宮川紗江の『家族』~実家の父親と母親…弟も体操選手?大学は?

日本を代表する女子体操選手である、宮川紗江選手。

今回は、そんな宮川選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:宮川紗江(みやかわ・さえ)
生年月日:1999年9月10日(18歳)※2018年8月
身長/体重:141cm/34kg

スポンサーリンク




◆実家は東京…大学は?

宮川紗江選手は、東京都西東京市の出身。

2歳から体操競技を始めており、幼少期から活発で、校内リレー選手に選ばれたこともありました。

小学校は西東京市立保谷第一小学校、中学校は西東京市立青嵐中学校を卒業しています。

高校は私立の西武台(せいぶだい)高等学校へ進学。

高校在学中に、リオデジャネイロオリンピックの代表に選ばれました。

高校卒業後、大学へは進学していません。

高校3年時に大阪体育大学と専属契約を締結しているので、誘いはあったんじゃないかと思いますが、現在はセインツ体操クラブに所属しています。

◆父親と母親

宮川紗江選手の両親については、名前等は明らかにされていません。

しかし、2歳から体操を始めさせる辺り、何らかの形で体操競技に関わっていたのではないでしょうか?

2018年8月、宮川選手のコーチである速見佑斗さんが、暴力行為で無期限登録抹消などの処分を受けてしまいます。

しかし、速見コーチと長年信頼関係を築いてきた宮川選手と両親は、この処分に納得できません。

宮川選手の父親は、日本協会の事務局長にメールで、

“保護者の面談も早急にお願いしたい”

との連絡を入れましたが、事務局長から連絡はなく、速見コーチに処分通知が届き、メディアで一斉に報道されました。

その後、事務局長より電話で、

“速見コーチの処分が執行された”

との連絡があり、宮川選手も両親も激怒したそうです。

◆協会は家族をも否定

速見コーチの処分から約1ヶ月前、宮川紗江選手は、女子強化本部長と体操協会副会長の待つ部屋へ呼び出されます。

速見コーチが除外されたあと、どうしたいかを聞かれた宮川選手は、

“これからも家族とともに、先生(速見コーチ)を信頼して、一緒にやっていきます”

と答えたところ、

“家族でどうかしている。宗教みたいだ”

と家族もコーチも否定され、宮川選手は、恐怖と苦痛でおかしくなってしまいそうでした。

◆弟も体操選手?

宮川紗江選手には、弟が1人います。

田中3兄弟のように、兄弟で体操をやる選手も多いので、弟さんも体操選手かもしれませんね。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、宮川紗江選手の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、宮川選手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

宮川紗江選手のスペシャルインサートカードを見つけました。

【中古】BBM/スペシャルインサートカード/フォトカード/BBM2015 体操NIPPON HANABI P12 [スペシャルインサートカード] : 宮川紗江(/100)

2015年だから、中学か高校の時でしょうか?

まだ初々しさがありますね(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO