平井卓也の『家族』~長男には逮捕歴が…次男は電通、長女は日本テレビに勤務

自由民主党に所属する衆議院議員、平井卓也さん。

国会中にワニ動画を見てました!

今回は、そんな平井さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:平井卓也(ひらい・たくや)
生年月日:1958年〈昭和33年〉1月25日
血液型 :O型 [1]
出身地 :香川県高松市
出身大学:上智大学外国語学部
スポンサーリンク

◆実家は香川の名家

平井卓也さんは、香川県高松市の出身。

実家の平井家は、地元メディアである『四国新聞』や『西日本放送』のオーナー一族です。

祖父と父親は国会議員も務めており、地元では知らない人がいない「名家」の出身なのです。

平井さんは地元の香川大学教育学部附属高松小学校、同中学校を経て、高松第一高等学校卒業。

大学は上智大学の外国語学部を出ています。

◆父親・平井卓志

平井卓也さんの父親の名前は、平井卓志(ひらい・たくし)さん。[2]

1931年(昭和6年)11月22日、香川県高松市で生まれました。

香川県立高松高等学校を経て、学習院大学政経学部政治学科を卒業。

当時、参議院議員だった平井太郎(ひらい・たろう)氏の秘書となり、その長女と結婚し女婿となりました。

岳父が社長を務めていた四国新聞社に入社し、1973年12月、岳父の死去に伴い、代表取締役社長に就任。

1974年1月、参議院議員補欠選挙に岳父の後継者として立候補し、初当選を果たします。

1986年、第3次中曽根内閣にて、労働大臣に就任。

1998年に政界を引退、2009年に亡くなっています。

◆母親・平井温子

平井卓也さんの母親の名前は、平井温子(ひらい・あつこ)さん。

元・参議院議員で、四国新聞の社長であった平井太郎氏の長女として生まれました。

現在は、四国新聞社の社主を務めています。

母・温子さんは、香川県高松市の官公庁街に2階建ての建物を所有しており、『自由民主党香川県第一選挙区支部』がテナントとして入居。

その家賃が「相場の9割引きだった」ということで、週刊誌をにぎわせたことがあります。[3]

◆弟・平井龍司

平井卓也さんには弟がいて、名前は平井龍司さん。

弟の龍司さんは、四国新聞社の代表取締役CEOをつとめています。

NEXT 妻と3人の子供について

コメント

タイトルとURLをコピーしました