細田博之の『家族』~妻・洋さんとの間に息子と娘…祖父から連なる政治家の家系図

自由民主党に所属する国会議員、細田博之さん。

趣味はコントラクトブリッジです!

今回は、そんな細田さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:細田博之(ほそだ・ひろゆき)
生年月日:1944年〈昭和19年〉4月5日
出身地 :島根県松江市
出身大学:東京大学法学部
家族構成:妻、息子、娘
スポンサーリンク

◆祖父から連なる政治家の家系図

細田裕之さんは、島根県松江市の出身。

実家の細田家は、戦国時代に毛利氏と中国地方の覇権を争った尼子一族の武将・小笠原家の家臣でした。

一旦帰農後、商業へ進出し回船問屋として成功しましたが、明治維新で没落し倒産。

やむなく松江に出て、今度は油屋を開き、豪商の域にまでのし上がっています。

そんな細田家の長男として生まれた裕之さんは、

  • 筑波大学附属駒場中学校
  • 筑波大学附属駒場高等学校
  • 東京大学法学部

を、それぞれ卒業しました。[1]

日本銀行の黒田東彦(くろだ・はるひこ)総裁や、国際協力銀行の近藤章(こんどう・あきら)総裁は、中学から大学までの同級生です。

黒田東彦の『家族』~妻・黒田久美子との間に息子が2人…三世代の家系図を紹介
日本銀行の総裁をつとめる、黒田東彦さん。 財務省での異名はクロトンです! 今回は、そんな黒田さんを取り巻く『家族』の物語です。 名  前:黒田東彦(くろだ・はるひこ) 生年月日:1944年〈昭和1...

大学卒業後は通商産業省へ入省し、1986年に退官。

1990年の衆議院選挙に島根県全県区から立候補し、初当選を果たしました。

元々政治家の家系で、母方の祖父は元衆議院議員の升田憲元(ますだ・のりもと)さん。

父親も自由民主党所属の国会議員として活躍した人物です。

◆父・細田吉蔵

細田博之さんの父親の名前は、細田吉蔵さんです。[2]

名  前:細田吉蔵(ほそだ・きちぞう)
生年月日:1912年〈明治45年〉5月2日
没年月日:2007年〈平成19年〉2月11日
出身地 :島根県松江市
出身大学:東京帝国大学法学部

父・吉蔵さんも、島根県松江市の出身。

旧制松江高等学校を出て、東京帝国大学法学部へ進みました。

卒業後は鉄道省へ入省し、1960年に退官。

1962年の衆議院議員選挙で当選し、国政の道を歩きました。

自由民主党に所属し、運輸大臣や総務会長など、要職を歴任。

1990年、博之さんに地盤を譲り渡し、政界から引退しました。

2007年2月11日、急性心筋梗塞のため、94歳で亡くなっています。

◆母親

細田博之さんの母親の名前は、静子さん。[3]

元衆議院議員・升田憲元さんの六女に当たります。

母・静子さんは、2006年10月28日、肺炎のため89歳で亡くなっています。

◆妹

細田博之さんは2人きょうだいの長男で、妹が1人います。[4]

名前は、道子さんです。[5]

◆妻・洋さん

細田博之さんの奥さまの名前は、細田洋(ほそだ・ひろ)さん。[6]

神戸製鋼所の常務取締役をつとめた、加藤昌一さんの娘さんです。

洋さんは、2022年2月1日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、76歳で亡くなっています。

◆息子と娘

細田博之さんには、息子と娘がいます。[4]

息子さんは当然、後継者として期待がかかりますが、現在のところ、政治活動や秘書などはつとめていないようです。

◆まとめ

これまで見てきた通り、細田博之さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族への思いを胸に、細田さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. Sankei Biz 2016年10月17日 【リーダーの素顔】国際協力銀行 多彩な経歴、国際金融の荒波に挑む
  2. 週刊文春 2022年5月26日 「給料月100万しか」発言 細田博之衆院議長が36万円不記載 政治資金規正法違反の疑い
  3. 毎日新聞 2006年10月31日 <訃報>細田静子さん89歳=細田博之自民党衆院議員の母
  4. Wikipedia 2022年6月4日確認 細田博之 家族・親族
  5. Wikipedia 2022年6月4日確認 細田吉蔵 家族・親族
  6. 日本経済新聞 2022年2月9日 細田洋さんが死去 細田博之衆院議長の妻

コメント

タイトルとURLをコピーしました