高木菜那の『家族』~結婚してる?妹・高木美帆と歩んだスケート人生

平昌五輪・アイススケート種目で2個の金メダルに輝いた、高木菜那選手。

今回は、そんな高木選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:高木菜那(たかぎ・なな)
生年月日:1992年7月2日(25歳)※2018年2月現在
身長/体重:155cm/48cm

スポンサーリンク




◆結婚してる?

高木菜那選手は、今年(2018年)の誕生日が来ると26歳。

良いお年頃ですが、妹さんと同じ苗字で五輪に出場しており、結婚はされていないようですね。

ちなみに、500m金メダルの小平奈緒(こだいら・なお)選手は、現在(2018年2月)31歳ですが独身。

長野五輪で活躍した“朋美スマイル”の岡崎朋美(おかざき・ともみ)さんは、35歳で結婚しています。

アルベールビル五輪(1992年)銅メダリストの橋本聖子(はしもと・せいこ)参議院議員は、34歳で結婚されたのだとか。

スケート選手は晩婚のようですね…

◆妹は高木美帆選手

高木菜那選手の妹は、平昌五輪に姉妹で出場している、高木美帆(たかぎ・みほ)選手。

1994年5月22日生まれで、現在(2018年2月)23歳なので、菜那さんより2歳年下になります。

幕別(まくべつ)町立札内(さつない)北小学校、札内中学校、北海道帯広南商業高校を卒業しているところまでは、菜那さんと同じ。

その後、美帆さんは、日本体育大学の体育学部を卒業しています。

実はスケート選手としては、妹の美帆さんの方が早咲き。

高木美帆選手は、2010年のバンクーバー五輪に中学生ながら出場し、一躍、話題となりました。

妹が有名であるため、菜那選手はいつも、

“高木美帆の姉”

と呼ばれました。

美帆さんは164㎝と身長が高いため、

“美帆ちゃんに妹がいたの?”

と言われたこともあります。

◆妹・高木美帆と歩んだスケート人生

高木菜那選手はバンクーバーに出向き、妹を応援しましたが、心から応援できません。

“私もこういうところで戦いたい!”

翌春に高校を卒業すると、名門企業チームの『日本電産サンキョー』を進路に選びました。

ソチ五輪への強い思いをしきりに口にする菜那選手。

美帆さんはそんな姉を、

“そんなにガツガツしなくても…”

と、一歩引いて見ていたといいます。

その結果、ソチ五輪には菜那選手が代表に滑り込み、美帆さんは落選。

五輪出場と悔しい思いをそれぞれが経験し、2人とも精神面、技術面ともに成長しました。

そうして迎えた平昌五輪では、姉妹そろって出場し、パシュートでは姉妹そろって金メダルを獲得。

自分にはない互いの良さを認め、高め合ってきた姉妹が、歓喜の瞬間を共にしました。

◆兄がいる?

高木菜那さんには、実はお兄さんもいて、名前は高木大輔さん、

年齢は、現在(2018年2月)27歳なので、ちょうど2個ずつ違う兄妹なのですね。

高木姉妹がスケートを始めたきっかけは、兄の大輔さんでした。

1998年の長野五輪をみて、小学校1年からスケートを始めた大輔さんがリンクに通ううち、姉妹も自然にスケートを始めたのでした。

平昌五輪は現地で応援した兄・大輔さん。

パシュートで姉妹が金メダルに輝くと、リンクサイドに駆け寄り、

“菜那ー!美帆ー!”

と絶叫していました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、高木菜那選手の活躍の陰には、時に温かく、時に刺激しあう『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、高木菜那選手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《スピードスケート選手の家族!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO