柳田悠岐の『家族』~元看護士妻との間に子供が2人…実家の両親と兄弟について

「ギータ」の愛称でファンに親しまれる、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。

モノノフで有安杏果推しです!

今回は、そんな柳田選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:柳田悠岐(やなぎた・ゆうき)
生年月日:1988年〈昭和63年〉10月9日
身長体重:188cm/92kg
血液型 :AB型
出身地 :広島県広島市
スポンサーリンク

◆実家は広島市安佐南区

柳田悠岐選手は、広島市安佐南区の生まれ。

広島市立大塚小学校3年生の時に、「西風五月が丘少年野球クラブ」に入団し野球を始めました。

広島市立伴中学校の時は、軟式の「八幡少年野球クラブシニア」でプレー。

広島商業高等学校時代は2年時の秋に中国大会出場、3年時の夏は県大会ベスト4で敗退しており、甲子園出場はありません。

大学は広島経済大学に進学。

1年時の秋からレギュラーとなり、広島六大学野球リーグで最優秀選手、首位打者、ベストナインを獲得。

大学通算82試合で打率.428、8本塁打、60打点の成績を残し、ソフトバンクに2位指名されました。

◆父親のいとこはプロ野球選手

柳田悠岐選手の父親の名前は、柳田修宏さん。[1]

父・修宏さんは柔道などで体を鍛えたスポーツマンであり、柳田選手もその血を受け継いでいます。

さらに、修宏さんのいとこは、元西鉄ライオンズや近鉄バファローズの投手だった柳田豊さん。[1]

柳田選手は、豊さんについて

小さいころに1、2回キャッチボールをしてもらった程度

と言いますが、5度の2桁勝利を誇った元プロ投手のDNAも刻み込まれているのです。

◆母親の名前は?

柳田悠岐選手の母親の名前は、柳田由美子さん。[2]

母・由美子さんは元ハンドボールの選手で、大学までハンドボール一筋。

柳田少年は、実業団からも誘いが来ていたという母とのキャッチボールで、肩を鍛えていました。

プロ野球選手になれて良かった。たぶん母親の血ですね。親に感謝ッス

こう感謝する柳田選手。

遠投125mを誇る肩の強さは、間違いなくお母さんのおかげですね。

◆妹の職業は?

柳田悠岐選手には、妹が2人います。

上の妹さんは2歳年下で、名前は彩里さん。

下の妹さんは4歳年下で、名前は萌李(めみり)さんです。[3]

妹は2人とも、地元広島で公務員をしているそうです。

ちなみに、いとこは裁判官だそうで、割とカタイ家系なのかもしれません。

NEXT 妻と2人の子供について

コメント

タイトルとURLをコピーしました