山田喜代子(キーボー)の『家族』~父は認知症?母・旦那・子供は?

ヒット曲「3年目の浮気」で知られるヒロシ&キーボーのキーボーこと山田喜代子さんが、顔を殴られケガをしました。

今回は、この事件の背景となっている家族関係を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆ヒロシ&キーボーとは?

山田喜代子さんは、1957年に静岡県浜松市で生まれました。

歌手を目指して上京し、アルバイトをしながらボイストレーニングに励み、1982年「ヒロシ&キーボー」のキーボー役として歌手デビュー。

ファーストシングル「3年目の浮気」は、デビュー曲ながら130万枚を売り上げる大ヒットとなりました。

しかし、その後はヒット曲に恵まれず、わずか2年で解散しています。

151022_山田喜代子の家族

◆父親は認知症?

山田喜代子さんの父・四郎さんは、現在82歳。

お父さんは、静岡県浜松市で喜代子さんと一緒に暮らしますが、認知症をわずらっており、24時間 目が離せない状態です。

特に、お母さんに対し暴力を振るってしまうことが問題でした。

◆母親は半身まひ?

山田喜代子さんの母・晴子さんも、お父さんと同じ82歳。

お母さんも喜代子さんと同居していますが、脳梗塞になってしまい右半身がまひしている状態です。

喜代子さんはダブル介護に追われており、精神安定剤を服用するほど追いつめられていました。

◆旦那・子供は?

山田喜代子さんは、ヒロシ&キーボー解散後、地元浜松でピアノトリオとのジョイントライブを中心に活動し、ジャズシンガーとしての一面を打ち出しています。

私生活は不明ですが、結婚されたという話はないので、旦那さんや子供さんはいないと思われます。

兄弟姉妹の存在も感じられず、ご両親の介護負担は、喜代子さんの方に重くのしかかっていきました。

◆そして事件発生

そして2015年7月2日、山田喜代子さんが顔を殴られる事件が発生します。

殴ったのは父・四郎さん。 掃除用の水切りワイパーで喜代子さんの顔を殴り、擦り傷を負わせたとして、浜松中央署に逮捕されてしまいました。

人にケガを負わせる行為は、刑法第204条の「傷害罪」を構成し、法定刑は

15年以下の懲役または50万円以下の罰金

です。

なお、刑法第39条には

心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する

とあるため、認知症であるお父さんの罪は、不問とされるか軽減されると思います。

◆まとめ

介護はどこの家庭にもつきまとう難しいテーマですが、少なくとも一人で両親を介護するのは大変で、介護者本人が潰れてしまう可能性があります。

兄弟姉妹などがいない場合は、行政と相談して施設に預けるなど、少しでも負担を減らさなければ、

3年目までもたない♪

という笑えない結末が待っています。

《2016.7.25追記》

山田喜代子さんが、コンビニで万引きをしたとして、逮捕されてしまいました。

山田さんは容疑を否認していますが、防犯カメラに証拠映像が映っているそうです(-_-)


《マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、梨花さん、道端カレンさん、 平子理沙さん、優木まおみさん、IKKOさん、サエコさんが愛用する石鹸》
ガミラシークレット
最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと
スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です