砂川啓介の『家族』〜子供はなくとも大山のぶ代さんと元祖おしどり夫婦

2017年7月11日、俳優の砂川啓介(さがわけいすけ)さんが、尿管がんのために亡くなりました。

今回は、砂川さんの『家族』にスポットを当て、在りし日の砂川さんを偲びたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆「体操のお兄さん」としてブレイク

砂川啓介さんは、東京都出身。

成城高校を卒業しているので、成績優秀だったのでしょう。

高校在学中に『足摺岬』など数々の社会派映画に出演。

1961年、NHK『うたのえほん』(後の『おかあさんといっしょ』)の、初代「体操のお兄さん」としてブレイクし、一躍、有名人となりました。

その後は「お昼のワイドショー」の司会を務める一方、俳優、講演など多方面で活躍しています。

◆大山のぶ代さんと元祖・おしどり夫婦

砂川啓介さんの奥さんは、初代ドラえもんの声でおなじみの、大山のぶ代さん。

砂川さんが「たいそうのおにいさん」でブレイクしていた頃、NHKの人形劇「ブーフーウー」でのぶ代さんも注目を集めます。

そして、ミュージカル共演をきっかけに2人は結婚しました。

2人はおしどり夫婦の代表格として知られ、のぶ代さんとの共著で料理本『啓介・のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラーとなります。

2001年には、『カミさんはドラえもん』を出し、のぶ代さんのガンに夫婦で闘う姿が、周囲の感動を呼びました。

2015年5月には、のぶ代さんの認知症を、記者会見で公表。

のぶ代さんには身寄りがないため、

絶対にカミさんより先に死なない

と頑張っていましたが、残念ながらその思いは果たせませんでした。

現在、のぶ代さんは施設に入所しているそうです。

◆子供は?

砂川啓介さんと大山のぶ代さんの間には、二度、小さな命が宿ったことがあります。

しかし、一度目は流産、二度目は誕生後すぐに赤ちゃんの心臓の病気で、亡くなってしまいました。

その後、のぶ代さんは医師に

これ以上の妊娠は、母体の生死に関わるので諦めた方が良い

と告げられてしまいます。

そして、失意のどん底に落とされたのぶ代さんを救ったのは、「ドラえもん」でした。

子供がわりとも言えるドラえもんに対する、のぶ代さんの愛情は強く、他の仕事は断っていたそうです。

夫婦喧嘩の最中に、ついドラえもんの声を出してしまい、笑ってしまって仲直りすることもあったのだとか。

まさに「子はかすがい」ですね(*^^*)

◆まとめ

これまで見てきた通り、砂川啓介さんの活躍の陰には、最愛の妻・のぶ代さんの姿がありました。

そして、夫婦の子供であるドラえもん。

のぶ代さんの事が心配だと思いますが、ドラえもんが守ってくれると思います。

安心して、安らかにお眠りください。

《特選記事!》

大山のぶ代の『家族』~子供は?旦那さんが認知症を支援?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です