宮嶋泰子の『家族』~26歳で結婚した夫の職業は?子供はいる?

テレビ朝日のスポーツコメンテーターを務める、宮嶋泰子さん。

今回は、そんな宮嶋さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:宮嶋泰子(みやじま・やすこ)
生年月日:1955年1月9日(63歳)※2018年9月現在
最終学歴:早稲田大学第一文学部仏文科

スポンサーリンク




◆26歳で結婚した夫の職業は?

宮嶋泰子さんは、26歳の時に結婚しています。

ちなみに結婚資金も指輪も、全部、自分の貯金から賄ったのだそうです。

夫の名前は、宮嶋晃さん。

夫・晃さんは、宮嶋さんと同じく早稲田大学出身で、職業はプロデューサー業ということです。

2人の馴れ初めが早稲田大学時代なのか、テレビ業界で知り合ったのかは定かではありません。

◆夫の父親も業界人

宮嶋泰子さんの夫の父親は、宮嶋八蔵さん。

助監督や脚本家として多くの作品に関わり、特に溝口健二監督に大きな影響を受けた方です。

他にも吉村公三郎監督や新藤兼人監督作品の助監督を務め、『蜆川物語』の脚本やカネボウCMの企画・演出などをこなしました。

夫の晃さんも、父・八蔵さんの影響を受け、プロデューサー業に身を投じたのでしょう。

◆子供はいるのか?

宮嶋泰子さんに「子供がいる」という情報はありません。

本当にいないのかもしれませんし、情報管理を徹底しているのかもしれません。

◆実家は土建屋と材木屋

宮嶋泰子さんは、富山県高岡市で生まれ、2歳から神奈川県鎌倉市で育ちました。

実家は土建屋と材木屋をやっていたので、職人さん達が日常的に出入りし、「寺内貫太郎一家」のような家庭だったそうです。

いわゆる本家でもあったため、両親と兄弟の他に祖父母、曽祖母、叔父、叔母がいて、総勢11人の大家族でした。

◆父親も早稲田大学

宮嶋泰子さんの父親は、土建屋と材木屋の経営者ということになります。

「寺内貫太郎」のような頑固おやじを想像してしまいますが、実はお父さんは早稲田大学出身の文学青年だったのだそうです。

宮嶋さんは小学校の頃、お小遣い稼ぎのために、日本手拭いを頭に巻いて、材木を束ねるのを手伝ったりしていました。

すると、バス停を降りて歩いて家に帰るサラリーマンが、宮嶋さんが仕事をしているのを見て、

“子どもに労働させちゃいけない。訴えるぞ”

と投書してきたのだとか(>_<)

するとお父さんは、

“そんな事を言われるなら”

と、前面に材木を並べて見えないようにして、手伝わせてくれました。

宮嶋さんは中学、高校と、父親が晩酌をする時には、横に座って色んな話をしていました。

父親が材木の買い付けで九州に行く時にも、一緒に行くのは宮嶋さんでした。

宮嶋さんはとてもパパっ子なんですね。

◆母親と兄弟

宮嶋泰子さんの母親は、大家族を切り盛りするスゴイお母さんでした。

食事は2回に分けて準備していたそうです。

また、宮嶋さんには妹と弟もいます。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、宮嶋泰子さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、宮嶋さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

宮嶋泰子さんが書いた貴重な本を見つけました。

『中古』橋本聖子のすべて—五輪への挑戦

体操だけでなく、スピードスケート(自転車?)にも造詣が深いのですね。

しかし、貴重な本だけあって、結構な金額になっています(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO