竹内結子の『家族』~2人の夫と2人の子供を残して…実家の両親と姉2人は何を思う

スポンサーリンク

2020年9月27日、女優の竹内結子さんが亡くなったことが分かりました。

今回は、生前の竹内さんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:竹内結子(たけうち・ゆうこ)
生年月日:1980年4月1
没年月日:2020年9月27日
享年:40歳
出身地:埼玉県浦和市(現さいたま市)

◆最初の夫

2005年6月、竹内結子さんは25歳で結婚しています。

夫は、歌舞伎役者の中村獅童(なかむら・しどう)さん。

1972年9月14日生まれなので、竹内さんより8歳年上になります。

獅童さんは、歌舞伎の名門・小川家(萬屋・よろずや)に生まれ、8歳の時に二代目中村獅童を名乗り初舞台を踏みました。

しかし、獅童さんが幼い頃に父親は歌舞伎役者を廃業しており、獅童さんは師匠不在で苦労しています

苦労が実り、1996年には『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を受賞。

翌1997年には『歌舞伎の見方』解説で、国立劇場特別賞を受賞しています。

また、2002年の映画『ピンポン』では準主役ドラゴンの役を射止め、

  • 日本アカデミー賞
  • ゴールデン・アロー賞
  • ブルーリボン賞
  • 日本映画批評家大賞
  • 毎日映画コンクール

の各新人賞5冠を果たしました。

竹内結子さんとの馴れ初めは、2004年公開の映画『いま、会いにゆきます』で共演したこと。

映画の撮影開始から結婚まで、約半年という“スピード婚”で世間を驚かせました

しかし2008年2月、竹内さんと獅童さんは離婚しています。

離婚の直接の理由は、獅童さんの不倫でした。

しかしその背景には、竹内さんが、

  • 歌舞伎役者の妻としての務めを拒んだ
  • 長男を歌舞伎役者にすることに反対した

などと囁かれています。

中村獅童さんはその後、2015年1月に再婚しました。

再婚相手は、11歳年下の一般女性です。

◆現在の夫

2019年2月、竹内結子さんも再婚しています。

現在の夫は、俳優の中林大樹(なかばやし・たいき)さん。

1985年1月6日生まれなので、竹内さんより5歳年下になります。

愛称はウッディーなのだとか…

中林さんは、奈良県吉野郡大淀(おおよど)町の出身。

2006年、ドラマ『めぞん一刻』の五代裕作(ごだい・ゆうさく)役のオーディションに応募し、

芸能活動をしていない一般男性

との条件のもと、選考されて俳優デビューしました。

竹内結子さんとの馴れ初めは、2009年公開の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演したこと。

事務所の先輩後輩ということもあり、家族ぐるみで親交を深めていったということです。

◆2人の子供

竹内結子さんには、2人の子供がいます。

①長男の名前は?

第1子は、2005年11月生まれの男の子。

長男の名前は太郎さんと言われており、父親は中村獅童さんです。

長男が小学生のときは、公立の中でも評判の高い小学校に通っています。

中学は受験を決意し、月10万円近い少数精鋭の個人経営の塾に通わせました。

こういう塾は人気があるので、竹内さんはツテをたどって一生懸命探していたそうです。

親子の努力の甲斐あって、2018年4月、長男は超難関の青山学院中学に合格しました。

2020年9月現在、中学3年生になりますね

竹内さんが再婚するとき、長男は、

三人一緒になればこれから楽しくなるね

と、母親の背中を押してくれたそうです。

再婚後は、

夫と一緒に夜食として(サッポロ一番を)食べて、ヒソヒソ男の内緒話をしています

と、中林さんとの関係は良好みたいですね。

②次男の年齢は?

第2子は、2020年1月生まれの男の子。

父親は中林大樹さんです。

生後8カ月。長男とは15歳離れています

次男の育児については、雑誌LEE(2020年10月号)で、その大変さを語っています。

わかっていたつもりでしたが、眠れないし、もらった風邪はなおらないし……。赤ちゃんのお世話は本当に大変ですね。育児の常識も長男のときとは変わっていることが多くて、育児雑誌で離乳食について調べたりしています

スポンサーリンク

◆実家は越谷レイクタウン?

①実家は越谷レイクタウン?

