鬼束ちひろの『家族』~2015年に結婚…一般人夫との間に子供はいるのか?

シンガーソングライターとして活動する、鬼束ちひろさん。

前世はギリシャの踊り子です!

今回は、そんな鬼束さんを取り巻く『家族』の物語です。

名前:鬼束ちひろ(おにつか・ちひろ)
生年月日:1980年〈昭和55年〉10月30日
身長:153cm
血液型:O型
出身地:宮崎県日南市
スポンサーリンク

◆生い立ち

鬼束ちひろさんは、宮崎県南那珂(みなみなか)郡南郷(なんごう)町の出身。

小学校は地元の、南郷町立南郷小学校に通いました。

小学2年生から友達に誘われてエレクトーンを習い始め、小学4年生からは詩を書き始めています。

中学校は地元の、南郷町立南郷中学校へ進学。

中学時代に聴いたカーペンターズから洋楽に興味を持ち、外国人女性シンガーソングライターに傾倒していきました。

現在の作詞スタイルを確立させたのは、中学2年生の時。

アラニス・モリセットの世界観に影響され、銀色夏生(ぎんいろ・なつを)さんの影響も受けたといいます。

高校は地元の、宮崎県立日南(にちなん)高等学校へ進学。

高校2年生の時にジュエルのアルバム『心のかけら』によってその音楽と存在に衝撃を受け、その瞬間からシンガーソングライターを志しました。

文化祭でエイズに関する劇の主役をやった事に感化され、初めての楽曲「call」を作成。

高校3年生の春、Virgin TOKYO主催の「Virgin ARTIST AUDITION」に応募しました。

審査では一人一曲を歌うことになっていましたが、鬼束さんは事前に交渉して、

  • ジュエル『Who Will Save Your Soul』
  • 自作曲『call』(当時は全英語詞)

の2曲を歌い、グランプリを獲得🏆

1999年3月、高校卒業と同時に上京し、本格的に音楽活動を始めました。

◆家族構成

鬼束ちひろさんの実家の家族構成は、父親、母親、鬼束さん、弟、妹の5人家族です。

自身は2015年頃、一般人の夫と結婚しています。

◆父親の職業は?

鬼束ちひろさんの父親は、船乗りをしていました。

洋楽が好きだったとの事なので、鬼束さんのルーツは父親にあると言えます。

父親は、鬼束さんが幼い頃、母親と離婚しているそうです。

◆母親

鬼束ちひろさんの母親は、邦楽好きで、民謡の師範代でした。

鬼束さんの歌唱力は、母親譲りだったのですね。

鬼束さんの中学時代、カーペンターズを勧めたのは母親だったので、洋楽にも造詣があったのでしょう。

◆兄弟

鬼束ちひろさんには、弟と妹がいます。

妹の名前は、鬼束桃子(おにつか・ももこ)さん。[1]

1990年3月2日生まれなので、鬼束さんより10歳(9学年)年下になります。

妹さんは幼少の頃より日本舞踊をたしなみ、東京藝術大学音楽学部邦楽科(日本舞踊専攻)を卒業しました。

現在は、藤間流勘右衛門派 師範として舞踊教室を開業し、日本舞踊家兼女優として活動しています。

◆2015年に一般人夫と結婚

2018年7月、鬼束ちひろさんは自身のインスタグラムに、

けっこんして3年くらいです まんねり上等

と書き込み、2015年に結婚していた事を明かしました。[2]

夫との馴れ初めは、

嘘に聞こえてもいいです。たまたま出会ってたまたま結婚した

と話しており、行きずりの恋のように聞こえますね😓

実際のところ夫は、所属事務所のスタッフだと言われています。

南国宮崎県出身の鬼束さんに対し、夫は北海道の出身。

出身地は対極の2人ですが、

夫はすごくいいいみでふつうなんです。過剰すぎるあたしのブレーキをかけます

ということで、相性は良いみたいですね💛

ちなみに鬼束さんは、歴代恋人たちそれぞれに曲があるそうで、夫を思って書いた曲は、

  • 火の鳥
  • トワイライト

の2曲です。

稀代のシンガーソングライターに曲を作ってもらうなんて、素敵ですよね。

しかし夫の反応は、

『あっそう』でおわる感じ

と、そっけなかったようです😓

なお、結婚後も鬼束さんの姓は変わらず、

鬼束だよ。旦那が鬼束に嫁いだ的な

と明かしています。

◆子供はいるのか?

鬼束ちひろさんに子供が生まれたという情報はありません。

◆まとめ

これまで見てきた通り、鬼束ちひろさんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、鬼束さんの挑戦は続いていきます😉

◇脚注

  1. アークシップHP 2021年11月29日確認 鬼束桃子
  2. eltha 2018年7月28日 鬼束ちひろ、結婚していた インスタグラムで明かす

コメント

タイトルとURLをコピーしました