基準介護報酬、転換にかかる補助金などを整理していきます。

スポンサーリンク

◆介護医療院とは

そもそも介護医療院とは何かを、おさらいしてもらえますか?

介護保険法第8条第29項では、介護医療院を以下のように定義しています。

  • 要介護者であって
  • 主として長期にわたり療養が必要である者に対し
  • 施設サービス計画に基づいて
  • 療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことを目的とする施設

「施設サービス計画」とは、要介護者一人一人について、施設が提供するサービスの内容や種類、担当者などを定めたケアプランのことです。

でも何だか分かりづらいですね。

介護医療院とは、

医療が必要な要介護高齢者が、長期間 療養しながら、生活を送るための施設

といえば、分かりやすいでしょうか。

◆介護医療院の「施設基準」

介護医療院を開設するにあたり、必要なものはなんですか?

介護医療院の施設基準は、大きく「設備基準」と「人員基準」に分かれます。

1.設備基準

①設備基準

介護医療院の設備基準には、以下のような項目があります。

療養室定員4名以下
面積8.0㎡/床(老健施設相当)
機能訓練室40㎡以上
食堂入所定員1人当たり1㎡以上

面積については、療養病床からの転換については、6.4㎡(人)でも可とされています(大規模改修まで)。

A中央病院は、10年以上前に介護療養病床へ転換しましたが、その時に入所者一人あたり床面積が8.0㎡を満たしていたので、面積は大丈夫そうですね。

また、介護医療院は「居住施設」でもあるため、プライバシーに配慮した療養環境の整備を求められます。

多床室の場合、家具やパーテーション等で間仕切りを設置しなければいけません。

病室みたいにカーテンの仕切りのみでは、十分なプライバシーの確保はできないと解されています。

ちなみにA中央病院は、高さ1.5mの床頭台で間仕切りすることで、クリアできる見込みです。

②その他の設備基準

ほかに、少しアバウトな基準もあります。

  • 診察室:医師が診察を行うのに適切なもの
  • 談話室:談話を楽しめる広さ
  • 浴室:身体の不自由なものが入浴するのに適したもの
  • レクリエーションルーム:十分な広さ

これらは、適切なものを準備すればよいでしょう。

③医療的な設備

介護医療院は医療行為を行う場所でもあるので、

  • 処置室
  • 臨床検査施設
  • エックス線装置
  • 調剤所

など、医療的な設備を備えなければなりません。

A中央病院のように、医療機関併設型の介護医療院であれば、特別に準備する必要はありません。

④生活設備

最後に、生活を送る場という前提から、

  • 洗面所
  • 便所
  • サービスステーション
  • 調理室
  • 洗濯室または洗濯場
  • 汚物処理室

などの設備も求められています。

病床からの転換であれば、すでにある設備ばかりですね。

⑤サービス提供単位

介護医療院のサービス提供単位は、療養棟単位です。

ただし、規模が小さい場合については、療養室単位でのサービス提供が可能とされています。

2.人員基準

介護医療院は、配置する人員を基準に①Ⅰ型介護医療院(介護療養病床相当)と、②Ⅱ型介護医療院(老人保健施設相当)に分けられます。

①Ⅰ型介護医療院

Ⅰ型介護医療院の想定する利用者は、

  • 重篤(じゅうとく)な身体疾患をもつ人
  • 身体合併症を有する認知症高齢者

などです。

人員基準はこんな感じ。

医師48対1(最低3人以上)
薬剤師150対1
看護職員6対1
介護職員5対1

医療機関併設型の介護医療院の場合、ミニマムで医師3名以上の確保という条項はなく、48対1を満たしていれば問題ありません。

②Ⅱ型介護医療院

Ⅱ型介護医療院が想定する利用者は、容体が比較的安定した人たちです。

人員基準はⅠ型より緩やかですね。

医師100対1(1人以上)
薬剤師300対1
看護職員6対1
介護職員6対1

③共通

以下は、介護医療院のⅠ型とⅡ型に共通する人員基準です。

リハビリ専門職適当数
栄養士定員100人以上で1以上
介護支援専門員100対1(1名以上)
放射線技師適当数
他の従事者適当数

◆介護医療院の「介護報酬」

介護医療院の収入は、どんな感じになりますか?

介護医療院の収入(介護報酬)は、基本報酬と、加算で考えていきます。

①基本報酬

Ⅰ型介護医療院(介護療養病床相当)

介護医療院の基本報酬は、利用者の要介護度と、看護師・介護士の配置によって決定されます。

サービス費(Ⅰ)
療養機能強化型A相当
(看護6:1 介護4:1)
サービス費(Ⅱ)
療養機能強化型B相当
(看護6:1 介護4:1)

サービス費(Ⅲ)
療養機能強化型B相当
(看護6:1 介護5:1)

要介護1803791775
要介護2911898882
要介護31,1441,1271,111
要介護41,2431,2241,208
要介護51,3321,3121,296

ちょっと細かいですが、Ⅰ型介護医療院の算定要件も載せておきますね。

  • 入所者等のうち、重篤な身体疾患を有する者及び身体合併症を有する認知症高齢者の占める割合が50%以上
  • 入所者等のうち、喀痰(かくたん)吸引、経管栄養又はインスリン注射が実施された者の占める割合が50%以上 ※(Ⅱ)(Ⅲ)では30%以上
  • 入所者等のうち、次のいずれにも適合する者の占める割合が10%以上 ※(Ⅱ)(Ⅲ)では5%以上
    1. 医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断した者であること
    2. 入所者等又はその家族等の同意を得て、入所者等のターミナルケアに係る計画が作成されていること
    3. 医師、看護職員、介護職員等が共同して、入所者等の状態又は家族の求め等に応じ随時、本人又はその家族への説明を行い、同意を得てターミナルケアが行われていること
  • 生活機能を維持改善するリハビリテーションを行っていること
  • 地域に貢献する活動を行っていること

Ⅱ型介護医療院(老人保健施設相当)

II型も同様に、要介護度と看護師・介護士の配置により決定されます。

サービス費(Ⅰ)
転換老健相当
(看護6:1 介護4:1)
サービス費(Ⅱ)
転換老健相当
(看護6:1 介護5:1)
サービス費(Ⅲ)
転換老健相当
(看護6:1 介護6:1)
要介護1758742731
要介護2852836825
要介護31,0561,0401,029
要介護41,1431,1271,116
要介護51,2211,2051,194

そして算定要件は、下記のいずれかを満たすこと。

  • 喀痰吸引若しくは経管栄養が実施された者の占める割合が15%以上
  • 著しい精神症状、周辺症状若しくは重篤な身体疾患が見られ専門医療を必要とする認知症高齢者の占める割合が20%以上
  • 著しい精神症状、周辺症状若しくは重篤な身体疾患又は日常生活に支障を来すような症状・行動や意志疎通の困難さが頻繁に見られ専門医療を必要とする認知症高齢者の占める割合が25%以上
  • ターミナルケアを行う体制があること

②主な加算

a.初期加算

初期加算とは、介護施設の利用を開始した人が施設での生活に慣れるため、様々な支援を行う取り組みを評価するものです。

点数は、30単位/日

算定用件は、入所した日から起算して30日以内であることです。

b.栄養マネジメント加算

栄養マネジメント加算とは、管理栄養士による、栄養マネジメントや栄養改善サービスを評価するものです。

点数は、14単位/日

算定用件は、基準に適合する介護医療院の管理栄養士が、継続的に入所者ごとの影響管理をすることです。

c.緊急時施設療養費(緊急時治療管理)

緊急時施設療養費とは、とつぜん体調が悪化した入所者に対して、医療行為や治療管理を入所施設が実施することを評価する項目です。

点数は、511単位/日

算定用件は、入所者の病状が重篤(じゅうとく)となり、緊急的な医療行為や治療管理を行うことです。

d.経口移行加算

経口移行加算とは、現在「管」から食事を摂っている入所者を対象に、再び「口」から食事を摂ってもらえるように、専門職がチームを組んで計画的に対策することを評価するものです。

点数は、28単位/日

算定用件は、医師、歯科医師、管理栄養士等が共同して、入所者ごとに経口移行計画を作成し、計画に従って支援が行われることです。

e.重度認知症疾患療養体制加算(Ⅱ)

重度認知症疾患療養体制加算とは、介護医療院において、認知症の入所者に手厚いケアを提供できる体制を整えていることを評価する項目です。

点数は、100単位/日(要介護5の場合)。

算定用件は、入所者の全てが認知症であり、精神保健福祉士や看護職員が一定数以上配置されていることに加え、精神科病院との連携等の要件を満たすことです。

◆転換にかかる補助金

介護医療院を開設するに当たり、国から補助金はありますか?

