橋下徹の『家族』〜帰国子女の嫁と7人の子供達、そして実の父親は…

「大阪都構想」に敗れ、政界から引退した橋下徹・元市長ですが、依然、その去就が注目されています。

今回は、そんな橋下氏を支える「橋下ファミリー」をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク




◆実は東京出身!?

橋下徹・元市長は、1969年6月29日生まれの現在(2018年3月)48歳。

弁護士であり、元大阪府知事であり、第19代の大阪市長を務めました。

実は幼少期は東京で暮らしていますが、小学5年の時に大阪へ引っ越しています。

高校は偏差値75とされる大阪府立北野高校へ進学し、毎日ラグビーに明け暮れ、なんと高校日本代表候補にも選ばれています(゚д゚)!

そして一浪して、早稲田大学政治経済学部へ進学。

学生ビジネスで、不渡り手形を掴まされたことをきっかけに弁護士を目指し、卒業した年に司法試験に合格しました。

151016_橋下徹の家族
(引用元・橋下徹Twitter)

弁護士として活動する一方、メディア出演で知名度を上げていき、2008年の大阪府知事選に初挑戦・初勝利。

2011年には知事・市長のダブル選を仕掛け、大阪市長に就任しています。

◆帰国子女のお嫁さん

そんな橋下徹・元市長を支える典子夫人は、小学5年まで米国に住んでいた帰国子女。

北野高校で橋下氏と知り合い、神戸市内の大学を卒業しています。

典子夫人の出身大学は神戸女学院大学と言われていますが、本当であれば、最近世間を騒がせた上西小百合議員と同じ(´・_・`)

これも何かの縁でしょうか?

2012年の不倫報道時、橋下氏は、

“妻は怒っている、大変な状況…”

といつもの威勢が全くありませんでした。

お嫁さんは、子供たちにも厳しいとされ、怖い奥様のイメージもあります。

しかし、橋下氏の司法試験受験をアルバイトで支え、市長選時の殺害予告にも、気丈に振る舞った嫁・典子さん。

内助の功なくして、現在の「橋下徹」はないと言えるでしょう。

◆実の父親…

橋下徹・元市長の実父は、大阪の同和地区の出身で、暴力団の正式な構成員でした。

橋下氏が小学2年生の時、自殺により亡くなっています。

後に橋下氏が実父についてインタビューを受け、次のように思い出を語りました。

“父親の思い出はひとつだけ。2、3歳のとき、食事中に箸を投げたら、背負い投げされてボコボコにされたんです”

◆母の教え

橋下徹・元市長が「おかん」と呼ぶ母親は、小柄な体形にトレーナーにジーンズ姿で、

“飾らない大阪のおばちゃん”

といった風情だそうです。

早くに夫を亡くし、苦労が多かったことでしょう。

昼は生命保険や化粧品のセールス、夜は飲食店で昼夜分かたず働き、橋下氏と妹を育てました。

橋下氏が中学1年の時、再婚されていますが、新しい父親と橋本氏の関係は良好なのだそうです。

そんなお母さんには3つの教えがありました。

(1)回復できないダメージを人に与えるな
(2)妹をいじめるな
(3)年上の人には敬意を払え。

勉強や世間体の事などは、一切言われなかったそうです。

◆妹がいる?

橋下徹・元市長には、妹さんがいます。

妹の情報はあまり出ていませんが、海外留学の経験があり、現在は結婚されているようです。

《橋下さんと、イケメン俳優・城田優さんとの意外な関係?》
城田優の『家族』~結婚のお相手は?兄・丹羽大の大学?妹の画像!

◆7人の子供たち

このようなファミリーに支えられながら、橋下さんは7人の子宝に恵まれています。

週刊誌の出自報道で、「子供も影響を受ける」と橋下市長がショックを受けていた時は、

“いろいろ書かれることは仕方ないんちゃう?”

と、逆に子供たちに励まされたそうです。

まさに、

“子に過ぎたる宝なし”

ですね(*^_^*)

◆まとめ

これまで見てきたとおり、橋下徹・元市長の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族に支えられ、橋下氏の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

橋下徹・元大阪市長は、定期的にメルマガを発行しているんですね。

その中で、森友問題を徹底的に検証したものがこちら。

【スクープ】これが「責任者」であった僕が総力をあげて取材した森友学園問題の真相だ! 【橋下徹の「問題解決の授業」Vol.48】【電子書籍】[ 橋下徹 ]

自らも関与しているだけあって、なかなかの読み応えです(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO