仙谷由人の『家族』〜息子は司法書士事務所代表…妻と2人の娘がいる

2018年10月11日、内閣官房長官や法務大臣を歴任した、仙谷由人さんが亡くなりました。

今回は、生前の仙谷さんを支えた『家族』にスポットを当て、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:仙谷由人(せんごく・よしと)
生年月日:1946年1月15日
没年月日:2018年10月11日

スポンサーリンク




◆息子は司法書士事務所代表

仙谷由人さんには、息子さん1人がいます。

名前は仙谷勇人(せんごく・はやと)さん。

1974年2月6日生まれなので、現在(2018年10月)、44歳になります。

息子さんの職業は司法書士で、『司法書士事務所 東京法務コンサルタント』の代表を務めています。

実はこの司法書士事務所をめぐり、政治資金の問題が報道されたことがあります。

官房長官時代の仙谷由人さんの三つの政治団体が、事務所費や人件費の名目で、司法書士事務所に2年8ヶ月で計320万円を支出していたのです。

この320万円は、司法書士事務所が実質的に使っている東京・西新橋のビルの家賃などに充当。

実質的に司法書士事務所の経費を、政治資金で補填していた疑いを持たれています。

息子さんは取材に対し、

“以前は(政治団体の)会合などにもよく使われた。もらっている分の使用実態はある”

などと、正当性を主張しています。

◆娘が2人

仙谷由人さんには、2人の娘さんもいます。

娘さんたちが20歳代の頃、仙谷さんは娘について

“この子たちはほとんど日本に居つくつもりがない。隙あらば日本を逃げ出して、自由な青空のもとで外国で生活したい”

と話しています。

仙谷さんの娘さんだけあって、優秀で英語もペラペラなのでしょうね。

今ごろは南の島で自由に暮らされているのでしょうか?

◆恐妻家だった?

仙谷由人さんは奥さんについて、

“私の妻もそうですが、日本の女性は老いも若きも「冬のソナタ」を熱中して見ている”

と話したことがあります。

また、

“仕事にかまけて育児をしなかったことを今も妻に避難され、反省している”

とも発言。

この2点から想像するに、仙谷さんは意外と恐妻家であったのではないでしょうか。

◆実家は徳島

仙谷由人さんは徳島県徳島市の出身。

父親は裁判所の職員、母親は徳島高等女学校の教師という家庭で育ちました。

また、母親は熱心な組合活動家でもあったということで、弁護士として労働問題を扱った仙谷さんは、両親の影響を強く受けていたことが分かります。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、仙谷由人さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからは空の上から、後進達の活躍を見守り続けることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO