やしきたかじんの『家族』~実家からは勘当、3度の結婚…最初の妻との間に娘が1人

歌手やタレントとして関西で絶大な人気を博した、やしきたかじんさん。

浪速の視聴率男と呼ばれました!

今回は、そんなたかじんさんと時間を共有した『家族』の物語です。

名  前:やしきたかじん
本  名:家鋪隆仁(やしき・たかじ)
生年月日:1949年〈昭和24年〉10月5日
没年月日:2014年〈平成26年〉1月3日
出身地 :大阪市西成区
スポンサーリンク

◆勘当されていた実家

やしきたかじんさんは、大阪市西成区の出身。

小学校は地元の大阪市立岸里(きしのさと)小学校に通いました。

小学生のころは野球に熱中し、強豪チームに所属していました。

大阪市立成南(せいなん)中学校に進学後も野球部に所属し、主将、捕手、四番打者をつとめる中心選手として活躍します。

桃山学院高等学校でも野球部に入りますが、肘を痛めて3カ月で退部すると、新聞部に転身。

新聞記者に憧れ、朝日新聞社主催の全国新聞コンクールに入選したこともありました。

実家は裕福で、順調に成長したかに見えるたかじんさん。

しかし実は、たかじんさんは両親との折り合いが悪く、実家からは勘当されていたといいます。

たかじんさんと両親の間に、一体何があったのでしょうか。

◆実業家の父親

①半島由来の父

やしきたかじんさんの父親の名前は、権三郎(ごんざぶろう)さん。

父・権三郎さんは、1962年に朝鮮半島で生まれ、14歳の時に大阪に渡ってきました。[1]

当時の時代背景から、父親は子供たちの将来を案じ、日本人の母親とは籍を入れませんでした。

このため、たかじんさんは母親の私生児扱いとなっています。

そんな父・権三郎さんは、息子の命名を知人の易者に依頼しました。

易者は「隆仁(たかひと)」という名前を提案しますが、であったため、父・権三郎さんが、

天皇陛下の「仁(ひと)」を使うとは畏れ多い

と考え、「隆仁(たかじ)」と命名しています。

②父親との確執

父親は、パチンコ店や社員400人をかかえるステンレス会社の社長などを務めていましたが、2度倒産を経験するなど浮き沈みもありました。

父親はたかじんさんに実業家への夢を託しますが、たかじんさんの当時の夢は新聞記者。

この頃から、父親と息子との間にわだかまりが生じてきます。

高校卒業後、たかじんさんは早稲田大学の新聞学科を受験するも不合格。

仮面浪人で桃山学院大学経済学部に入学しますが、怒りの収まらない父親は自ら大学へ退学届を出し、

家を出ていけ!

と勘当を宣言しました。

◆日本人の母親

やしきたかじんさんの母親の名前は、家鋪光子(やしき・みつこ)さん。

前述のとおり、母親は日本人で、父親とは入籍していません。

「家鋪」という苗字は、母方の姓だそうです

父親と折り合いが悪かったたかじんさんは、母親との関係も悪く、「憎んでいた」と発言したことがあります。

母・光子さんは、2014年5月、胃がんにより亡くなっています。[3]

◆4人兄弟の次男

やしきたかじんさんは、男ばかり4人兄弟の次男として生まれました。

①兄

やしきたかじんさんのお兄さんの名前は、家舗秀王(やしき・ひでお)さん。

父親の跡を継いでステンレス会社の社長を務めましたが、会社は倒産してしまいました。

兄・秀王さんは、亡くなられているようです。[3]

②長弟

やしきたかじんさんの長弟の名前は、家舗良行さん。

年齢は、たかじんさんより4歳年下になります。

良行さんは、2015年2月3日に行われた「やしきたかじんを偲ぶ会」で挨拶に立ち、

(たかじんさんは)外では疎遠的なことを言うてたけど、本当は親族を大事にしてくれていた。そういったことを分かってくれたら

と、家族の結束を訴えています。

③末弟

やしきたかじんさんの末弟の名前は、家鋪渡(やしき・わたる)さん。[4]

1955年生まれなので、たかじんさんより6歳年下になります。

末弟の渡さんは、関西大学社会学部を中退。

たかじんの影響で音楽のプロを目指しますが、たかじんの歌を聞いて「自分とは格が違う」と断念しました。

1977年に父親が経営するステンレス会社に入社。

1994年、会社は倒産しますが、スポンサーが現れ『岸和田ステンレス株式会社』として再建しました。

1997年からは、同社の社長をつとめています。

NEXT 3度の結婚と3人の妻

コメント

タイトルとURLをコピーしました