神田うのの『家族』①~父の職業?母はフィリピン人?弟の学歴は?

モデルでタレントの神田うのさんは、ママタレントの代表格として活躍するほか、デザイナーや実業家としても成功しています。

今回は、そんな神田うのさんを育んだ家族にスポットを当ててご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父の職業は?

神田うのさんの父・淳(すなお)さんは、大分県出身で、大分県立佐伯鶴城高校、東京大学工学部、東大大学院へと進み、旧通産省に入省しました。

海外転勤も多く、うのさんが1歳の時にはインドネシアのジャカルタに赴任し、うのさんも3年間はジャカルタで過ごしています。

資源エネルギー庁にも在籍し、1979年の米スリーマイル島原発事故や、1986年のチェルノブイリ原発事故の際は、原発安全技術の中心人物として、安全政策をまとめ上げることに尽力されたそうです。

退官後は京葉ガスで常務取締役を勤め、現在は高知工科大学の客員教授を務めるほか、東海大学大学院、前橋工科大学などでもエネルギー論の講義を行っています。

ちなみに歴史好きでもあり、本名である「うの」さんの名前は、持統天皇の幼名

「鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)」

から、お父さんが名づけました。

◆母はフィリピン人?

神田うのさんのお母さんは、お父さんと同じ大分県立佐伯鶴城高校を卒業しており、高校時代にお父さんと出会ったのだと思われます。

うのさんと仲が良く、一緒に買い物に行く様子などがブログに紹介されていますが、2015年にうのさんが盗難被害にあった時は、お母さんもショックで突発性難聴になってしまいました。

ネット上では

お母さんがフィリピン人ではないか?

という噂があり、うのさんの日本人離れした容姿などから出たのでしょうが、上記の経歴からあり得ないと思います。

◆弟・伸一郎さんの学歴は?

神田うのさんの上の弟・伸一郎さんは、1977年3月12日生まれで現在38歳。

学歴は東京農工大の農学部応用生物化学科を卒業。

同大大学院に進み生物制御化学を研究しますが、ハマカーン結成に伴い中退しています。

「爆笑オンエアバトル」を見てお笑いに目覚め、2000年1月、大学の柔道部の後輩であった浜谷健司さんを誘い、漫才コンビ「ハマカーン」を結成しました。

151024_神田うのの家族①
《引用元:神田うのオフィシャルブログ

しばらくは売れない日々が続きましたが、うのさんからライブの度に10万円の小遣いをもらっていました。

高所得者専用のプラチナカードも渡されるなど、若手芸人らしからぬ下積み時代を送っています。

徐々に実力をつけ、2012年のTHE MANZAIで優勝し、現在では第1線のお笑いコンビとして活躍しています。

《実力派お笑いコンビ、ハマカーン初のオリジナル映像作品。謎のタイトルの意味は…?》
ハマカーンネタベスト カードボード、ウォレット&スリー・ボクサーパンツ [ ハマカーン ]

◆弟・昇二郎さんの学歴は?

神田うのさんの下の弟・昇二郎さんは、1980年2月7日生まれで現在35歳。

学歴は上智大学卒で哲学を専攻しており、在学中に短期間、芸能活動をしていた時期もありました。

現在は、福岡の親族の会社で仕事をしているそうです。

(続きはこちら)
神田うのの『家族』②~旦那は韓国で手術?娘の顔や名前は非公開?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です