堀米雄斗の『家族』~父親もスケートボード選手。母親と2人の弟について

スケートボード競技で日本代表をつとめる、堀米雄斗さん。

今回は、そんな雄斗さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:堀米雄斗(ほりごめ・ゆうと)
生年月日:1999年〈平成11年〉1月7日
身長/体重:170cm/55kg
血液型:AB型 [1]
出身地:東京都江東区
スポンサーリンク

◆生い立ち

堀米雄斗さんは、東京都江東区の出身。

小学校は地元の、江東区立東砂(ひがしすな)小学校に通いました。

6歳の時、近所の公園でスケートボードを始めたことをきっかけに、競技を始めます。

小学生のときには、

アメリカに家を建てる

と公言し、周りに笑われたことがあるそうです。

奇しくもその夢は、21歳で実現しています

中学校は、江東区立砂町(すなまち)中学校へ進学。

中学になると、本格的にストリートの種目を始め、千葉県東京足立区のスケートボード場で技術を磨きました。

高校は、聖進学院高等学校へ進学。

アメリカに家を建てる

と言う割には英語が苦手で、高校の先生に、

 

小文字を書きなさい

と言われ、

大文字のABCを小さく書いた

というエピソードが残されていました。

高校卒業後は渡米し、スケボーの本場を拠点にプロとして活躍しています。

◆家族構成

堀米雄斗さんの実家の家族構成は、父親、母親、雄斗さん、弟2人の5人家族です。

自身は独身であり、自分の家族はこれから築くことになります。

◆父親もスケートボード選手

堀米雄斗さんの父親の名前は、堀米亮太さん。

1975年頃の生まれになります。

父・亮太さんもスケートボード選手。

最初はお父さんがスケートボードを気兼ねなくやりたくて、雄斗さんをダシに使って始めさせたのだそうです。

しかし、息子の才能に気づくと、徹底的に英才教育をほどこし、基礎を叩き込みました。

東京オリンピックでメダルがかかった一戦。

父・亮太さんの姿は、会場にはありませんでした。

なんと、自宅近くの河川敷をサイクリングしていたのだとか🚲

心臓に悪いし、性に合わない

と言うのが理由です。

結局、同僚からの電話で朗報を聞いた亮太さんは、再放送を見ながら、

良くやった。もう別世界の人間みたいだよ

と、喜んでいました😉

◆母親

堀米雄斗さんの母親は、メディアに登場することはありません。

しかし、お父さんのコメントから、確かな存在を感じることができます。

◆2人の弟

堀米雄斗さんには、2人の弟がいます。

しかし、2人ともスケートボードはしていないのだとか。

理由は、父・亮太さんが、

こいつはロクなヤツにならなそうだから何かさせた方が良いかなって思った

ということで、雄斗さんだけにスケートボードを教えたのです。

結果として、ゴールドメダリストになってしまいましたね🥇

◆まとめ

これまで見てきた通り、堀米雄斗さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、雄斗さんの挑戦は続いていきます😉

◇脚注

  1. スポーツ報知 2021年7月25日 【知ってる?】堀米は6歳からスケボー始め、高校卒業後に渡米
スケートボード選手!
四十住さくらの『家族』~兄に憧れて始めたスケボー。競技を支えた実家の父と母
スケートボード競技で東京五輪金メダリストとなった、四十住さくら選手。 子供の頃の夢は「保育園の先生」です! 今回は、そんなさくらさんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:四十住さくら...
西矢椛の『家族』~実家は大阪松原。父親はメイハン勤務…母親と兄について
スケートボード日本代表をつとめる、西矢椛選手。 お笑いの「千鳥」が好きです 今回は、そんな椛さんを取り巻く『家族』の物語です。 【プロフィール】 名前:西矢椛(にしや・もみじ) 生年月日:200...

コメント

タイトルとURLをコピーしました