旗手怜央の『家族』~結婚してる?父親は元PLの旗手浩二選手…母親と姉について

セルティックに所属する、旗手怜央選手。

父は元甲子園球児です!

今回は、そんな旗手さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:旗手怜央(はたて・れお)
生年月日:1997年〈平成9年〉11月21日
身長/体重:171cm/70kg
血液型:A型 [1]
出身地:三重県鈴鹿市
スポンサーリンク

◆生い立ち

旗手怜央さんは、三重県鈴鹿市の出身。

幼少期から活発な子で、幼稚園に入る前の3歳から補助輪を外した自転車を乗り回しました。

高低差のある荒れ地で「仮面ライダーごっこ」をし、自転車でジャンプを繰り返したのだとか。

パンク修理に行った自転車店では、

こんな小さな自転車の修理は初めて

と驚かれたそうです。

芝生だった幼稚園の庭でサッカーボールに触れたのが、サッカーとの出会いと言えるかもしれません。

小学校は地元の、鈴鹿市立牧田(まきた)小学校に通いました。

小学校3年生の時、小学校の少年団で本格的にサッカーを始めた怜央さん。

もっとうまくなりたい!

という思いで、4年生からFC四日市ジュニアでプレイしています。

中学校は、鈴鹿市立創徳(そうとく)中学校へ進学。

チームはそのまま、FC四日市で腕を(足を?)磨きました。

高校を選ぶときは、

プロになりたい、うまくなりたい

という思いを優先して、個の技術を大切にしている静岡学園高等学校へ越境入学。

キングカズこと、三浦知良(みうら・かずよし)さんを輩出した学校です。

三浦知良の『家族』~愛妻と息子たちと旅する広大なサッカーの世界
今日の日本サッカーの礎を築いた伝説的プレイヤー、三浦知良選手。 最近、世界最年長でのゴールがギネスブックに残りましたが、それすらも伝説のひとつでしかありません。 そのテクニックは、50歳を越えた今でも健在。 今回は、日本サッカーのレジ...

当時150人の部員がいる中、1年生の後半から少しずつ出場機会を得て、2年生からはレギュラーに定着。

高校2年次には、全国高校サッカー選手権に出場し、チームのベスト8進出に貢献しました。

大学は、順天堂大学へ進学。

1年生ながら関東大学サッカーリーグ戦で9得点をあげて、新人王を獲得しました。

2年生からは全日本大学選抜や世代別代表を経験し、3年生の時、川崎フロンターレへの入団が内定しています。

◆結婚してる?

旗手怜央さんの実家の家族構成は、父親、母親、姉、怜央さんの4人家族です。

自身は独身であり、自らの家族はこれから築くことになります。

◆父親は元PLの旗手浩二選手

旗手怜央さんの父親の名前は、旗手浩二さん。[2]

1966年度の生まれになります。

実は父・浩二さんは、野球界でちょっと知られた存在です。

名門PL学園で「KKコンビ」として知られた清原和博(きよはら・かずひろ)さん、桑田真澄(くわた・ますみ)さんの1学年上に在籍。

清原和博の『家族』~離婚した妻・亜希との間に息子が2人…再起を亡き母親に誓う
プロ野球選手として数々の伝説を残した、清原和博さん。 中学時代の夢は中森明菜との結婚でした! 今回は、そんな清原さんを取り巻く『家族』の物語です。 ◆父親の職業は? 清原和博氏のお父さんの名前は、...
桑田真澄の『家族』~元CA妻との間に息子が2人…長男は元独立L選手、次男はMatt
KKコンビとして甲子園を沸かし、ジャイアンツのエースとしても活躍した、桑田真澄(くわたますみ)さん。 特技はピアノです! 今回は、そんな桑田さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 名  前:...

遊撃手として甲子園に出場し、春夏連続準優勝を経験しました。

社会人野球の本田技研鈴鹿(現ホンダ鈴鹿)では都市対抗で優勝するなど、長年活躍し、監督も務めています。

こんなお父さんだったら、怜央さんがサッカーの道に進んだのは不思議ですよね?

この疑問に対し、浩二さんは、

僕自身が親から野球、野球と言われたのもあり、自分が子供にそう言うのは嫌だった

と説明します。

おかげで、サッカー界は有能な選手を一人確保することができたのでした。

NEXT  母親と姉について

コメント

タイトルとURLをコピーしました