豊田真由子の『家族』~夫の職業は?息子と娘のよきモンスター母?

元厚生官僚で、現在は衆議院議員を務める、豊田真由子(とよたまゆこ)議員。

今回は、そんな豊田議員を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は船橋

豊田真由子さんは、千葉県船橋市の生まれ。

船橋市立法典東小学校を卒業後、中学からは都内の桜蔭中学校・高等学校に進学し、生徒会役員・茶道部で活動しました。

将来は国のために働きたい

と思い、1993年に東京大学の文科一類法学部に入学。

東大卒業後は厚生労働省に入省し、社会・援護局や健康局などで活躍しています。

◆父親は東大卒

豊田真由子議員のお父さんは、東大卒のエリート。

しかし、お母さんに対してDVがあったという情報があります。

父親はそれなりに立場がある方であるため、「精神的暴力」が中心であったということですが、この悲しい体験が豊田議員に受け継がれてしまったのでしょうか?

ある日、実家の前で週刊女性が両親に直撃インタビューをすると、父親は落ち着いた声で語りました。

その件(豊田議員の件)はいま話しても意味はないでしょう。君たちは結論が決まっとるから。いずれ山ほど話すことはあるよ。約束はできないけど……

そこへ母親が苛立った様子で割り込んできて、マスコミは相手にしないと告げた後で、父親に対してまくしたてます。

もう、いいから早く家に入んな!

このやりとりを見る限りでは、母親に対してDVがあったようには見えませんが…。

◆母親のエピソード

豊田真由子議員のお母さんは、東京外語大卒業。

両親そろってエリートですね(^_^;)

お母さんのエピソードと言えば、2014年春の園遊会。

衆議院議員である豊田議員は、夫と共に園遊会に招待されていましたが、当日、豊田議員は母親を受け付けに連れてきて、

事前に夫から母親に変更する旨を連絡した

と説明しました。

そんな連絡を受けていない宮内庁側は「招待者以外は入場できない」と説明したところ、豊田議員は、

「なぜ入れない!」「入れなさい」

などと大声で恫喝。

宮内庁職員はなおも食い下がり、配偶者しか同伴できないことを説明したところ、今度は母親のことを

私の配偶者だ

と主張し、無理やり受付を突破してしまったということです。

百歩譲って、

母親を名誉ある場所へ連れて行きたい

という気持ちは分かるものの、お母さんも肩身が狭かったことでしょう。

母親も、そこまでして園遊会に行きたかったのでしょうか?

◆姉妹の職業は?

豊田真由子議員は、3人姉妹の次女に当たります。

お姉さんは医師、妹の職業は弁護士。

こんなに絵に描いたような優秀な家族が存在するとは…驚きです(゚д゚;)

しかし姉妹が優秀すぎるため、豊田議員は姉妹に対して、コンプレックスを抱いていたそうです。

厚労省のキャリア官僚である豊田議員も十分エリートですが、本当は財務省に行きたかったようですね。。。

◆夫の職業は?

豊田真由子議員は結婚しており、7歳年上の夫は国土交通省のキャリア官僚。

愛媛県の名門公立高校から東大に進み、当時の建設省に入省しました。

国土交通省では住宅局などを中心に勤務し、途中ユネスコへの派遣も経て、現在は内閣府で地方創生関連の業務に従事する企画官を務めています。

エリート官僚同士の結婚だったのですね(`Д´)ゞ

2人のなれそめは、お互いが官庁から留学のために派遣されていたハーバード大学大学院のキャンパスで出会ったこと。

先に夫が帰国し、豊田議員が帰国してから間もなく、2人は結婚しました。

ある時、永田町・霞が関の人物情報が掲載されている「政官要覧」に夫の所属省が記載されているのを見つけた豊田議員は、

プライバシーの侵害

ということで、出版社に抗議したこともあります。

豊田議員は、夫に対しても口汚く罵るようになってしまい、最初はじっと耐えていた夫も、今は家を出て別居状態だそうです。

◆息子さん

豊田真由子議員は、厚労省時代の2007年、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任しています。

この頃、ジュネーブで息子(長男)を出産。

おそらく旦那さんは日本にいたのでしょうから、遠い異国での出産は大変だったでしょうね。

プロフィールでは、息子さんの年齢は「7歳」となっています。

◆娘さん

豊田真由子議員は、長男の出産から2年後に、パリで娘(長女)を出産しています。

一度ならず2度目の海外出産…

豊田議員のバイタリティを感じざるを得ません。

また、2012年に衆院選に初挑戦した時は、家に幼い2人の子供を抱えての選挙活動でした。

想像を絶する大変さがあったと思いますが、

常に『日本の輝く未来』を思い浮かべて励みました

と本人は振り返っています。

プロフィールでは、娘さんは「5歳」とされています。

現在は小学生の2人の子供たちは、豊田議員の母親が実家で面倒を見ているそうです。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、豊田真由子議員の活躍の陰には、華麗なる『家族』の姿がありました。

時に「モンスター」と呼ばれるほどの強引さは、バイタリティがありますが、家庭をも壊すもろ刃の剣となりかねません。

時に少し立ち止まって、『家族』のことを考えるのもいいかもしれませんね。

◆おまけ

豊田真由子議員は、2016年7月に共著で本を出しています。

文科省では定刻になるとチャイムが鳴るって知ってましたか? [ 馳浩 ]

変わったタイトルですが、どういう意味なのでしょうか?

《特選記事》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    豊田真由子さんの実家は馬込沢で塾をしていますよね。 真由子さんが子供の頃、毎晩のようにご両親が大喧嘩していて、近所中に響き渡っていました。 身の毛がよだつ今回の肉声は、母親譲りですね。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      貴重な情報をありがとうございました。
      お母様も気が強い方なんですね。。。

  2. 田豊真由男 より:

    こんなクソババアを選出している埼玉の地元民はどんな面しているんだろうね・・・(笑)
    恥ずかしい限り・・・

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      議員の方は「選ばれている」事を認識していただきたいですね。

  3. 日本を良くする会の会長 より:

    筋金入りの暴君
    議員辞めて、女子プロレスに入れば
    人気が出そうだね~

    リングネームは
    暴君真由子
    議員時代に培ったマイクパフォーマンスと
    中年男性の観客からの罵声を、
    「てめい この、はーーーげーーー」
    と罵る

    必殺技は こめかみへのナックルパンチ
    リング外ではハンガーで相手を殴り倒す反則攻撃

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      本当に、やっていることはプロレスラーと何ら変わりないですね(>_<)

  4. よっぴー より:

    発狂が基地外過ぎる
    暴言、暴力とか議員以前の問題でしょ
    お前の娘が〜の下りとか人格疑うわw
    離党なんて生温い
    辞職するべき

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘のように、娘さんの事は言い過ぎだと思います。これが無ければ、元秘書の方も告発までしなかったと思います。

  5. 国粋主義者 より:

    こいつは糞。議員の資格なし。お前こそ死ね。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      「議員を辞めるべき」と言う意見は、多くの方が思われているようですね。

  6. 晴耕雨読 より:

    日本の経営者は3流以下、政治家はそれ以下彼女もその典型ではないですか?
    東大出身に国と会社のかじ取りを任せた結果で現在があるのです。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      これまでも議員の不祥事はありましたが、豊田議員については、非常に厳しい意見が多いですね。人間としての本質を見られているのでしょうか。

  7. イルミナティ より:

    この国会議員は完全に基地外の異常者で物凄くタチの悪い障害者
    精神科に無理やりにでも引きずって行って薬漬けにして
    太陽を拝むことができないようにしてやらねばなるまい。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      皆さん、怒っています。
      進退を考えるときは、国民の声も参考にされるといいでしょう。

  8. やまびこ より:

    見た目は内面あらわすといいますが…
    そんな風にみえませんがね?

    関係ないけれど42才にしてはふけてますね?
    私も42才ですが、顔細いのにあんなほうれい線ありません。ってゆうかほうれい線がないです。私は子供産んでないからかもしれませんが。どーでもいいですね(汗)
    失礼しました。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      42歳でほうれい線がないのなら、やまびこさんはお若いのだと思います。
      私は個人的には、議員の眉毛が気になりますね。。。

  9. フリーメイソン より:

    人間としてはあり得ない暴挙
    つまり本当に人間ではない。
    人間になりすました爬虫類人であり、
    殺処分が望ましい。

    こういう正体バレバレのうまく人間に成りすましたつまりでいる爬虫類人の事を
    レプティリアンと世間一般では言われています。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      レプティリアン・・・初めて聞きましたが、ヒト型は虫類のことなんですね。
      本当であれば恐ろしいと思います。。

