スポンサーリンク

上原多香子の『家族』~旦那さんの不幸を乗り越えて…待望の子供を出産




SPEEDのメンバーで、女優としても活動する、上原多香子さん。

今回は、そんな多香子さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:上原多香子(うえはら・たかこ)
生年月日:1983年1月14日(35歳)※2018年12月現在
身長:159cm
血液型:A型

スポンサーリンク

◆実家は沖縄

上原多香子さんは、沖縄県豊見城(とみぐすく)市の出身。

父親の転勤で、2歳から7歳まで千葉県八千代市で暮らしましたが、再び沖縄へ戻りました。

沖縄へ戻ると、小学校の時に沖縄アクターズスクールへ入り、「SPEED」のメンバーに選ばれます。

中学校は沖縄の興南中学校に通いましたが、「SPPED」デビューのため、中学2年の夏休みに東京の中学校へ転校。

東京の中学校では一時期、多香子さん(3年)、今井絵理子さん(2年)、島袋寛子さん(1年)と、同じ中学に通っていました。

高校は、東京都立代々木高等学校(現・東京都立世田谷泉高等学校)を卒業しています。

◆父親は心不全で…

上原多香子さんのお父さんの名前は、上原耕緑(うえはら・こうろく)さん。

お父さんはとても歌が好きな方で、多香子さんの音楽的才能は父親譲りかもしれません。

父・耕緑さんは若いころから病気がちで、人工透析を受けていました。

しかし、お父さんは闘病中も一人でカラオケに行き、5時間もマイクを握り続けていたそうです。

多香子さんが歌手になったことを一番喜んでくれたのも、お父さんでした。

2010年10月5日、父・耕緑さんは心不全のため沖縄県内の病院で亡くなります。

病状の悪化を聞いた多香子さんは、仕事をキャンセルして都内から帰郷しましたが、父の最期には間に合いませんでした。

享年60歳の若さでした。

◆母親の名前は?

上原多香子さんのお母さんの名前は、恵子(けいこ)さん。

実は多香子さんは、子供のころから人見知りで内気な性格。

この性格を直す為、沖縄アクターズスクールに入ったのは、お母さんのススメでした。

「SPEED上原多香子」は、お母さんの存在無くては誕生しなかったのです。

多香子さんは大人になってから、お母さんに沖縄料理の作り方を習いました。

一緒に暮らしている間に、もっと色々なことを教わっておけばよかった

と話す多香子さんですが、一緒に暮らした時間が短かったから仕方ないですね。

◆親代わりの姉

上原多香子さんには、7歳年上のお姉さんがいます。

お姉さんは、音大でオペラを専攻したそうなので、音楽一家ですね。

多香子さんは、上京後しばらくはメンバー4人で一緒に生活していましたが、高校に進学してからは、お姉さんが一緒に暮らして面倒をみてくれました。

早くに実家を出た多香子さんにとって、お姉さんは親代わり。

芸能界で周囲の人が何でもやってくれる環境にいると、つい

“ありがとう”

という言葉を忘れてしまいがちですが、そんな時もお姉さんは厳しく叱ってくれたそうです。

今でも姉夫婦と仲が良い多香子さん。

お互いに合鍵を持っており、よくお互いの自宅に遊びに行っています。

◆兄の年齢は?

上原多香子さんには、5歳年上のお兄さんもいます。

お兄さんもすでに結婚していますが、奥さんとの初デートは「斎場御嶽」だったのだとか。

何だか葬儀場みたいな名称ですが、沖縄にある由緒ある史跡です。

しかし、初デートに選ぶには珍しい場所のようで、

“渋すぎるでしょ!”

と、多香子さんのツッコミがはいっていました(*^_^*)

◆旦那さんとの馴れ初めは?

上原多香子さんは、2012年8月23日に結婚しています。

旦那さんは「ET-KING」のTENNさん。

1978年12月11日生まれなので、多香子さんより5歳年上になります。

2人のなれそめは、2011年2月の音楽イベントで共演したこと。

TENNさんからの食事のお誘いに多香子さんが応じて、3ヶ月後には交際に発展しました。

2011年12月、TENNさんは自分の誕生日にプロポーズします。

プロポーズの言葉は、

“誕生日って、自分のいちばん欲しいものがもらえるんだよね?
結婚してください…”

ET-KINGの歌詞のように、ストレートで温かいものでした。

◆旦那さんの死因が遺書に…?

結婚後は、TENNさんの故郷・大阪に移り住み、愛を育んでいたはずの2人。

しかし、結婚からわずか2年後の2014年9月25日、TENNさんは帰らぬ人となりました。

旦那さんの死因は自殺。

2017年になって遺書が公開されています。

多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。

なぜか遺書には俳優の阿部力さんの名前が…

きっと阿部力となら乗りこえられると思います。次は裏切ったらあかんよ。

遺書の最後には、

がんばって トントンとお幸せに

とありますが、「トントン」は阿部力さんの愛称です。

多香子さんは阿部力さんと特別な関係にあり、それが自殺の原因となったのかもしれません。

もちろん、多香子さんは旦那さんの死後すぐに、この遺書を読んでいるのですが、後になってこの遺書が明るみになった理由は何なのでしょうか?

◆子供はいる?

前述のTENNさんの遺書には、

子供が出来ない体でごめんね

とありました。

事実、2人の間には子供はいませんでしたが、あるいはTENNさんに原因があったのかもしれません。

このことがTENNさんを苦しめ、2人の距離を引き離してしまった可能性もあるでしょう。

◆コウカズヤ氏と再婚

上原多香子さんは、2018年9月13日に再婚しています。

再婚相手は、劇作家・演出家のコウカズヤさんです。

コウさんは、1977年6月10日生まれなので、現在(2018年12月)41歳。

2人の馴れ初めは2017年4月、多香子さんの初主演舞台『光と影からの恵み』の作・演出をコウさんが手がけたことでした。

◆待望の子供を出産

そして2018年12月17日、上原多香子さんは待望の子供を出産しました。

子供は男の子で、母子ともに健康。

多香子さんはしばらくの間、家事・育児に専念するとのことです。

コウさんは自身のツイッターで、

“誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!家族を守ります!もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!”

と、父親になる決意をつづっています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、上原多香子さんの活躍の陰には、波乱万丈の人生がありました。

辛い経験を乗り越えて、ようやく訪れた幸せ…

色んな意見もあると思いますが、『家族』の力で乗り切ってほしいと思います。

《特選記事!》

コメント

タイトルとURLをコピーしました