山口県阿武町『4630万円誤振込事件』24歳男性の実名と説明文書が掲載されたホームページ

2022年4月、山口県阿武町で、公金4630万円が誤って1人の町民に振り込まれるという事件が発生しました。

今回は、説明文書が掲載されたホームページと振り込まれた男性の実名をご紹介します。

スポンサーリンク

◆4630万円誤振込事件

誤振込事件は、2022年4月8日に発生しました。

阿武町は、483世帯に公金を10万円ずつ振り込むつもりが、誤って1人の住民に、4830万円振り込んでしまったのです。

ミスに気付いた阿武町の担当者は、直ちに本人に連絡し、自宅を訪問。

ミスをお詫びしたうえで、お金を戻す「組み戻し手続き」を男性に依頼しました。

最初はお金を戻す姿勢を示していた男性ですが、態度を一変。

忽然と姿を消し、お金は引き出されてしまいました。

◆説明文書が掲載されたホームページ

阿武町はやむを得ず、不当利得返還請求を山口地方裁判所萩支部へ提訴します。

町民に対する説明文書に男性の氏名と住所を掲載し、ホームページにもアップしました。

《阿武町ホームページ》
選ばれる町をつくる|山口県阿武町役場

しかし、町のホームページにはアクセスが殺到して、サーバーがダウン。

内容が見れない状態となっています。

◆24歳男性の実名

そこで、説明文書の中で24歳男性の実名が含まれる「訴状」の部分を引用してご紹介します。

訴状(概要)
提出先:山口地方裁判所萩支部
原告:阿武町
被告:阿武町大字〇〇〇△△△△番地 田口 翔(たぐち しょう)
訴訟事件:不当利得返還等請求事件
請求の趣旨:
1.被告は、原告に対し、金5115万9939円及びこれに対する令和4年4月8日から支払済まで年3分の割の金員を支払え。
2.訴訟費用は被告の負担とする。
との判決並びに1項につき仮執行の宣言を求める。
※1項の金額には、4630万円に加え、弁護士費用および交通費等の諸費用を含む。

◆まとめ

という訳で今回は、説明文書が掲載されたホームページと振り込まれた男性の実名をご紹介してきました。

事件の早期解決を願っています。

こちらの記事も読まれてます!

山口県阿武町『給付金4630万円誤振込』の罪と罰~詐欺か窃盗か不当利得返還請求か?
2022年4月8日、山口県阿武(あぶ)町で、給付金4630万円を誤入金する事態が発生しました。 今回は、この誤入金の事案に関する罪と罰を考えていきます。 ◆給付金4630万円の誤振込 まず今回の給付金とは、新型コロナウイルス対策の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました