萩生田光一の『家族』~実家は八王子…妻・潤子さんとの間に娘と息子

自由民主党に所属する衆議院議員、萩生田光一さん。

ネットではハギーと呼ばれてます!

今回は、そんな萩生田さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:萩生田光一(はぎうだ・こういち)
生年月日:1963年〈昭和38年〉8月31日
身  長:180cm [1]
血液型 :AB型 [2]
出身地 :東京都八王子市
スポンサーリンク

◆実家は八王子

萩生田光一さんは、東京都八王子市の出身。

地元の共励(きょうれい)保育園を卒園後、八王子市立第十小字校へ通いました。

中学校は八王子市立第二中学校へ入学しますが、中3に進級するときに八王子市立ひよどり山中学校が新設。

学区の関係で、萩生田さんは新設校への転校を余儀なくされます。

第二中の生徒会長であり、野球部のキャプテンでもあった萩生田さん。

転校に納得いかず、父親の友人宅に住所を移して抵抗しました。

最終的には野球部の顧問の先生から、

お前がそういう態度を続けていると、転校を決心した者も残る者も動揺をする。ルールなんだから理解してくれ。俺も一緒に行くから

と説得され、転校を決意します。

転校先でも野球部を創りましたが、道具はなくグランドはでこぼこ。

来る日も来る日も校庭を整備するために、トンボをかけ石ころを拾いました。

校歌も校章もなく、制服もバラバラ。

何でこんなところへ来てしまったのだろう…

と、不満たらたらでしたが、卒業の頃には愛校心が芽生えていたそうです。

高校は、早稲田実業高等部へ進学。

学業優秀な生徒が集まっているせいか、萩生田さんは悪目立ちをするようになります。

ある時は、高田馬場で朝鮮高校の生徒と大乱闘を起こし、警察を呼ばれて停学。

またある時は、卒業パーティーのパー券を売り歩いているのがバレて停学になりました。[3]

それでも文部科学大臣となられてます…

素行が悪かったため、早稲田大学へ内部進学出来なかった萩生田さん。

一浪して、明治大学商学部へ進みます。

大学在学中より黒須隆一(くろす・りゅういち、元八王子市長)さんの秘書をつとめ、政治の世界に入りました。

◆家族構成

萩生田光一さんの実家の家族構成は、父親、母親、萩生田さんです。

兄弟がいるかどうかは分かりません。

自身の家族は、一般人の妻との間に、娘と息子がいます。

◆父親は大地主?

萩生田光一さんの父親の名前は、萩生田守曠(はぎうだ・もりあき)さん。

父・守曠さんは、八王子の大地主だと言われています。

2016年11月には、父親が所有するマンションの一室を、自民党東京都第24選挙区支部が事務所としていたことがニュースとなりました。[4]

3年半の間に637万円の公金が、家賃として流れていたことが問題というわけですね

まあ、実際に事務所として使用されていたのかもしれませんが、「李下に冠を正さず※」ということなのでしょう。

※「すももの木の下で冠を直すような、他人から疑われかねない行動は慎まなくてはならない」という意味

◆母親

萩生田光一さんの母親の名前は、萩生田芳江(はぎうだ・よしえ)さん。

母・芳江さんは、2006年7月11日に亡くなっています。

NEXT 妻と娘、息子について

コメント

タイトルとURLをコピーしました