黒田東彦の『家族』~妻・黒田久美子との間に息子が2人…三世代の家系図を紹介

日本銀行の総裁をつとめる、黒田東彦さん。

財務省での異名はクロトンです!

今回は、そんな黒田さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:黒田東彦(くろだ・はるひこ)
生年月日:1944年〈昭和19年〉10月25日
出身地 :福岡県大牟田市
出身大学:東京大学法学部
家族構成:妻、息子2人
スポンサーリンク

◆実家・生い立ち

黒田東彦さんは、福岡県大牟田市の出身。

幼少のときは父の転勤に伴い横浜や神戸を転々とし、小学校5年生の時に一家は東京・世田谷へ居を構えました。

小学校は、世田谷区立多聞小学校を卒業しています。[1]

中学・高校は、東京教育大学附属駒場中学校・高等学校へ通いました。

衆議院議長の細田博之(ほそだ・ひろゆき)さんや、国際協力銀行の近藤章(こんどう・あきら)総裁は、中学から大学までの同級生です。

趣味はコントラクトブリッジです!
細田博之の『家族』~妻・洋さんとの間に息子と娘…祖父から連なる政治家の家系図
自由民主党に所属する国会議員、細田博之さん。 趣味はコントラクトブリッジです! 今回は、そんな細田さんを取り巻く『家族』の物語です。 名  前:細田博之(ほそだ・ひろゆき) 生年月日:1944年〈...

意外にも、中・高時代の成績は、

中の上程度だった

という黒田さん。

その代わり、読書量がずば抜けていて、

黒田は高校時代に図書室の本を全部読んだ

と、同級生に噂されていました。

大学は、東京大学文科一類へ進学。

後に法学部へ進むと、勉学にいそしみ、在学中に司法試験に合格しました。

法学部の授業だけでは飽き足らず、経済学部や文学部の授業にも出席。

通常、「オール優」でも「優」の数は15~16ですが、黒田さんの「優」は20を超えています。

そして卒業が近づくと、卒業後の進路を食卓で家族へ相談するようになりました。

◆父親

黒田東彦さんの父親は、海上保安庁につとめていました。

一時期、学者への道を考えていた黒田さんに対し、父親はこう諭します。

頭がどんなに良くても、学界で上に行くには、ある程度「コネ」や「引き」がないといけない。うちの家系にそんな有力な名士はいないのだから、学者の世界で生き抜くのは難しいのではないか?

黒田さんは、

そうなのか…

と、うなだれました。

父がそんな息子に勧めたのが、自分と同じ国家公務員の道でした。

結果として黒田さんは、当時の大蔵省へ入省しています。

◆母親

黒田東彦さんは、在学中に司法試験に受かったため、裁判官を志したこともあります。

しかし、裁判官には母親が難色を示しました。

母親に、

人を裁くことができるのか?

と問われ、黒田さんは裁判官を断念したのでした。

◆兄弟

黒田東彦さんにはお姉さんがいて、名前は禹子(のぶこ)さん。

姉は幼少期の黒田さんのことを、

穏やかでおとなしい性格

と語っています。

黒田少年は運動は不得手で、姉の後を追って上った高い塀から落ちて、大けがをしたこともあったそうです。

◆妻・黒田久美子

黒田東彦さんの妻の名前は、黒田久美子さん。

妻の久美子さんは、電源開発の理事を務めた有馬駿二さんの長女に当たります。

妻・久美子さんは気さくな方で、三重在住時は近所の魚連に買い出しに行って、

この魚、安くなってたわよ!

と、教えてくれるような人です。

夫婦仲も良く、黒田さんと一緒に買い物に出かける姿が目撃されています。

◆2人の息子

黒田東彦さんには、2人の息子さんがいます。

週刊誌の報道によると、どちらかの息子さんには逮捕歴があるのだとか。[2]

1997年5月、東京・南青山の路上で黒田氏の息子は知人2名と停車中、警察官から職務質問と車内検分を受け、違法薬物・LSDの水溶液を染み込ませた紙が発見され、後日、逮捕された

その後はニュースを見ないので、息子さんは無事に立ち直られたのでしょう。

◆まとめ

これまで見てきた通り、黒田東彦さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、黒田さんの挑戦は続いていきます😊

◇脚注

  1. 週刊東洋経済 2017年2月18日号 黒田東彦 知将の誤算
  2. 週刊新潮 2013年3月7日号 「黒田東彦」日銀新総裁で子息の「LSD所持歴」まで出た人事暗闘

コメント

タイトルとURLをコピーしました