ここでは、療養病床から介護医療院へ転換する際の補助金などをご紹介していきます。

①移行定着支援加算

移行定着支援加算は、補助金ではありません。

しかし実態は、介護医療院への転換を促す「補助金的」なものなので、この項目でご紹介します。

1日につき93単位と、とても手厚いですね。

ただし、算定期間は1年間に限定され、算定期限が2021年3月末までとなっているので、検討される方は急いだ方がいいでしょう。

移行定着支援加算の要件は、

  • 医療療養病床、介護療養病床、介護療養型老人保健施設から介護医療院への転換であること
  • 転換前後におけるサービスの変更内容を利用者及びその家族や地域住民等に丁寧に説明すること
  • 入所者及びその家族等と地域住民等との交流が可能となるよう、地域の行事や活動等に積極的に関与していること。

です。

A中央病院の場合は、介護療養病床50床を介護医療院へ移行するので、

93単位×10×50床×365日=1,697万2,500円

最大で1,697万円算定できそうです。

②地域医療介護総合確保基金

地域医療介護総合確保基金は、地域医療・介護の整備に関する事業に交付されます。

このうち、介護医療院の開設・移行に関する事業は次の5項目です。

a.地域密着型サービス等整備助成事業

介護医療院の整備に必要な工事費等が対象となります

b.介護施設等の施設開設準備経費等支援事業

介護医療院等の円滑な開所や既存施設の増床に必要な需用費、使用料及び賃借料、備品購入費が対象となります

c.定期借地権設定のため一時金の支援事業

定期借地権設定に際して授受される一時金であって、借地代の前払いの性格を有するものを対象とします

d.既存の特別養護老人ホーム等のユニット化改修等支援事業

介護医療院等のユニット化等の改修に必要な工事費等を対象とします

e.介護療養型医療施設等転換整備支援事業

d.に同じ

③病床転換助成事業

医療療養病床から介護保険施設等へ転換する場合に、その整備費用が都道府県から助成されます。

助成事業の期限は、2023年度末となっています。

補助金の単価は、

  • 改修:50万円
  • 創設:100万円
  • 改築:120万円

となっています。

◆まとめ

という訳で今回は、介護医療院に関する施設基準介護報酬、転換にかかる補助金などをおさらいしてきました。

A中央病院のように介護医療病床を持っていると、どのみち病床転換しなければなりません。

介護療養病床の設置期限は、2024年3月末ですからね。

そうであれば、移行定着支援加算が使えるうちに、介護医療院への転換を検討した方がよいでしょう。

加算を1年間フルに受けることを考えたら、転換の期限は2020年3月ともいえます。

準備に時間が掛かるので、早期に検討を開始した方が良さそうです。

◇編集後記

看護師さん、もう少し自分に合った病院が、より適正な待遇であるんじゃないかと思っていませんか?

事務長さん病床区分や稼働率を上げるため、看護師さんの確保に奔走されていると思います。

私がそんな方々にお話しする、ソリューションの一つがこのサイトです。

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

すべての都道府県で各1000件以上の求人数があり、地方部にも強い求人媒体です。

お祝い金の高さに賛否もありますが、それだけ紹介率も高く、結果を求める病院さんには概ね高評価のようですね。

登録は無料なので、まずは無料部分で試されてみてください。

こちらの記事も読まれています
診療報酬改定【2020年度】で予想される改定ポイント10項目まとめ~入院・リハビリ・在宅・外来はこう変わる
2020年4月に行われる診療報酬改定。 今回は、改定で予想されているポイントを10項目にまとめてご紹介していきます。 予想1【入院】「7対1」は真の急性期に絞り込み 2020年度改定で注目されるのが、「7対1」の取り扱い。 ...
厚生労働省・病院再編統合リストの424病院をエクセルデータで公開
2019年9月26日、厚生労働省は、再編統合について特に議論が必要とされる病院名を公表しました。 病床数の削減を促すことを狙ったものですが、具体的な病院名の公表は極めて異例なものです。 ◆厚生労働省・病院再編統合リスト 今回、議論...
介護医療院~全国の施設一覧表や東京・大阪など都道府県別の最新データをエクセルで公開
医療と介護が必要な、高齢者の生活の場として創設された、介護医療院。 少しずつ施設が増え、全国で223施設(2019年6月30日現在)まで増加しています。 では、何処にどのような施設があるのか? 全国の介護医療院の一覧表を探...
療養病棟入院基本料・経過措置2(30対1)を届け出ている4病院(157床)について
2019年11月22日の中医協にて、療養病棟入院料の経過措置の一部を終了させる方向性が示されました。 ◆終了するのは療養病棟入院基本料の経過措置2 2020年4月の診療報酬改定で、終了が見込まれる経過措置とは「療養病棟入院基本料の経過措...

コメント

タイトルとURLをコピーしました