山口俊の『家族』〜妻・高木加織との間に子供が3人…父は元幕内力士「谷嵐」

横浜DeNA読売ジャイアンツで活躍した、山口俊さん。

あだ名はどすこいです!

今回は、そんな山口さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:山口俊(やまぐちしゅん)
生年月日:1987年〈昭和62年〉7月11日
身  長:187cm
血液型 :O型
出身地 :大分県中津市
スポンサーリンク

◆父は元幕内力士「谷嵐」

山口俊さんの父親の名前は、山口久(やまぐち・ひさし)さん。

別名「谷嵐(たにあらし)」の名前で、元幕内力士として活躍しました。

このため、山口さんは、幼い頃から見よう見まねで四股を踏み、股割りで下半身を鍛えてきました。

横浜に入団した山口投手は、下半身の充実ぶりを見た二軍コーチに、

高卒ルーキーのなかで一番早く上に行くだろう

と見込まれています。

また、当時の寮長からは、

時間通りきちんと三度の食事をするし、礼儀も正しい。父親にプロの厳しさを叩き込まれているからでしょう

と、褒められています。

しっかりと食事を摂り、足腰を強化し続けていれば、怪我に泣くことはありません。

プロ入りした時、父が息子に送った言葉は、

プロはやるか、やらないか

だったという事です。

2010年10月19日、父・久さんは肝臓がんのため、58歳の若さでこの世を去りました。

それからわずか4日後の10月23日。

山口さんは、横須賀での秋季練習に早々に復帰しています。

引きずっていても何もない。父のためにも頑張らないと

チームに戻ることは、天国のお父さんが一番願っていたことだったに違いありません。

◆母親

山口俊投手のお母さんの名前は、啓子さん。

1953年頃の生まれになります。

父・久さんが7年前に他界してからは、山口投手に2人分のエールを送ってきました。

山口投手が移籍後に初勝利を収めた、2017年6月15日。

母・啓子さんは、実家がある大分県中津市から応援に駆けつけ、スタンドで手を合わせ祈り続けました。

勝利を見届けると

ケガで7カ月も投げられなかったので良かった

とコメント。

おめでとうと言いたい

と話す喜びは、お父さんと2人分だったのでしょう。

◆兄弟がいる?

山口俊投手には、お兄さんがいるようですが、詳細は不明です。

NEXT 妻・高木加織との間に子供が3人

コメント

タイトルとURLをコピーしました