唐橋ユミの『家族』~結婚相手の旦那さんは?実家は酒蔵“ほまれ酒造”

フリーアナウンサーとして活躍する、唐橋ユミさん。

メガネは36本持ってます!

今回は、そんな唐橋さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:唐橋ユミ(からはし・ゆみ)
生年月日:1974年〈昭和49年〉10月22日
血液型 :O型
出身地 :福島県喜多方市
出身大学:実践女子大学
スポンサーリンク

◆結婚相手の旦那さんは?

唐橋ユミさんは、40歳を過ぎていますが、実は結婚歴はありません。

しかし2018年10月、そんな唐橋さんに初ロマンスが報道されました。

お相手の男性は、映像監督や脚本家として活躍する、成瀬活雄(なるせ・かつお)さん。

成瀬さんは、1963年6月29日生まれなので、唐橋さんより11歳年上になります。

成瀬さんは1997年に映画『不機嫌な果実』で監督デビューし、ドラマ『嫌われ松子の一生』『小さな巨人』などの脚本も担当。

成瀬さんのトークイベントで唐橋さんが司会をしたことなどで、2人の距離は急接近しました。

2017年12月頃、唐橋さんの住むマンションに成瀬さんが引っ越す形で、同棲生活が始まります。

唐橋さんは事務所を通じて、

チャンスを逃すのはまずい年頃なので、そっと見守ってください!

とコメント。

結婚して、成瀬さんが旦那さんとなる日は、そう遠くはなさそうですね。

◆実家は酒蔵“会津ほまれ”

唐橋ユミさんは、福島県喜多方市の出身。

実家は、100年続く老舗酒蔵である「ほまれ酒造」を経営しています。

代表銘柄である『会津ほまれ(播州産山田錦仕込・純米大吟醸酒)』は、2015年IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)において、最高賞の「チャンピオン・サケ」を受賞。

2016年の伊勢志摩サミットにおいては、各国首脳に贈答されるお土産品として採用されました。

◆父親は「ほまれ酒造」3代目

唐橋ユミさんの父親の名前は、唐橋幸市郎さん。[1]

1948年頃の生まれになります。

「ほまれ酒造」の3代目社長であった父・幸市郎さん。

今では経営を息子に引き継ぎ、会津喜多方商工会議所会頭として、会津の発展のために奔走しています。

◆母親は化粧水を開発

唐橋ユミさんの母親の名前は、唐橋美紀子さん。

1949年生まれなので、父親より1歳ほど年下になります。

母・美紀子さんは福島県白河市出身で、22歳の時に「ほまれ酒造」に嫁いできました。

“子育ての一番大変な時期を過ぎた30代後半頃から、顔のくすみやシミが増えてまいりました”

という美紀子さん。

様々な化粧水を試したもののどれも肌に合わず、結局たどり着いたのが、嫁ぎ先の造り酒屋の日本酒でした。

美紀子さんがすごいのは、日本酒を原料とした化粧水を自ら開発してしまうところです。

そうして完成した『會津ほまれ化粧水』は、ほまれ酒造の一製品として販売されています。

NEXT 兄と妹について

コメント

タイトルとURLをコピーしました