竹内結子さんは、埼玉県浦和市(現・さいたま市南区)の出身。

小学校は不明ですが、中学校は、浦和(現・さいたま)市立白幡(しらはた)中学校です。

高校は、埼玉県立新座北高等学校に通いました。

現在は、埼玉県立新座柳瀬高等学校という名前になっています

高校の1学年下には、俳優の黄川田将也(きかわだ・まさや)さんがいたようですが、当時、面識があったかどうかは分かりません。

また、実家は現在、浦和ではなく、越谷レイクタウンにあると言われています。

②謎の実家ルール

竹内結子さんの実家では、どんな食事であっても味噌汁がついてくるというルールがありました。

シチューだろうが、おでんだろうが、パンだろうが、絶対に味噌汁が出たのだとか…

シチューに味噌汁は辛いですね

ちなみに、中林さんとの結婚生活では、実践していないということです。

また実家は、ハムカツにゆかりがあるそうですね。

とんねるずのみなさんのおかげでしたの『新・食わず嫌い王決定戦』に出演した時に、実家のハムカツをお土産にされていました。

今は薪を焚べています
石橋貴明の『家族』~元嫁は“雅代”、現妻は“鈴木保奈美”、娘は“ほのか”
長くお笑い界のトップに君臨する「とんねるず」の石橋貴明(いしばし・たかあき)さん。 今回は、そんなタカさんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 ◆元嫁は雅代さん 石橋貴明さんは、1988年、元モデルの女性と結婚しました。...

③実家の家族構成

竹内結子さんの実家の家族構成は、父親、母親、長姉、次姉、竹内さんの5人家族です。

それでは、家族のエピソードを見ていきましょう。

◆父親とのエピソード

竹内結子さんは、中学を卒業した春休みに友人と原宿に遊びに行き、スカウトされています。

突然のできごとに、父親は大反対。

この時はお姉さんが、

何もしないよりは、やってみて決めた方がいい

と、背中を押してくれたので、竹内さんは芸能界入りを決心したのでした。

役者として、ものづくりに携わることの面白さを初めて感じたのが、17歳の時。

初主演を務めた映画『イノセントワールド』の撮影で、竹内さんは1カ月近く青森県でロケに参加します。

スタッフや共演者など、自分の仕事に対して誇りや責任を持っている人たちの中で、じっくりとものをつくることの世界観を学び、

私はこの仕事をやっていきたい…!

と強く感じたのでした。

撮影が終わり、新宿駅に着くやいなや、竹内さんは父親に電話をかけ役者を続けていく決心を伝えました。

父親は、

とにかく高校だけは卒業してほしい

と条件をつけながらも、役者を続けることを許してくれたのでした。

この時まで、お許しは出ていなかったのですね

◆母親は天国へ

竹内結子さんの実母は、幼いころに亡くなっています。

そのため、実母の思い出はあまり多くありませんが、

泣いたって状況は変わらないのよ

と、よく言われたそうです。

やがて父親は再婚し、幸せな家庭が再建されたように見えました。

しかし、多感な時期の竹内さんには、必ずしもそうではありませんでした。

この時期の心境について、竹内さんはこう綴っています。

帰る家は暖かい家庭そのものに見えたが、カギのかかった空間がいくつもあるような場所だった。(中略)私は父に人生を好きに生きてくれたらいいと思っていた。連れ子という荷物がいることを面倒に感じられたくなかったのだ。

少女時代の竹内さんは、おばあちゃん子だったと言います。

時に息が詰まる家から逃れられる存在が、お祖母さんだったのでしょう

◆まとめ

これまで見てきた通り、竹内結子さんの活躍の陰には、様々な感情を生む『家族』の姿がありました。

これからは空の上から、家族の生活を見守ってくれることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

こちらの記事も読まれています

三浦春馬の『家族』~実家の母親の職業は?父親とのツーショット写真
トップ俳優として活躍する、三浦春馬さん。 歌手としても高い評価があります 今回は、そんな三浦さんの『家族』にスポットを当てて、ご紹介します。 【本人プロフィール】 名前:三浦春馬(みうら・はるま)...
志村けんの『家族』~子供がいるのに結婚しない理由は?父親は事故にて…
ザ・ドリフターズのメンバーで、お笑い界の大御所・志村けんさん。 今回は、そんな志村さんの結婚や子供のうわさ、実家の父親、母親、兄弟にスポットを当てていきます。 【本人プロフィール】 名前:志村けん(しむら・けん) 本名:志村康徳...
イモトアヤコの『家族』~妹分の芸人が?実家の父親と母親の職業は?
お笑い芸人、女優、登山家など様々な顔を持つ、イモトアヤコさん。 今回は、そんなイモトさんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 【本人プロフィール】 名前:イモトアヤコ 本名:井本絢子(いもと・あやこ) 生年月日:...

コメント

タイトルとURLをコピーしました