鈴木宗男の『家族』~妻・典子さんとの間に息子が2人、後継者は娘・鈴木貴子

日本維新の会に所属する参議院議員、鈴木宗男さん。

疑惑の総合商社と呼ばれました!

今回は、そんな宗男さんを取り巻く『家族』の物語です。

名前:鈴木宗男(すずき・むねお)
生年月日:1948年〈昭和23年〉1月31日
血液型:B型 [1]
出身地:北海道足寄郡足寄町
出身大学:拓殖大学政経学部
スポンサーリンク

◆実家・生い立ち

鈴木宗男さんは、北海道足寄郡足寄(あしょろ)町の出身。

実家は農家で、

当時では中くらいの規模だった

ということですが、両親が毎日朝から晩まで働いても、生活が楽になることはありませんでした。

食事は、米に麦とキビを混ぜたご飯に漬物とみそ汁。

ランプで灯りをとり、暖房と言えば薪ストーブで、家に電気が通ったのは13歳の時でした。

そんな折、修学旅行で訪れた東京はまるで別世界でした。

舗装された道路に、見たこともないほどの数の人。

縦横無尽に走る鉄道に、空を見上げれば高層ビルが立ち並ぶ姿。

これが同じ日本なのか…

都会と田舎の格差に大きな衝撃を受けると同時に、

この差を少しでも埋めることができるとしたら、それは政治の力だ

と考えたのが原点となりました。

高校は、北海道足寄高等学校へ進学。

同じ高校で8学年下の松山千春(まつやま・ちはる)さんとは、選挙に協力するなど厚い親交があります。

高校卒業後は上京し、拓殖大学政経学部へ進学しました。

在学中に、同郷の中川一郎(なかがわ・いちろう)元農林水産大臣の秘書になるチャンスをつかむと、大学卒業後も名物秘書として鳴らします。

1983年、中川氏の急逝を受けて衆議院選挙に立候補し、初当選を果たしました。

◆家族構成

鈴木宗男さんの実家の家族構成は、父親、母親、兄、宗男さん、妹の5人家族です。

自身は職場結婚しており、長男、次男、長女と3人の子供に恵まれています。

◆父親

鈴木宗男さんの父親は、宮城県栗原郡志波姫(しわひめ)町(現:栗原市)の出身。[1]

「宗男」という名前の由来は、宮城県の英雄、伊達政宗(だて・まさむね)公から一字をもらっています。

宗男さんは高校卒業後、いったんは地元の炭鉱への就職を決めていましたが、

どうしても東京で立身出世に挑みたい

と、父親に申し出ます。

お父さんは、仕事の要である“馬”を売ってお金を工面し、大学へ進学させてくれました。

しかし大学へ入ってすぐ、宗男さんが19歳の時にお父さんは亡くなっています。

◆母親

鈴木宗男さんの母親の名前は、鈴木きよみさん。[2]

母・きよみさんも宮城県登米(とめ)の出身なので、宗男さんのルーツは実は宮城県なんですね。

きよみさんは大正9年生まれで、大正人特有の我慢強さがある方でした。

朝早くから日が沈むまで働き、

学芸会でウサギの役をするから白いセーターが必要だ

と言ったら、ひと晩寝ずに編み上げてくれました。

お父さんが亡くなってからは自分の着物を質に入れてまで、仕送りを続けてくれました。

そんなお母さんは、2004年4月6日に、83歳で亡くなりました。

「ありがとう」と言えなかった私はバカだったなぁ

宗男さんは少しだけ後悔しています。

◆妻・典子さん

鈴木宗男さんの奥さまの名前は、鈴木典子さん。

典子さんとの出会いは、下宿先の大家さんから、

知り合いの女子学生の就職相談に乗ってくれないか?

と頼まれたことでした。

宗男さんは、

秘書がいいよ

と、中曽根康弘(なかそね・やすひろ)さんの事務所を紹介します。

2年後、宗男さんが努める事務所に移ったこの女性が、後に妻となる典子さんでした。

仕事はテキパキこなし、愛想も良く、お客さんや後援会の評判も良い典子さん。

事務所代表の中川一郎さんは典子さんを気に入り、

鈴木君と一緒にさせよう

と考えます。

やがて、2人が結ばれたのは、ある必然だったのかもしれませんね。

◆2人の息子

鈴木宗男さんの長男の名前は、鈴木一郎(すずき・いちろう)さん。[3]

次男は、鈴木行二(すずき・こうじ)さんです。[3]

長男の一郎さんは、2010年05月31日に東京の全日空ホテルで結婚式を挙げました。

次男の行二さんは、その4年前の2006年9月3日に、東京信濃町の明治記念館で結婚式を挙げています。

スポンサーリンク

◆後継者は娘・鈴木貴子

鈴木宗男さんの娘は、衆議院議員の鈴木貴子さんです。

名前:鈴木貴子(すずき・たかこ)
生年月日:1986年〈昭和61年〉1月5日
出身地:北海道帯広市
出身大学:トレント大学(カナダ)

宗男さんが公民権停止中の2012年。

衆議院の解散が行われたときに白羽の矢が当たったのが、末っ子で女性の貴子さんでした。

兄2人も、

やれと言ったらやり切れると思います

と宗男さんが言う通り、政治のセンスがある人物です。

しかし貴子さんは、それ以上に政治に向いていると判断されたのでした。

衆院選では敗れた貴子さんでしたが、翌年、他の議員が辞職したことにより繰り上げ当選を果たします。

初登院のとき貴子さんは、

私は父を超えてはじめて地元に恩返しができると思っています。高い壁ですが乗り越えてみせます

と、抱負を語っています。

◆まとめ

鈴木宗男さんの母・きよみさんが亡くなったのは、宗男さんがあっせん収賄容疑で逮捕され、保釈されているときでした。

きよみさんは最期に、

母ちゃんは悪いことをする子供は産んでいない。宗男、もう1回国会へ行け!

という言葉を残して、天国へ旅立っています。

この言葉で奮起した宗男さんは新党大地を立ち上げ、国会に戻ることができました。

これからも家族への思いを胸に、宗男さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. Wikipedia 2022年3月9日確認 鈴木宗男 その他
  2. 週刊ポスト 2016年7月19日 鈴木宗男氏の母 最期の言葉は「もう1回国会へ行け!」
  3. 首相官邸ホームページ 2022年3月9日確認 内閣官房副長官 鈴木宗男 家族

コメント

タイトルとURLをコピーしました