春日俊彰の『家族』~筆まめの父、アスリートの母、そして最愛の妹

肉体派の芸能人としても注目を浴びる、『オードリー』の春日俊彰さん。

今回は、そんな春日さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク




◆春日俊彰・3足のわらじ

春日俊彰さんは、2015年6月にイタリアで行われた『フィンスイミングワールドカップマスターズ大会』に、日本代表として出場した経験があります。

また、同年の5月10日には、『東京オープンボディビル選手権』大会の75キロ級に出場し、5位入賞を果たしています。

タレント、フィンスイミング、ボディービルの「3足のわらじ」を履く事になりますが、仕事はセーブせず、並行してやっていく意向です。

今回は、ここまでの強靭な肉体と高いモチベーションを育んだ、春日さんの家族について、まとめてみたいと思います。

◆筆まめの父親

春日俊彰さんのお父さんは、長野県出身。

筆まめであり、2010年ごろ会社を退職した時は、春日さんに対し、手紙で報告が来ています。

ペットの犬が死んだときは、2週間くらい犬に送る詩を書き、春日さんがフライデーに撮られた時は、

“愚か者、スキャンダルは最大の敵なのだ”

というメールが送られてきたそうです。

春日さんが芸人になると話した時は、

“お前が産まれて22年経つけど、お前が面白いことを言ったことを一度も聞いたことがない。お前で笑ったことがない”

と言って反対しました。

しかし、オードリーが売れ出すと、出演番組を編集したDVDを近所に配り、実家の表札に

“オードリー・春日の実家”

というシールを貼って喜んでいます。

◆アスリートの血は母親から

春日俊彰さんの母親の名前は、静江さん。

春日さんが「マム」と呼ぶお母さんは、遠目で見てもすぐ「春日の母」だと分かるくらい大柄だそうです。

学生時代は、ソフトボール部の捕手兼スラッガーとしてならしました。

お父さんと同様、芸人になることに反対した静江さんは、それまで掛かった教育費を計算し、

“これだけ金をかけて教育したのに、お前はお笑い芸人になるのか”

と詰め寄っています。

春日さんいわく、お母さんはあまり笑わないそうです。

しかし、

①プロ野球の珍プレーで、外人選手に追いかけられ外野まで逃げる日本人投手を見た時
②番組でパジェロに引きずられる息子を見た時

は、大爆笑していました。

いくつになっても息子は可愛いのか、現在でも毎朝のモーニングコールは欠かさないそうです。

◆そして最愛の妹

春日俊彰さんには最愛の妹がいます。

妹は春日さんの2歳年下で、兄いわく

“柔道の谷本歩実選手の様な雰囲気を持った人間”

だという事です。

妹の結婚式では、ご祝儀に30万円を包み、新郎新婦入場の際は、妹の花嫁姿を見た瞬間に号泣したという春日さん。

2011年、出産間近となった妹のため、重鎮のタモリさんに安産祈願のサインを貰いました。

しかし、女性そのものをイメージさせる図柄であったため、それを家に貼ることには反対しました。

妹には娘が2人生まれましたが、娘の方も溺愛しており、幼稚園の参観に出掛けたりしています。

◆まとめ

こうして見ると、春日俊彰という人間のユーモアと強靭な肉体は、家族の愛情によって形づくられてきた事が良く分かります。

今度は、春日さん自身が、ユーモアあふれる新しい家族を築く番ですね。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO