ラモス瑠偉の『家族』~現在のお嫁さんとは再婚…息子は監督、娘は歌手

今でこそ、W杯は日本が出場することが当たりまえになってきましたが、24年前までは日本代表にとって、とてつもなく高い壁だったのをご存知でしょうか?

初のW杯出場が期待されたアメリカW杯アジア予選で、今も語り継がれる「ドーハの悲劇」。

当時日本代表の中心的プレイヤーだった選手の一人が「ラモス瑠偉」さんです。

ブラジルから日本へ帰化し、日の丸を背負って戦った侍の家族についてまとめました。

【本人プロフィール】
日本名:ラモス瑠偉(らもす・るい)
ブラジル名:ルイ・ゴンサゥヴェス・ラモス・ソブリニョ(Ruy Gonçalves Ramos Sobrinho)
※ブラジル読みではルイではなく「フイ」、ラモスではなく「ハモス」
生年月日:1957年2月9日(61歳)※2018年6月
出身地:ブラジル・リオデジャネイロ
身長/体重:181cm/71kg
現役時代所属チーム:
サージFC(ブラジル州リーグ1部1975-1977)
→読売クラブ/ヴェルディ川崎(1977-1996)
→京都パープルサンガ(1996-1997)
→ヴェルディ川崎(1997-1998)

スポンサーリンク




◆ラモス瑠偉の家族構成

ラモス瑠偉さんのブラジル時代の家族は、会計士の仕事をしていたお父さんのフーベンさんと、専業主婦の母、マリアさん、そして5人の兄妹と一緒に8人で暮らしていました。

日本に来てからは、奥様と息子と娘の4人暮らしをしています。

奥様とは死別されましたが、その後2015年に一般女性と再婚しています。

◆帰化は元妻のため

ラモス瑠偉さんと奥様は初音(はつね)さんといい、おしどり夫婦としても知られていました。

二人の間には一男一女の子供にも恵まれました。

当時、所属していた読売クラブから、日本に帰化するよう勧められたラモスさん。

“外国人枠を有効に使いたい”

というクラブ事情もあり、ラモスさんは自身の人生が天秤にかけられているように感じてムッとしました。

しかし、妻のことを考えると、

“妻(初音)の両親は快く一人娘をガイジンの俺にくれた、俺はとんでもない馬鹿野郎だった。何かの形で日本に恩返ししないとこれでは筋が通らない”

と反省。

その後、すぐに日本国籍取得の申請を届け出ました。

ちなみに本名「Ruy」の当て字「瑠偉」は、初音さんが考えたのだそうです。

◆最愛の妻は…

帰化した時点では、日本代表のことまで頭になかったラモス瑠偉さん。

日本代表に初招集された時には、夢のようで嬉しくて涙がこぼれ、

“もうブラジル人ではなく日本人になったのだ”

と実感したのでした。

Jリーグ開幕後から、ベストイレブンなど数々の賞を獲得し、名実ともに日本を代表するフットボーラーとしてその地位を全うしたラモスさん。

1998年に引退を決意すると、2005年にビーチサッカー日本代表監督に任命され、初出場で4位という好成績を修めました。

次の年からは本格的に監督業を始めます。

古巣である東京ヴェルディの監督に就任し、当時15歳だった元日本代表・森本貴幸選手(現福岡アビスパ)を抜擢します。

ヴェルディの監督は1年で退任したものの、チームをJ1に昇格させた実績を買われ、再度ビーチサッカー日本代表の監督に抜擢されました。

2011年イタリアビーチサッカーW杯の出場権を獲得した矢先に悲劇が襲います。

最愛の妻・初音さんがガンを患ったのです。

奥さんは

“退院したらW杯に一緒に行って応援するからね”

と言っていたそうです。

しかし、医者からの宣告では、「余命1ヶ月」でした。

入院してから10日後に容体が急変し、帰らぬ人となった初音さん。

ラモスさんは最後まで、奥さんにガンであることを話せなかったそうです。

◆現在のお嫁さんとは再婚

ラモス瑠偉さんは、2015年11月に現在のお嫁さんと再婚しました。

再婚した奥さんの名前は俊子さん。

年齢はラモスさんより21歳年下で、南方系のハッキリした顔立ちの美人さんです。

2016年、今度はラモスさん自身に病魔が襲い掛かります。

脳梗塞でベッドから落ち、緊急入院になってしまいました。

奥さんがベッドから落ちたラモスさんに気付いて、病院に連絡したそうです。

“妻が居なければ、あのまま死んでいたかもしれない”

と話すラモスさんが印象的でした。

◆息子は父の後を継ぎ監督業へ

ラモス瑠偉さんの息子さんは「ラモス・ファビアノ」さんと言う名前です。

サッカー選手としてブラジルのチームに留学した後に、JAPANサッカーカレッジの選手として活動していました。

Jリーグデビューは出来なかったものの、父親が監督を務めるFC岐阜の下部組織の監督をされています。

お父さんの引退試合の時には、選手として出場していました。

◆娘は歌手に

ラモス瑠偉さんの娘さんは、現在歌手として活躍する「FABiANA(ファビアナ)」さんです。

歌手デビューしてからお父さんに報告したそうで、しかもその報告が「就職が決まった」というもの。

ラモスさんは普通のお父さんのように喜んでいたら、就職というのは、歌手デビューの事だったようで(笑)。

その後ラモスさんのブログで娘さんの歌手デビューを報告したところ、娘さんのブログにアクセスが殺到しました。

ファビアナさんは

“お父さんの影響力って本当にすごい!”

と今さらのように驚いています。

◆まとめ

現在もビーチサッカー日本代表監督として忙しい毎日を送っているラモス瑠偉さん。

ロシアW杯での日本代表の活躍に期待しているとBlogでも言っています。

日本代表に対する熱いコメントとビーチサッカー日本代表の活躍にも期待しましょう。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO