伊調馨の『家族』~結婚した夫は韓国人で子供が?姉は現在…?

リオ五輪に向けて、レスリング王者の伊調馨選手に注目が集まっています。

今回は、そんな馨さんを育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の画像!

伊調馨選手のお父さんの名前は、伊調春行さん。

お父さんの年齢は、2008年11月の時点で56歳なので、現在は63歳になります。

お父さんは以前、娘2人と共に、キリンビールのCMに出演したことがあります。

そのCMは、台本・演出が一切なく、“素”の会話を披露するものでしたが、親子で本音を語り合い、味のあるCMに仕上がりました。

その時の画像がこちら。

160130_伊調馨の家族2

お父さんは、馨さんの五輪4連覇の可能性について、次のように語っています。 

本人が決めること。引退しろとか、続けろとか、4連覇を目指せ、とかは一切言いません。「もういい」と言えば、それでいい。どっちにしても応援するだけです。

 ◆母親の名前は?

伊調馨選手のお母さんの名前は、伊調トシさん。

お母さんは勝負には厳しい方で、

試合になったら死んでも勝て

とまで言う人です。

それだけに、馨さんが五輪3連覇を達成した時は、

最高の試合でした。応援ありがとうございました

と喜んでいました。

しかし、お母さんは、馨さんがリオ五輪で4連覇へ挑戦する姿を観ることが出来ません。

なぜならば、2014年11月に、脳挫傷で急逝されてしまったからです。

お母さんは青森県の自宅で倒れ、その際に頭部を強打し、馨さんら家族が駆け付けましたが、意識のないまま亡くなられました。

まだ、65歳という若さで、あまりにも突然の別れとなりました。

◆兄の職業は?

伊調馨選手にはお兄さんがいて、名前は伊調寿行(としゆき)さん。

伊調姉妹がレスリングを始めたきっかけは、兄・寿行さんが地元クラブでレスリングをやっていたから。

お兄さんなくして、伊調姉妹の活躍はなかったのです。

お兄さんの戦歴は、全日本ジュニア選手権大会で3位入賞し、専修大学時代には全日本大学選手権大会で4位の成績を収めました。

現在は、馨さんも所属する「ALSOK」レスリング部のコーチを務めています。 

◆姉は現在…?

伊調馨選手のお姉さんは、言わずと知れた伊調千春さん。

1981年10月6日生まれなので、現在の年齢は34歳になります。

お兄さんの影響で5歳からレスリングを始め、京都の網野高校から東洋大学へと進学し、女子レスリングの強豪として活躍しました。

2002年4月、女子レスリングの強豪校として知られる中京女子大学(現・至学館大学)へ再入学し、迎えたアテネ五輪で銀メダルを獲得。

2008年の北京五輪では金メダルを目指しましたが、決勝で敗れ、2大会連続銀メダルとなりました。

2010年4月より青森県立八戸西高等学校教諭となり、現在は現役を引退しています。 

◆結婚した夫は韓国人で子供が?

伊調馨選手のことを調べると、「結婚」「夫」「子供」というキーワードが目につきます。

馨さんは、結婚して夫や子供がいるのでしょうか?

結論としては、現在独身で、夫も子供もいませんが、このような噂が出た事には理由があります。

馨さんには、結婚目前といわれた韓国人男性の存在があったのです。

お相手の名前はチェ・ワンホさん。

江口洋介さん似のイケメンで、韓国のレスリング元王者でした。

2人は2007年春にアジア選手権で出会い、同じ年の夏に馨さんが韓国への「出稽古」した際に再会。

2008年の北京五輪後に、馨さんが引退を表明したのは、ワンホさんの存在が無関係ではないでしょう。

しかし、馨さんは直後に引退を撤回し、10ヶ月のカナダ留学を経て、2012年のロンドン五輪では3連覇を達成しました。

現在、馨さんとワンホさんは、交際していないそうですが、ワンホさん、今でも独身なのだそうです。

リオ五輪後に、まさかの逆転劇があるのかもしれませんね! 

◆まとめ

2014年にお母さんを亡くした馨さんは、直後の全日本選手権で、なかなかモチベーションを上げることが出来ませんでした。

しかし、結果は「失点ゼロ」の完全優勝でV11を達成。

天国から見守るお母さんは、リオ五輪でも馨さんに力を与えてくれることでしょう。

《レスリング日本代表!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です