松田宣浩の『家族』~妻・柴田恵理との間に息子が1人…実家の両親と双子の兄について

福岡ソフトバンクホークスに所属する、松田宣浩選手。

子供の頃から熱烈な阪神ファンでした!

今回は、そんな松田選手を育んだ『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:松田宣浩(まつだ・のぶひろ)
生年月日:1983年〈昭和58年〉5月17日
身  長:180cm
出身大学:亜細亜大学
家族構成:妻、長男
スポンサーリンク

◆元高校球児の父

松田宣浩選手のお父さんの名前は、松田長次郎さん。[1]

何とお父さんは、甲子園出場経験を持つ元球児だったそうで、松田選手が野球を始めるのは自然な流れでした。

松田選手が子供のころは、毎日のように、お父さんがトスした球を打って練習していました。

◆母親も天然キャラ?

松田宣浩選手のお母さんの名前は、松田昌子さん。[2]

実は、松田選手の天然キャラは、お母さん譲りだと言われています。

松田選手が頭部に死球を受けた時、お母さんは家に置いてあったヘルメットをかぶってコツンと叩き、こう話しました。

これくらい叩いても衝撃が来るんだから、あんな速球を受けたら衝撃ももっと凄いんだろうね(゚д゚)!

2015年の母の日、松田選手は楽天戦で、勝利を決定づける3ランホームランを放ちます。

滋賀県の実家に住む母・昌子さんには、この日花も贈っており、ダブルで最高のプレゼントを届けることができました。

◆双子の兄の画像

松田宣浩選手には、双子の兄がいて、名前は、松田教明さん。[1]

お兄さんも野球をやっており、小学校時代から「松田ツインズ」の存在は、地元では有名でした。

共に進んだ中京商業時代は、兄・ピッチャー、弟・ショートで、夏の甲子園大会にも出場します。

当時の小嶋雅人監督の言葉を借りると、「能力的には兄のノリの方が上」

50mを5秒台で走り、肩が強く、打球も放物線を描く天性のホームランバッターでした。

現在でも、松田選手の一番の理解者であり、キャッチボールから打撃まで、松田選手の自主トレを支援してくれるそうです。

それではここで、松田ツインズの画僧をご紹介します。

お兄さんとは、二卵性の双生児なのだそうです。

しかし、お兄さんもイケメンですね!(^^)!

NEXT 妻・柴田理恵との間に息子が1人

コメント

タイトルとURLをコピーしました