前原誠司の『家族』~お嫁さんと子供は?天国の父親と鉄道旅行

「永田町の郷ひろみ」こと、民進党代表の前原政治(まえはら・せいじ)衆議院議員。

今回は、そんな前原代表を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆お嫁さんは元パソナ社員

前原誠司代表のお嫁さんの名前は、愛里さん。

年齢は、前原代表より6歳年下なので、今年(2017年)で49歳になります。

妻・愛里さんは、幼少期に香港に滞在した経験があるため、広東語を話すことができるのだとか。

愛里さんは創価女子短期大学卒業後に、株式会社パソナグループへ入社しました。

前原代表との出会いは、お嫁さんがパソナグループの人材派遣会社に勤めていた19­94年のこと。

知人に紹介されて数回のデートの末、わずか2カ月でスピード婚しています。

ところで、前原代表といえば政界を代表する鉄道ファン。

新婚旅行先は、

現役のSLが走っている

という理由で、北海道にされてしまったそうです(^_^;)

一緒に鉄道を見ていると、前原代表にカメラを渡されて

何しろ(SLが)見えてきたら(シャッターを)押し続けろ

と言われたり、高価な機関車のプレートを我慢できずに買ってしまい、お嫁さんを嘆かせたり…

そんなこともありますが、前原代表は経歴書の趣味欄に

「妻との食事」

と書くほど、今でも夫­婦は仲むつまじいそうです(*^_^*)

◆子供はいるのか?

前原誠司代表とお嫁さんとの間に、子供がいるという話はありません。

子供の個人情報はともかく、存在まで隠す必要もないので、子供さんはいないのかもしれません。

なお、前原代表は憲法改正論者ですが、それよりも優先課題とされるのが子供の貧困問題。

いま、子供の6人に1人が貧困です。目の前にある人間の尊厳が奪われている。これが最大、最優先の政治課題です

と話しています。

社会全体で子供を大切にしようという思いは、誰よりも熱いものがあります。

◆父親の職業は?

前原誠司代表の父親の名前は、前原博さん。

前原代表は京都生まれの京都育ちですが、博さんは鳥取県の境港の出身です。

父・博さんの職業は、京都家庭裁判所の職員でした。

せいちゃん、せいちゃん

と、博さんは前原代表のことを、いつでも小さな子供みたいに可愛がってくれました。

しかし1976年、前原代表が中学校2年生の時に、博さんは自ら命を絶ってしまいます。

◆母親の名前は?

前原誠司代表の母親の名前は、清子さん。

ご健在ならば年齢は、今年(2017年)で81歳になります。

母・清子さんは鳥取県日野郡日南町の出身。

鉄道でいうと、伯備線の最も岡山寄りのところだそうです。

少年時代の前原代表は、優秀ですが気難しいタイプ。

勉強しなさい!

と言うと、

いまからしようと思っていたのに…

と、ふくれてフテ寝してしまいました。

そのため、母・清子さんは何も言わないようにしていたそうです。

お父さんが亡くなった時は、ショックを受ける清子さんに対し、

お母さんは体を休めていてくれ、僕が代わりにいってくるから

と言って、前原少年は父の関係先を伯父と一緒に挨拶に回ったといいます。

◆兄弟は姉が一人

前原誠司代表には、お姉さんがいます。

年齢は、前原代表より3歳年上なので、今年(2017年)で58歳になります。

中学受験の時、前原少年が合格したのが奈良の難関「私立東大寺学園」と、姉も通う「国立京都教育大附属中」でした。

前原代表は東大寺学園を希望しましたが、家計に余裕がなかったため、結局附属中に通うことになります。

しかし、その後の父親の不幸を考えると、姉と同じ学校で良かったのかもしれません。

◆まとめ

前原誠司代表が小学5年のころ、亡き父は、4泊5日の九州蒸気機関車撮影旅行に連れて行ってくれました。

今でも前原代表にとって、最大で最後の思い出となっています。

政治家となった前原代表の活躍を、父・博さんは天国から応援してくれていることでしょう。

《「希望の党」結成!》

《こちらは「希望の党」に合流できず》

《新たな動きが!?》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です