大本萌景さんの『家族』~母親と姉…実父とは離婚し、義父と弟がいる

2018年3月に亡くなった元アイドル、大本萌景さん。

今回は、萌景さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:大本萌景(おおもと・ほのか)
生年月日:2001年10月23日
没年月日:2018年3月21日(享年16歳)

スポンサーリンク




◆実家は愛媛県松山市

大本萌景さんは愛媛県松山市の出身。

中学校1年の頃、萌景さんがクラスメートと些細なことで揉めて、担任の先生が

“大本の嫌いなところをみんなで本人に言おう”

と提案したことがありました。

それをきっかけに学校でいじめを受け、不登校の時期があったと言います。

いじめに悩んでいた時期に、たまたまゲームセンターのSEGAで目にしたのが「愛の葉Girls」のライブでした。

“いじめられていた自分自身や周りの人を見返したい、みんなと打ち解けたい”

そう感じた萌景さんは、自分でオーディションに申し込んで書類審査に合格。

中学校2年の7月、晴れて「愛の葉Girls」のメンバーになったのでした。

◆母親に漏らした言葉

大本萌景さんの母親は、大本幸栄さん。

年齢は今年(2018年)で42歳になります。

中学卒業後、通信制高校に進学した萌景さん。

事務所との契約に際しては、「愛の葉Girls」の仕事が学業に支障をきたさないことを前提としていました。

しかし、実際には「愛の葉Girls」のイベント優先で、学校へ行くための許可をもらえなかったことが何度もありました。

母親からマネージャーにLINEで連絡をしても、本人以外では取り合ってもらえない状況だったと言います。

2018年1月からはグループのリーダーとなり、さらに萌景さんの負担が増すことに。

イベント終わりの終礼では、所属事務所の社長から4時間に渡ってやり直しをさせられ、

“もうつらい。やめたい。つらいんよ”

と、母親に漏らしていました。

そして母・幸栄さんは自宅で、変わり果てた娘の姿を見つけることになります。

◆社会人の姉

大本萌景さんには姉がいて、名前は大本可穂さん。

年齢は、今年(2018年)で19歳になります。

現在、姉の可穂さんは社会人で、ウェディング関係の仕事をされているようです。

◆父親とは離婚

大本萌景さんの母親は、実父と離婚しています。

萌景さんを実の父親に会いに行かせるため、母親から元旦のお休みを事務所へ申し出たところ

“事情は理解できます。ただ、全国区のタレントを目指していく上で元旦のように世間的に特別な日こそ、活動すべきではないかと思います”

という回答が返ってきたそうです。

◆弟もいる

大本萌景さんの母親は、再婚されているようですね。

小学生の息子さん(=弟)がいますが、萌景さんと年齢が離れているので、再婚した父親との子供かもしれません。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、大本萌景さんの活動の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからは空の上から、家族のことを見守り続けてくれることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

大本萌景さんにとって、遺作となってしまったシングル曲はこちら。

ベリーベリー [限定盤][CD] / 愛の葉Girls

亡くなる1年前の萌景さんは、胸いっぱいの夢を、歌と踊りに代えようとしていたのでした。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

コメント

  1. […] 大本萌景さんの『家族』~母親と姉…実父とは離婚し、義父と弟がいる […]