小林鷹之の『家族』~弁護士妻との間に娘が一人…実家の父親の職業は?

自由民主党に所属する衆議院議員、小林鷹之さん。

あだ名はコバホークです!

今回は、そんな小林さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:小林鷹之(こばやし たかゆき
生年月日:1974年〈昭和49年〉11月29日
身  長:186cm
出身地 :千葉県市川市
出身大学:東京大学法学部
スポンサーリンク

◆生い立ち

小林鷹之さんは、千葉県市川市生まれ、浦安市育ち。

小学校は地元の、浦安市立美浜南小学校に通いました。

小林さんは、幼いころからスポーツ大好き。

38度超の熱を出しながら、校内マラソン大会で1位をとりました!

中学校は、開成中学校へ進学。

中高はバスケットボール一筋で、都大会ベスト16まで進んでいます。

中学校3年時には、生徒会長を務めました。

高校は、開成高等学校へ内部進学。

高校3年生時の体育祭では「坊主」をかけて戦いに挑みますが、敗れてしまいます。

人生初の丸刈りを経験しました😭

1年間の浪人を経て、東京大学教養学部(文科Ⅰ類)へ入学。

合格発表当日にボート部に入り、大学4年時には主将を務めました。

ボートは団体競技なので、1人が抜けると練習できなくなります。

小林さんは、

キャプテンが抜けて就職活動をする訳にはいかない

という理由で、4年の時に留年してしまいました。

ちなみに、「エイト」という船に乗る8人全員が留年しました(笑)

結局、2年遅れて大蔵省に入った小林さん。

高校のときの後輩が、先輩として働いていて、お互いにやりにくかったそうです。

◆家族構成

小林鷹之さんの実家の家族構成は、父親、母親のほかに、弟さんがいらっしゃいます。

自身は、2006年11月に結婚しており、奥様との間に娘が1人います。

◆父親の職業は?

小林鷹之さんの父親の名前は、小林泰芳(こばやし・やすよし)さん。[1]

1942年生まれになります。

父・泰芳さんの職業は、サラリーマンとのこと。

株式会社ノダ(東証2部上場)で取締役や監査役を務めた方に、同姓同名の方がいます。

この方の生年月日が1942年2月1日ということで、名前と生年が一致します。

おそらく小林さんのお父上でしょう

父・泰芳さんは2015年3月28日、73歳で亡くなっています。

◆母親

小林鷹之さんの母親は、ご健在です。

2020年10月には、お母さんの誕生日会を開いているので、まだまだお元気ですね。

ちなみに写真の方は、お母様ではありません。

◆兄弟

小林鷹之さんには、弟さんがいます。

2010年9月4日のブログには、

今日は妹の結婚式に出席しました

とあります。

妹さんもいるのでしょうか?

実は「妹」というのは、8歳年下の従姉妹のおはなし。

この「妹」の結婚式に、ホンモノの「弟」さんと一緒に出席していたみたいですね。[2]

NEXT  弁護士の妻と娘について

コメント

タイトルとURLをコピーしました