  10. おんちゃん より:

    二人も子供いて、お前の娘も轢きころ云々言えちゃうあたり
    自分の子供にもそんなに思い入れが無いというか考える余裕を無くしてそう

    いい機会だから仕事はいっぺんヤメちゃって家族を大事にしてほしいね
    二人のお子さんぐらいの年の子供がこんな面白いネタ放っておくわけないからね
    クラスメイトにからかわれてつらい思いしてるだろうからケアに回ってほしい

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      たしかに子供に罪はありません。
      謂れのない悲しい思いをさせないようにしたいですね。

  11. ふう より:

    なんかびっくりした報道でしたが日常的にこういうお母さん見かけます。
    銀行ATM前で5歳ぐらいの子に操作を教えてる30代ぐらいの母親。
    「て~め~そうじゃね~だろ。なに聞いてんだよぉ~。使えねぇなあ~ば~か」
    大体操作教えることがおかしい。
    この議員も母親に問題あったんじゃないかしらね。そこそこ賢いから
    期待の余りの暴言。うちの子こんなこと出来んのよ、という見栄。親の顔が見たいです。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      園遊会事件については、お母さんも
      「ルールを破ってはいけない」と娘を諭すべきだったと思います。

  12. ___ より:

    家族がどうあれ暴行や暴言は有罪で弁護の必要は無し、癇癪持ちで
    国会の答弁を見る限り相当な二面性を持つサイコパスであることは疑いの余地は無い

    それにしても他人の家族にも危害を加えるような暴言を吐き、秘書が100人近く辞め、
    園遊会など各所でトラブルを起している様な議員に対して「仕事も家庭も両立している」、
    「日本のため、子供の為」なんて感想でまとめる人間の神経に眩暈がする。
    こんな感想を持つ国民が居る限り、日本の政治家のレベルは低いママだろう。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      仰る通り、希望的観測すぎるまとめ方だったかもしれません。
      政治家のレベルを上げるために、まず自分が変わらなければいけません。。

  13. 匿名 より:

    録音していなければ 、どうせ認めないだろうが 証拠あっても「 怪文書 」という
    汚い政党だからな!

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      暴言暴行事件と言い、怪文書問題と言い、自民党の「誠意」が試されていますね。

  14. 一ノ瀬朗 より:

    エリートコースまっしぐらの女性が、42歳にして初めての挫折。
    これからの人生は地獄だね。何故なら再選は無いから失業者確定だし、
    再就職も、どこの事業所も怖くて雇わんでしょ。また雇う事業所があっても
    飼い殺しで、出世は無し。(部下になろうというマゾはいないでしょ)
    仕方が無いから、弁護士免許を生かして弁護士事務所を開設しても、まともな客は
    怖がって来ないから、「類は友」でヤクザの顧問弁護士をするしかないかな?
    また専業主婦をするにも、今まで、ご主人を上から目線で見ていただろうから、
    自分が下になる事はプライドが許さないでしょ。
    人の上に立つ事は、理論オンリーでは駄目。人望も必要。
    この事に豊田議員が気付き実行できるまでは、地獄からの脱出は無いね。ご愁傷様

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      豊田議員は、司法試験に合格しているのですか?
      たしかに、だからと言って仕事が順調に来ると言うことはないでしょう。
      「人望」が大切だと思います。

  15. 矢島太郎 より:

    いくら学歴・経歴が秀でていても、暴言を吐き、暴力を振るうことを意に介さないような
    人間が国民の代表として国政に送り出されているのはおかしいですね。また、このような人間が親として子供を育て、教育していることに脅威を感じます。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      被害者を除いて一番気にかかるのは、豊田議員の子供さんのことです。
      子供に罪はないのですから。

  16. かな より:

    ゴゴスマという番組で精神科の医師が豊田議員はサディスティックパーソナリティーの可能性があると話していました。
    基本的には自分が優位の立場に立ちたいという人が多いみたいです。
    あと、この人格は超ドsみたいで人が苦しんでいるのをみたら嬉しくなるそうです。歌を歌い出したりも典型的な症状のひとつみたいです。

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      サディスティックパーソナリティ…
      病気ということでしょうか?
      そうであれば同情の余地もあるのかもしれません…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です