須崎優衣の『家族』~父親も姉も早大レスリング部出身。成人式は母の振袖で…

女子レスリングの日本代表、須崎優衣選手。

東京2020の旗手に選ばれました!

今回は、そんな須崎さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:須崎優衣(すさき・ゆい)
生年月日:1999年〈平成11年〉6月30日
身長:153cm
出身地:千葉県松戸市
スポンサーリンク

◆生い立ち

須崎優衣さんは、千葉県松戸市の出身。

小学校は地元の、松戸市立六実(むつみ)第三小学校に通いました。[1]

小学校1年の時に松戸ジュニアレスリングクラブでレスリングを始め、3年の時に全国少年少女選手権で優勝します。

翌年の全国大会は決勝で負けましたが、最後の2年間はチャンピオンに返り咲きました。

小学5年生のときに吉田沙保里(よしだ・さおり)選手に憧れ、

オリンピックでメダルを取りたい!

と考えるようになります。

吉田沙保里の『家族』~結婚は?父 急死の原因?母の画像!兄の耳?
女子レスリング3大会連続五輪金メダリスト・吉田沙保里選手。 今回は、そんな吉田選手を育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 ◆実家・父親の急死の原因は? 吉田沙保里選手のお父さんの名前は、吉田栄勝さん。 1952...

中学は松戸市立六実(むつみ)中学校に進学しましたが、中学2年からは東京・北区立稲付(いなつけ)中学校に転校しています。

日本オリンピック委員会が有望選手を集めてエリート教育を施す、全寮制のJOCエリートアカデミーに入寮したためです。

中学時代の(レスリングの)成績は華々しく、全国中学生選手権と全国中学選抜選手権をそれぞれ3連覇し、中学6冠を達成。

ジュニアクイーンズカップ、ジュニアオリンピック、全日本女子オープンも全勝。

クリッパン女子国際大会、世界カデット選手権でも勝利し、中学時代は国内外全ての試合で勝利したことになります。

高校は東京都北区にある安部学院高等学校へ進学。

前年に続き世界カデット選手権を制覇しましたが、シニアの日本一を決める全日本選手権で永遠のライバル・入江ゆき選手が立ちはだかります。

7歳年上である入江選手に0-10のテクニカルフォール負けを喫し、中学1年からの連勝記録が「83」で止まりました。

入江選手とは、この後、何年にもわたり、死闘を繰り広げることとなります

大学は早稲田大学スポーツ科学部に進学しています。

◆家族構成

須崎優衣さんの実家の家族構成は、父親、母親、姉の4人家族です。

自身は独身であり、自分の家族はこれから築くことになります。

◆父親は早大レスリング部出身

須崎優衣さんの父親の名前は、須崎康弘さん。[2]

1962年頃の生まれになります。

父・康弘さんは、須崎選手と同じく、早大のレスリング部出身。

オリンピックで活躍した日本代表の試合をビデオに収め、自宅でよく見ていました。

須崎選手は、父親と一緒にビデオを見る中で、吉田沙保里さんのタックルに魅了されてしまったのですね。

須崎さんは、

父は、負けたら厳しいことを言ってきましたが、勝つことを求めながら楽しくやることを教えてくれました

と、康弘さんに感謝しています。

そんなお父さんの職業は、元々銀行に勤めていましたが、財務コンサルタントとして独立。

その後、訪問歯科事業の(株)デンタルネットで代表取締役社長を務めていました。

現在、同社の社長は別の方になっているようですね。

◆成人式は母親の振袖で

須崎優衣さんの母親は、あまりメディアに登場しません。

その代わり、母親の振袖が注目された事があります。[3]

須崎選手は成人式に、母親のお下がりの振袖で出席したのです。

クリーム色のキュートな晴れ着に身を包んだ優衣さんは、

変身してうれしかったです

と喜びを語りました。

◆姉もレスリング選手

須崎優衣さんにはお姉さんがいて、名前は須崎麻衣さん。[4]

年齢は、優衣さんより4歳年上になります。

実は姉の麻衣さんも、早大のレスリング部出身。

優衣さんは、

姉の仕事が休みの時は一緒に打ち込みをやってもらった

と話しており、心身ともに優衣さんを支えてくれる存在です。

◆まとめ

これまで見てきた通り、須崎優衣さんの活躍の陰には、温かく支えてくれる『家族』の姿がありました。

これからも家族のサポートを受けながら、須崎選手の挑戦は続いていきます😉

◇脚注

  1. 松戸市公式ホームページ 2021年4月28日 須崎 優衣(すさき ゆい)選手
  2. 国際ファッションセンター産業支援ページ 2021年7月7日確認 株式会社デンタルネット
  3. 東京新聞 2020年1月14日 新成人 未来への誓い 浦安の1677人をミッキーら祝福
  4. Sports Graphic Number 2020年8月2日 “姉妹タッグ”で試合勘キープ。須崎が激戦の五輪切符へ再始動。

コメント

タイトルとURLをコピーしました