加藤寛治の『家族』~息子1人で娘が5人?結婚式で「子供は3人以上」

自民党に所属する、加藤寛治 衆議院議員。

今回は、そんな加藤議員を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:加藤寛治(かとう・かんじ)
生年月日:1946年4月24日(72歳)※2018年5月現在
身長/体重:180cm/76kg
最終学歴:日本大学理工学部卒業

スポンサーリンク




◆息子1人で娘が5人?

加藤寛治議員には、子供が6人います。

政治家ながら娘さんの結婚については娘の恋路に任せたため、嫁いだ先は、

“農家、自営業、サラリーマン、公務員、自衛官”

と、バラエティーに富んでいます。

ん?ということは、娘さんは5人いることになるので、息子さんは1人息子なのですね。

◆息子は政治家へ?

2012年、島原の玄関口「島原港」に、「Hotelシーサイド島原」が開業し、オープンセレモニーに加藤議員が招かれました。

しかし、その日はあいにく、衆議院議員選挙の投票日の前日。

さすがに出席できない父親の代わりに、息子さんが出席し、スピーチをしています。

息子さんは父上の秘書かなにかしているのかもしれませんね。

そして行く行くは、父親の基盤を受け継いで政界の道を歩んでいくのでしょう。

◆結婚式で「子供は3人以上」

加藤寛治議員は、結婚披露宴に出席した際は、

“必ず3人以上の子どもを産み育てていただきたい”

と呼び掛けているそうです。

また、若い女性に対しては、

“結婚しなければ子供が生まれない。人様の子どもの税金で(運営される)老人ホームに行くことになる”

と話しているのだとか。

この発言がメディアを通じて広まると、

“誤解を与えたことをおわびする。決して女性を蔑視しているわけではないが、そのようにとられてしまう発言だったので撤回する”

と、慌ててコメントを出していました。

◆娘を嫁がせる条件

加藤寛治議員が自分の娘を嫁がせる時の条件は、

“①娘を幸せにすること、②最低3人の子供を持つこと”

だということです。

娘さんと結婚相手に対していう分には構わないですよね。

◆父親の名前は?

加藤寛治議員の父親の名前は、加藤清則さん。

父・清則さんも政治家で県議会議員を長らく務め、県議会議長も経験されています。

◆母親の年齢は?

加藤寛治議員の母親の名前は、加藤トシエさん。

母・トシエさんは長生きでしたが、2016年3月24日、95歳で亡くなっています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、加藤寛治議員の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、加藤議員の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

「結婚、出産を強制している!」として批判される加藤議員ですが、世の中にはもっと過激な発言をする知識人がいます。

貞節はある種の公害だ! [ スティーヴン・E.ランズバーグ ](ロチェスター大学・経済学部教授)

しかし、本をよく読むと

“象狩りを禁じることは象にとって迷惑な話だ。災害援助は援助を受ける人のためにならない”

など、意外な説が経済学を根拠に展開され、面白いですよ(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO