塚原千恵子の『家族』〜息子も夫も体操金メダリスト…他に子供は?

日本体操協会の女子強化本部長を務める、塚原千恵子さん。

今回は、そんな塚原本部長を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:塚原千恵子(つかはら・ちえこ)
旧姓:小田千恵子
生年月日:1947年8月12日(71歳)※2018年8月現在
身長:155cm

スポンサーリンク




◆夫は元金メダリスト

塚原千恵子本部長は、1972年に現役引退し、結婚しました。

夫の名前は、塚原光男(つかはら・みつお)さん。

1947年12月22日生まれなので、ご夫婦は同い年ですね。

夫の塚原光男さんは、体操界のレジェンドと呼べる人物です。

メキシコ、ミュンヘン、モントリオールと3大会連続でオリンピックに出場し、いずれも金メダルを獲得。

1970年に跳馬で「ツカハラ跳び」、1972年には鉄棒で「月面宙返り(ムーンサルト)」の新技を開発しています。

現在は、日本体操協会の副会長を務めています。

◆息子も金メダリスト

塚原千恵子本部長と夫の間には息子さんがいて、名前は塚原直也(つかはら・なおや)さん。

1977年6月25日生まれなので、現在、41歳になります。

両親が体操のオリンピック選手であるにしては、競技開始は遅く、11歳から体操を始めています。

しかし、そこはサラブレット。

明大中野高校時代にインターハイを2連覇すると、、NHK杯3連覇、全日本選手権5連覇と、長きにわたって男子体操界のトップに君臨しました。

オリンピックは3大会連続出場し、2004年のアテネオリンピック団体総合にて金メダルを獲得。

これは、日本のオリンピック史上初の親子金メダリストとなった瞬間でもありました。

◆息子の国籍はオーストラリア?

そんな息子・塚原直也さんですが、プロフィールを見ると、国籍:オーストラリアとなっています。

ん?…塚原夫妻の息子で、日本代表としてオリンピックに3度も出場しているのに…?

記載間違いかとも思いましたが、実は間違いではありません。

息子さんは2009年よりオーストラリアに体操留学をし、オーストラリア国籍取得を前提に、ロンドンオリンピックへの出場を目指します。

しかし、国籍取得の手続きが間に合わず、ロンドン五輪出場の夢は叶いませんでした。

2013年4月にオーストラリア国籍を取得。

息子さんは、オーストラリア代表としてリオデジャネイロオリンピック出場を目指しましたが、オーストラリア代表選考会で3位に終わり、リオ五輪出場も果たせませんでした。

2016年3月、現役を引退しています。

◆他に子供はいる?

塚原千恵子本部長と夫の間に、他に子供はいるのでしょうか?

他に子供がいたら、塚原直也さんの兄弟という事になりますが、どうやら直也さんは一人っ子のようですね。

◆まとめ

これまで見てきたように、塚原千恵子氏の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、塚原氏の挑戦は続いていきますヽ(^o^)

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO