千葉・一家4人殺傷事件の『家族』~6歳女児死亡、犯人は母親の兄

2018年5月13日、千葉市の飲食店で一家4人が包丁で切られる事件が発生しました。

この家族に、一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク




◆千葉・一家4人殺傷事件

事件は、千葉市稲毛区小仲台2丁目の居酒屋「三代目浜包丁稲毛店」で発生。

5月13日午後午後6時40分ごろ、店を予約していた大人3人子供2人の計5人が来店し、個室に入りました。

それから約10分後、男1人が突然、所持していた包丁を振り回し始めます。

悲鳴に気づいた店長と他の客らが協力して男を取り押さえ、殺人未遂容疑の現行犯で常人逮捕(じょうじんたいほ)しました。

「常人逮捕」とは、明らかに犯罪を犯した犯人を、一般人が逮捕できるという仕組みです。

警察官が駆け付けるまでは、犯人を捕まえておく必要がありますからね。

店の刃物が奪われたことは確認されておらず、包丁は男が持参したと見られています。

◆6歳女児は死亡

この事件で、個室にいた6歳の女児が背中を刺され、意識不明の重体になっていましたが、死亡しました。

死因は出血性ショックでした。

頭部を負傷していたという情報もあるため、複数個所切られたのかもしれません。

◆1歳女児は容体不明

凶器は、その場にいた1歳の妹にまでも向けられています。

1歳の女児の容体は分かっていませんが、命に別状はないようです。

◆40代の父親

犯人は、最初に女児たちの父親の太ももを切りつけ、次に6歳女児、続いて母親の上半身を切りつけています。

40代である父親は、

“妻の兄が沖縄から出てきたので、一緒に食事をしていたら、突然、大声を出して切りつけてきた”

と話しています。

なんと、犯人は親類だったのですね。

父親のけがの程度は重いということです。

◆40代の母親

今回の事件で、40代の母親も上半身を切り付けられ、重傷を負っています。

犯人は、自分の妹である母親にまで手をかけたということになります。

◆犯人は母親の兄で元市議?

犯人の男は警察が駆け付けた時、

“あー。おー”

と叫び、連行されるときは上半身が裸だったということです。

警察の調べに対し、男は意味の分からない話をしているそうです。

犯人は「30代から40代くらい」と報道されていますが、母親の兄ならば40代ということになりますね。

また犯人の男は、46歳の元千葉市議会議員という情報もあります。

◆まとめ

現場は、JR総武線稲毛駅東口から東に約150メートルにあるビルの2階で、周辺は飲食店や商店が並んでいます。

駅周辺を行き来する人が多い中、複数の救急車やパトカーが出動したため、辺りは一時騒然となりました。

千葉市議という立派な職務をこなし、沖縄へ渡っていた犯人の男が、ふたたび千葉で起こした凶悪事件。

原因は家族の揉め事なのか分かりませんが、少なくとも、6歳と1歳の幼子にまで手をかける必要はなかったはずです。

犠牲となった女の子のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO