平林都の『家族』~離婚した夫との間に娘が1人…実家の母は死別、父親は遊び人

マナー講師として活躍する、平林都さん。

鬼マナー講師と呼ばれてます!

今回は、そんな平林さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:平林都(ひらばやし・みやこ)
本  名:大前都
生年月日:1961年〈昭和36年〉5月14日
出身地 :鳥取県八頭郡若桜町
家族構成:娘
スポンサーリンク

◆実家・生い立ち

平林都さんは、鳥取県八頭(やず)郡若桜(わかさ)町の出身。

高校卒業後、本当は大学に行きたかったのですが、経済的な理由で断念します。

自分より成績の悪い同級生が大学へ進学していくのを見て、とても悔しい思いをした

という平林さんは、兵庫県の信用金庫につとめながら、茶道、華道、着付け、料理、話し方などあらゆるお稽古事を習いました。

大学に進学した友人に負けない教養を身につけようとしたのです。

そして、27歳で接遇マナーを講習する「エレガントマナースクール」開業しました。

◆母親

平林都さんの母親は、生まれてすぐに亡くなっています。[1]

母のいない自分が泣いても、誰もかまってくれない。それならば、笑顔でいよう。やりたくないこともすばやくやって、少しでも快く接してもらおう

こう考えたのが、マナー講師を志したバックボーンとなっているのでしょう。

◆父親

平林都さんの父親は、遊び人で家に寄りつかなかい人でした。[1]

そのため、平林さんは叔父夫婦の家で育てられています。

いつも食うや食わずの状態で、友達が身に着けているような洋服も着ることができませんでした

その反動か、マナー講師として成功した平林さんは、金銭感覚のバランスがありません。

1,000万円するような車を車検のたびに買い替え、ハンドバッグにはいつも150万円くらい持ち歩いています。

自宅のクローゼットには、ブランドものがぎっしり詰まっているそうです。

◆年の離れた姉

平林都さんには、年の離れたお姉さんがいます。[2]

平林さんにとってお姉さんは、叔父夫婦と同様、親代わりで面倒を見てくれる人でした。

◆夫とは離婚

平林都さんは、2010年3月に『踊る!さんま御殿!!』に出演し、夫と離婚したことを告白しました。

Youtubeでは、

若い時に遊びすぎやってね、もう祟りで今ひとり!あはは

とも話しているので、離婚原因は平林さんにあるのかもしれません。

◆娘が1人

平林都さんには、娘が1人います。

娘の出産予定日の2週間前まで働き、出産1週間後には復職して講演をこなしたそうです。

どうせやってもできないとか、子供を見てくれる人がいないとか、悩んだり、いい訳をするのは、時間がもったいない

平林さんらしいエピソードですね。

◆まとめ

これまで見てきた通り、平林都さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族への思いを胸に、平林さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. 女性セブン 2012年8月13日 マナースクール学院長の平林都さん バッグには常に150万円
  2. 女性セブン 2010年10月25日 「接遇」の平林都さん 大学進学できなかったことバネに躍進

コメント

タイトルとURLをコピーしました