松山英樹の『家族』~実家・父親の職業はパチンコ業?姉の画像!

米国参戦3年目を迎えた、プロゴルファーの松山英樹選手が注目を集めています。

今回は、そんな松山選手を育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家・父親の職業はパチンコ業?

松山英樹選手、実家のお父さんの名前は、松山幹男さん。

1954年4月20日生まれなので、今年で62歳になります。

父・幹男さんの職業は、地元のパチンコチェーンの店長さん。

幹男さんは、たまに仲間内のコンペに誘われると、付け焼刃のように練習場へ球を打ちに行く程度のゴルファーでした。

そして、父・幹男さんの練習に付いて行った4歳の英樹さんは、運命の言葉を放ちます。

「僕もボールが打ちたい!」

幹男さんは、中古の9番アイアンを短く切って、英樹さんに与えました。

しかし、いくらシャフトを短くしても、4歳の子では振ればふらつき、姿勢が悪くなります。

それを矯正して、背筋が真っ直ぐになるように注意するのが、父・幹男さんによるレッスンの基本でした。

おもちゃを与えても、すぐに友達にあげてしまうほど、英樹さんは執着心のない子供でした。

しかし、なぜかゴルフだけはまったく飽きず、原っぱで黙々とボールを打って遊んでいたといいます。

松山選手の家庭はそれほど裕福ではなく、練習場へも滅多に連れて行くことはありませんでした。

しかし、ゴルフに夢中になっている息子のために、幹男さんは一大決心をします。

「自分もゴルフがもっとうまくなって、この子に上の世界を見せてあげよう」

ゴルフ場の会員になり、月例や研修会に出るようになった父・幹男さんは、必ず息子を連れて行きました。

やがて幹男さんの腕前は、クラブレベルから四国レベルへ上がり、ついには52歳にして、『日本アマチュア選手』に初出場するまでに。

松山選手が小学4年のとき、幹男さんは『中四国オープン』に出場し、息子をキャディとして帯同します。

『日本アマチュア選手権』のときも、キャディは中学3年の松山選手でした。

息子を帯同キャディにした理由を、幹男さんはこう語ります。

「強い選手がどんなプレーをするのかを息子に、間近で見せたかった。どんなタイミングでアドレスに入るのか。それが乱れるのはどんなときなのか。私が英樹に一番見せたかったのは、技術よりメンタルです。それが試合の中でどう変わるかとか。呼吸がどう変わるかとかルーティーンの変化です」

物怖じしないゲーム運びで、ギャラリーを魅了する日本の若き新星は、こうして育てられたのでした。

◆母親

松山英樹選手のお母さんの情報はほとんどありませんが、ご健在で、全米ツアーの応援などには、家族と出掛けているそうです。

◆姉の画像!

松山英樹選手にはお姉さんがいて、名前は松山美瑚(まつやま みこ)さん。

年齢は、英樹さんより1歳年上なので、今年で25歳になります。

お姉さんもゴルファーで、現在は「愛媛県エリエールゴルフクラブ松山」にハウスキャディーとして所属。

160411_松山英樹の家族

画像、右側がお姉さんですが、色白で美人タイプですね(#^^#)

◆妹

松山英樹選手には妹もいますが、妹の情報も公開されていません。

◆まとめ

2014年11月24日、愛媛県松山市に、ゴルフ練習場「HIDEKI  GOLF  GARDEN」がオープンします。

この練習場、元は、松山英樹選手が幼少時に、足しげく通った練習場「オーシャンゴルフ」でした。

幼少期の英樹さんを育てた練習場から、第2第3の「松山英樹」が誕生する日が来るかもしれません!

《関連記事》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です