沢田研二の『家族』~前妻と離婚し田中裕子と…息子は現在何してる?

ジュリーのニックネームで親しまれる永遠のスーパースター、沢田研二さん。

今回は、そんな沢田さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:沢田研二(さわだ・けんじ)
本名:澤田研二(さわだ・けんじ)
生年月日:1948年6月25日(70歳)※2018年10月現在
身長:171cm

スポンサーリンク




◆前妻・伊藤エミさんと離婚

沢田研二さんは2回、結婚しています。

最初の奥さんは、元『ザ・ピーナッツ』の伊藤エミさん。

エミさんは、1941年4月1日生まれなので、沢田さんより7歳年上になります。

7年間の交際を経て、1975年6月に結婚した二人。

やがて子供にも恵まれますが、幸せな家庭生活は長くは続きませんでした。

1983年6月、映画『男はつらいよ』で共演した田中裕子さんと、沢田さんとの不倫が発覚したのです。

沢田さんは田中裕子さんのマンションに足繁く通うようになり、やがて家に帰らないようになります。

田中さんも「宣戦布告」をするかのように

“必ず彼と一緒になる”

と宣言。

沢田さんも不倫を認めるような発言を、公の場で繰り返します。

結局2人は、1986年8月から別居し、翌1987年1月に離婚が成立しました。

当時、夫妻と親交の深かった故・ハナ肇さんは、

“ヒデ(エミさん、本名・日出代)はジュリーを愛するがゆえに、離婚届に判を押したと思う。愛する人の望むようにしてやるのが本当の愛情なんだというきれいな気持ちで決心したんだと思う”

と、エミさんの気持ちを代弁しました。

前妻への慰謝料は、自宅やテニスコート、伊豆の別荘などの資産を含めて、日本芸能界史上最高額(当時)の18億円に上りました。

◆息子・澤田一人さんは現在何してる?

沢田研二さんと伊藤エミさんの間には、息子さんが生まれています。

息子さんの名前は、澤田一人(さわだ・かずと)さん。

1979年3月生まれなので、現在(2018年10月)、39歳になります。

沢田さんとエミさんの離婚後、息子さんの親権はエミさんが持ち、沢田さんとは離れて過ごしました。

ただし、エミさんは息子さんのためを思ってなのか、生涯、澤田姓を名乗っています。

エミさんは生前、エミさんと息子さんと、双子の妹・伊藤ユミさんとも一緒に暮らしていました。

独身だったユミさんは、甥っ子に当たる沢田さんの息子を、実の子のように可愛がっています。

エミさんが亡くなってからも、ユミさんと沢田さんの息子さんは、二人で暮らしていたと言います。

息子さんにとってユミさんは、第2の母親のような存在だったでしょう。

そんなユミさんも、2016年5月に亡くなりました。

息子さんは現在自立して、音楽関係の仕事をしています。

◆現在の妻・田中裕子さんとの結婚式

1987年1月に離婚した沢田研二さんは、1989年11月に再婚しています。

現在の妻は、女優の田中裕子さん。

裕子さんは、1955年4月29日生まれなので、沢田さんより7歳年下になります。

2人の馴れ初めは、

“映画『男はつらいよ』で共演した”

とされていますが、実際はその前に、ザ・タイガースのコンサートで対面したのが最初だったようです。

沢田さんと田中さんの結婚式は、1989年11月12日に出雲大社で行われました。

他の5組のカップルと一緒に、初穂料2万円の挙式だったと言います。

11月28日に都内のホテルでの披露宴が行われますが、テレビ中継や取材はなし。

宴の最後には

“私は沢田さんという大好きな神様に会えたことを感謝します”

という裕子さんの日記が読み上げられています。

◆実家の父親と母親、兄と妹

沢田研二さんは、鳥取県で生まれ、京都で育ちました。

出生当時、父親が舞鶴市内の火薬研究所の取引先に勤務しており、二番目の子だったため「研二」と命名されています。

父親の名前は澤田松雄さん、母親は智恵子さんと言います。

父・松雄さんも若い頃は俳優を目指しており、映画監督・衣笠貞之助さんの付き人をしていたことがあります。

2014年には100歳を迎え「市民しんぶん 左京区版」で名前を取り上げられたのだそうです。

兄弟は、お兄さんと妹がいます。

◆まとめ

沢田研二さんのバラードの名曲に『そして一人』という歌があります。

CDなどで音源化されていないので、詳細が分かりませんが、息子・一人さんが生まれた頃に出来た曲だと思います。

“あなたは恋人 涙浮かべ 見送る 二度と帰らぬ時 胸に抱きしめ
別れ つかの間のかなしみ そして、やっぱりひとり”

こう歌うジュリーの心には、息子さんの姿があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO