スポンサーリンク

志村けんの『家族』~子供がいるのに結婚しない理由は?父親は事故にて…




ザ・ドリフターズのメンバーで、お笑い界の大御所・志村けんさん。

今回は、そんな志村さんの結婚や子供のうわさ、実家の父親、母親、兄弟にスポットを当てていきます。

【本人プロフィール】
名前:志村けん
生年月日:1950年2月20日
年齢:69歳(2019年7月現在)
身長:166cm
血液型:A型

スポンサーリンク

◆結婚しない理由は?

①結婚しない理由は?

志村けんさんは、ドリフメンバーの中で唯一、結婚歴がありません。

しかし、結婚願望がないことはなく、

「母に子供の顔を見せてやりたい」「人恋しく、人肌恋しい

とブログに綴っています。

女性関係もそれなりにあり、高校生の頃から10人くらいの女性と同棲経験があるのだとか(゚д゚;)

3年間の同棲の果てに内縁関係(事実婚)を主張して、財産の半分を持っていった女性もいましたが、この女性とは結婚も考えていたと記者会見で語っています。

②結婚を噂された女性たち

志村けんさんは「共演者キラー」としても知られています。

“いしのようこ”さん、太地喜和子さん、優香さん、相澤仁美さん…

特に“いしの”さんとは結婚目前と見られていましたが、結婚には辿り着きませんでした。

女優の太地喜和子さんは、志村さんの熱心なファンでしたが、若くして亡くなっています。

◆実は子供がいる

実は、志村けんさんには子供がいます。

付き人時代に同棲していた女性との間に子供ができたのですが、周囲の反対で彼女とは別れたことを自著『変なおじさん』の中で告白しています。


変なおじさん

その後、その女性と子供の消息は不明となっています。

志村さんが結婚しない理由は、この女性と子供の存在が関係しているのかもしれません。

◆実家は東村山

志村けんさんは、東京都北多摩郡東村山町(現:東村山市)の出身。

ブレイクのきっかけとなった「東村山音頭」は、地元の東村山農協が制作した曲で、子供の頃から良く聴いていた歌でした。

もともと志村家は、甲斐の国(甲府)から流れてきた武士の家系と見ることができるそうです。

江戸中期、志村家は本家から7つの家に分かれ、東村山の各地でそれぞれ農業を営んできました。

ひいおじいさんは車大工をしており、物置には万力が置いてあったそうです。

◆父親は事故にて…

①父親の職業は?

志村けんさんの父親の名前は、志村憲司(しむら・けんじ)さん。

ちなみに、志村さんの芸名「けん」は、父親の名前から取ったものです。

父・憲司さんの職業は、小学校教諭でした。

もともと農家の長男として生まれた憲司さんでしたが、農業を手伝いながら勉強し、学校を卒業するまで成績は常にトップ。

教員を要請する豊島師範学校に入学し、そのまま教師への道を歩みました。

父・憲司さんは厳格な人物で、志村家はいつも重苦しい雰囲気に包まれていました。

しかし、テレビのお笑い番組で漫才や落語を観ると、

その時だけは父も声を出して笑っていた

ということで、嫌な日常を忘れることが出来ました。

志村さんは、そんな体験から、お笑い芸人の世界に憧れを抱くようになり、中学生の頃から本格的にお笑いを仕事とすることを決心しています。

②父親は事故にて…

志村さんが中学生だった頃、父・憲司さんは教頭となり、校長への昇進を目指して勉強に励む毎日を送りました。

志村さんは、そんな父を見て

つまらない人生だな

と思っていたといいます。

そんな折、父・憲司さんに事件が起こります。

自宅の前で、バイクで事故を起こしてしまったのです。

その時は命に別状はなく、診断は全身打撲と骨折だけでした。

しかし事故から3年後、志村さんが夕飯のためお父さんを呼びに行ったところ、

あの…どちら様ですか?

と尋ねられてしまいます。

この頃、父・憲司さんは、脳内出血による記憶喪失となっており、次第に物事の判断ができなくなっていきました。

志村さんはお爺さんのコントをやることがありますが、

この時期の父親をモデルにしたもの

と、著書『変なおじさん』で明言しています。

結局、憲司さんは47歳の時に学校を休職し、その後は町を徘徊するなどの行動を取るようになっていきました。

そして、志村さんが正式にドリフのメンバーになる前の年である1973年に、54歳で亡くなりました。

志村さんは父の訃報を受けて駆け付けましたが、

(亡くなった父の)顔は見れなかった

と振り返っています。

◆母親の遺品

志村けんさんの母親の名前は、和子さん。

カタい父親とは対象的に、母親は踊りや芸事が好きな方でした。

志村さんは、お母さんの性格を受け継いだのでしょう。

母・和子さんは家の前に来た見知らぬファンを家に招き、お茶を出してもてなしました。

その行動は、志村さんが日本屈指のコメディアンになっても変わらなかったといいます。

また、母・和子さんは「志村けんの一番のファン」であることを公言し、『バカ殿』のコントでは志村さんと共演したこともありました。

そんな最愛の母は、2015年11月23日、96歳で亡くなっています。

母の死後、志村さんの知らない遺品が見つかりました。

それは手づくりのスクラップブックで、志村さんのデビュー当初からの膨大な量の記事が切り抜かれていました。

志村さんは母の遺品について、

「あんなに分厚くあるとは知らなかった」

と話しています。

◆3人兄弟

志村けんさんは男ばかり3人兄弟の末っ子です。

長男は志村知之さん、次男は志村美佐男さんといいます。

2人の兄たちは大学を卒業して公務員になりましたが、末っ子の志村さんだけが全く異なる人生を歩むこととなりました。

長兄・知之さんは、東村山市職員として、60歳の正規職員としての定年退職以降も臨時職員として70歳まで奉職しました。

知之さんが退職する日、市長の渡部尚さんと握手している写真が報道され、

「志村けんそっくり」

と話題になっています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、志村けんさんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、志村さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

【こちらの記事も読まれています】

加藤茶の『家族』~嫁の実家は資産家?子供は何人?年齢は?
入院説が流れていた加藤茶さんが、テレビ番組で元気な姿を見せ、話題になっています。 今回は、そんな加藤さんを育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 ◆父親は37歳? 加藤茶さんのお父さんは、ギタリストの平八郎(た...

コメント

タイトルとURLをコピーしました