石井竜也の『家族』~娘が杖を?嫁の画像!実家・父親の職業は?

米米CLUBはデビュー30周年を超え、ボーカル・石井竜也さんの活躍が続いています。

今回は、そんな石井さんを育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家・父親の職業は?

石井竜也さんのお父さんの名前は、石井昭雄さん。

竜也さんの茨城の実家は、「石井屋」という100年以上続く老舗の和菓子屋で、父・昭雄さんも店を継いでいました。

昭雄さんが店を閉めた後は、「アートサロンギャラリー石井屋」として営業しましたが、東日本大震災の地震と津波によって、実家は全壊しています。

父・昭雄さんは絵画が趣味で、竜也さんも3歳の時から、油絵の先生による手解きを受けました。

竜也さんはそのままの流れで、文化学院美術科(油絵専攻)に進み、学生時代の仲間を中心に「米米CLUB」を結成しています。

現在でも絵画の作品展を開き、オブジェを制作するなど、音楽だけに留まらないマルチな才能は、父親譲りなのかもしれません。

石井竜也さんは90年代後半、映画「河童」「ACRI」の監督など、幅広い分野の活動にチャレンジしました。

しかし、これらの活動は上手くいかず、10億円にもなる借金を背負ってしいます。

人間不信に陥り、仕事に向かおうとしても過呼吸で出られず、家では窓を閉め切り、おかしくなる寸前でした。

自殺未遂を2回ぐらいやっていますね
刃物見るとやばいんですよ、死ぬこと考えるんですよ…

そんな竜也さんを救ったのは、父・昭雄さんでした。

元々あまり喋るタイプではない昭雄さんが、ある日突然電話をしてきて、こう話します。

お前はたぶん今人を恨んでるだろう。お前は今夢を売って、夢を作ってきたんじゃないか。人を恨んだり憎んだりして良い作品ができるか?

金なんてものは結局心がないものだろ?そんな心のないものにお前は命を預けちゃうのか。こんなくだらないものに命を預けるなんて、お前はそこまで馬鹿じゃないよな?

この言葉で「死ねない」と悟った竜也さんは、それからは必死の思いでコンサートを重ね、復活の糸口をつかみました。

2009年4月、父・昭雄さんは78歳でこの世を去ります。

父の死から2か月後のツアー最終日、竜也さんは亡き父に捧げる歌「MY FATHER」を披露しました。

その歌詞には、昭雄さんへの感謝の思いと、父子の絆が綴られています。

◆母親の現在は?

石井竜也さんのお母さんは、現在も健在です。

しかし、東日本大震災の時は、車で移動中に地震に遭い、すぐ背後を走る車には電柱が倒れるという、間一髪の状態でした。

竜也さんは、3日間、お母さんの安否が確認できず、「父が他界したばかりで母までもか…」と、絶望していたということです。

幸いにも無事だったお母さんは今、都内の妹宅に身を寄せています。

2005年2月、石井竜也さんは、お母さんへ捧げた歌「アナタノソラ」を発表しました。

いまアナタは年老いて 細い手を伸ばした
愛のまなざしをくれる その瞳の中に アナタノソラ♫

◆妹も米米CLUB

石井竜也さんには妹がいて、名前は美奈子さん。

1962年12月18日生まれで、現在53歳なので、竜也さんより3歳年下になります。

米米CLUBにはMINAKOの名前で参加しており、ダンサーやヴォーカリストを務めてきました。

ソロアーティストとして単独ライブを行うほか、自らファッションブランドを立ち上げ、プロデューサー兼デザイナーとしても活躍しています。

ちなみに妹・美奈子さんの夫は、米米CLUBメンバーの金子隆博さんです。

◆嫁の画像!

石井竜也さんは、1996年9月に一般女性と結婚しましたが、2002年12月に離婚しています。

その後2004年、自身のステージのダンサーだったカナダ人のマリーザさんと再婚しました。

マリーザさんは、カナダ東部ハリファックス市出身のカナダ人で、ダンサーや女優として活動する女性です。

2016年3月、石井竜也さんは、30歳年下女性との不倫交際を報じられてしまいました。

竜也さんは、すぐさま自分の非を認め、謝罪文をHPに掲載しました。

愛する妻・マリーザに対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です…

翌日には、マリーザさんと手を繋いで報道陣の前に現れ、妻への思いと夫婦円満をアピールしています。

それではここで、嫁・マリーザさんと娘の3ショット画像をご紹介します。

160319_石井竜也の家族

娘については、後ほど…

◆娘が杖を…?

石井竜也さんには娘が一人いて、名前はサリーナさん。

サリーナさんは2002年生まれなので、今年14歳になります。

ちなみに、竜也さんは前夫人と2002年に離婚しているので、少し計算が合わないですね(゚д゚)!

さて、先ほどの画像ですが、サリーナさんが杖をついているため、「障害があるのではないか?」と噂になりました。

しかし、この画像は、「シルク・ド・ソレイユ」のオープニングイベントに登場した時のもので、衣装もイベントに合わせたもの。

脚が悪い訳ではないので、ご安心を(^O^)/

◆まとめ

石井竜也さんの名前は、ことわざ「石に立つ矢」を元に、祖父から命名されたものです。

2015年、自身の活動30周年ツアーに冠した名前は「ARROWS HEAD」

鋼鉄の矢を武器に、竜也さんの活躍は、これからも続いて行きます!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です