忽那汐里の『家族』~結婚・出産の噂の真相、父親の職業や弟との仲

日本では、3年B組金八先生や家政婦のミタなど、有名なドラマに出演しており、ハリウッドでも活躍している忽那汐里さん。

今回は、そんな忽那汐里さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:忽那 汐里(くつな・しおり)
生年月日:1992年12月22日(25歳)※2018年8月現在
身長:160cm
血液型:A型

スポンサーリンク




◆結婚や出産の噂は本当?子供がいる?

日本のドラマや、海外のハリウッドで大活躍中の忽那汐里さんですが、結婚をしているという噂や、出産をしたという噂まであります。

真相を確かめてみると、噂の出所は、2014年某芸能雑誌で報じられた内容が原因でした。

その記事には、

“大ヒットドラマにも出演している22歳人気女優が、交際男性と極秘出産をし、大学を中退して未婚の母になった”

という内容が書かれていました。

この人気女優が汐里さんなのではと言われていたのですが、噂の出所は酔った男性からだとのことで、あまり信憑性は無かったそうです。

汐里さん自身も、

“私の名前を検索すると、必ず「子供」とでてくるけど、私、出産してないわ!”

と出産を明確に否定しています。

噂はデマ、もしくは汐里さんではなかったようで、汐里さんは現在結婚の事実もありませんでした!

◆生まれも育ちもオーストラリアの帰国子女

忽那汐里さんといえば、外国人俳優とも流暢な英語で会話をしており、かなり英語がペラペラな女優さんです。

それもそのはず、汐里さんは生まれてから14年間ずっとオーストラリアで生活しており、英語も日本語も喋れるバイリンガル!

2006年に日本で女優を目指す為に、学校の冬休みを利用してオスカープロモーション主催、第11回全日本国民的美少女コンテストに参加、審査員特別賞を受賞しています。

その翌年の2007年には、3年B組金八先生の帰国子女役で、見事に女優デビューを果たしました。

◆父親の職業は旅行関係のお仕事!

忽那汐里さんはオーストラリアでの生活が長いですが、父親と母親共に日本人の方です。

汐里さんの父親の職業は旅行関係のお仕事だそうで、仕事の為、1987年からオーストラリアで生活していました。

汐里さんはオーストラリア生活をしている時に生まれたので、オーストラリア国籍と日本国籍両方を持っていたそうですが、現在は日本国籍を選択しています。

また、父親はボランティアで水泳のコーチもしていますが、元々汐里さんの母親が最初にコーチをしていたそうです。

汐里さんが帰国してからは父親がコーチをしているそうで、水泳も好きなのだとか!

◆美人の母親

忽那汐里さんの母親の写真は、一度テレビで公開されています。

3歳の汐里さんを抱っこして、満面の笑みを浮かべている母親ですが、とっても美人さんなんです!

あんなに美人な汐里さんが生まれてきたのも納得しちゃいます。

汐里さん本人談によると、とっても厳しい母親で、自分の真面目な性格の形成にも関係しているのだとか。

◆弟とは仲良し

また、忽那汐里さんには弟が一人いて、すごく仲良しなんだそうです。

仲良しの秘訣を聞かれると、汐里さんは日本での女優活動中、弟さんと離れて暮らしていた時期が長かったので、その期間にお互いの大切さが分かったのだと話していました。

離れていても家族であり、大切な姉弟であることに変わりはありませんよね。

素敵な家族のエピソードです。

◆まとめ

忽那汐里さんは、3年B組金八先生に出演していた時期、母親と弟さんも日本に来ており、3人で生活していたそうです。

しかし、その後母親と弟さんはオーストラリアに帰ってしまったそうなので、一人、日本で学業と女優業をこなすこととなりました。

まだ10代の時期の事ですし、とても心細かったと思いますが、弟さんとのエピソードでもわかる通り、家族に支えられることも多々あったかと思います。

そんな辛い時期を乗り越えて、今はハリウッドで注目されている女優であり、2018年では日本でも大人気映画の「デッドプール2」にも出演しております。

これからも国内外問わず、汐里さんの活躍から目が離せませんね!

◇編集後記

忽那汐里さんのファースト写真集を見つけました。

【送料無料】 seven sips of water. 忽那汐里写真集 / 忽那汐里 【本】

“14歳までオーストラリアで育った彼女が、日本で初めての一人旅に出かけたら…”

というテーマで撮り下ろした、プライベート感が感じられる一冊。

当時、17歳くらいでしょうか?

当たり前だけど、初々しいですね(^_-)

《オスカー3人娘》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO