スポンサーリンク

ケーシー高峰の『家族』~結婚して妻と子供がいる?実家は医師の家系




2019年4月8日、お色気医事漫談で知られるケーシー高峰さんが亡くなりました。

今回は、生前のケーシーさんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:ケーシー高峰(けーしー・たかみね)
本名:門脇 貞男(かどわき・さだお)
生年月日:1934年2月25日
没年月日:2019年4月8日(享年85歳)
出身地:山形県最上(もがみ)郡最上町

スポンサーリンク

◆結婚して妻がいる?

ケーシー高峰さんは結婚しています。

奥さまの名前は「詠子さん」という情報がありますが、定かではありません。

ケーシーさんの実家は、代々医師の家系で、ご両親からは

跡取りなんだから内科医の女性を貰いなさい

と言われていたのだとか。

しかし、実際には奥さまはクラシック歌手だったそうです(^^)v

夜のベッドでもソプラノだ

と、奥様までもネタにして、言わなくていい事を言っています(^_^;)

◆子供はいる?

ケーシー高峰さんには子供さんもいます。

息子さんが2人のようで、テレビ東京の『チマタの噺』に出演した時に、名前を暴露していました。

上の子に普段、しゃべってる名前をつけちゃったからね。アミーゴって

なんと、上の子供さんの名前は「アミーゴ」さんなんですね(^_^;)

ちなみに、漢字で書くと『愛美吾』さんだそうです。

ケーシーの子供だろって、散々いびられたみたい

と話したケーシーさん。

皆さん、子供さんにキラキラネームをつける時は、十分気をつけましょう。

◆実家の母は医師

①実家の母は医師

ケーシー高峰さんの母親の名前は、門脇シヅエさんです。

前述のとおり、ケーシー高峰さんの実家は、代々医師の家系。

母・ツジエさんは、東京女子医大の2回目の卒業生で、創立者・吉岡彌生氏の教えを受けたという本格派です。

読売医学功労賞を受賞したこともあるのだとか。

そんな母親の意思を受け、ケーシーさんも日本大学の医学部へ進みます。

しかし、

風貌を理由に、教授からいじめられた

という理由で、芸術学部に転部してしまいました。

当然、母親は激怒。

おまえにやる金はない!もう帰ってくるな

と言われ、そのまま勘当されてしまいました。

②母親との和解

その後、芸人になったケーシー高峰さんは、14年間実家に帰れませんでした。

そんな母親との交流が再開したのは、1970年の春のこと。

ケーシーさんが『お昼のゴールデンショー』という生放送に出演したところ、スタッフから突然、「電話に出ろ」と促されます。

よくわからないまま出たら、いきなり

「まーだ、ばかやってるのか」

という母親の声が。

その日はちょうど、地元山形でのネット放送が始まった日。

そのことを記念して、スタッフがどっきりを仕掛けてくれたのでした。

後から知った話では、お母さんは上京した際は、こっそり舞台を観に来てくれていたそうです。

やっぱり心配だったのでしょうね。

◆父親の職業は?

代々医師の家系だったのは母方の実家の話で、ケーシーさんの父親は商社マンだったそうです。

海外を飛び回ったお父さんは音楽が好きで、家にはラテンやジャズのレコードがたくさんありました。

これらの音楽をよく聞いていたというケーシーさん。

持ちネタの“グラッチェ!”や“セニョリータ!”は、父親の影響だったのですね。

◆兄弟姉妹

ケーシー高峰さんには、お兄さんとお姉さんがいます。

お兄さんは医師で、お姉さんは歯科医師だったそうです。

◆まとめ

ケーシー高峰さんは生前、医事漫談を始めた理由を聞かれたことがあります。

ケーシーさんが話した理由は、

医師にはなれなかったけど、白衣を着て親孝行したいという気持ちだね

というものでした。

今ごろは天国で、お母さんとの再会を果たされていることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました