矢農誠の『家族』〜本人は苫小牧市議、嫁は看護師、子供はいる?

若手の苫小牧市議として活動する、矢農誠(やのうまこと)さん。

今回は、そんな矢農市議とその家族をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆本人は苫小牧市議

矢農誠市議は、1979年10月1日、北海道の安平(あびら)町で生まれました。

地元の早来小学校、早来中学校を卒業後、高校は隣接する苫小牧西高校へ進学。

そして、大学は島根大学法文学部を卒業しています。

大学在学中に、元衆議院議員・錦織淳さんの選挙事務所で1ヶ月間泊まり込みで選挙ボランティアを経験。

この事が、矢農市議の政治人生に、大きく影響を与えました。

大学を出て、一旦会社勤めをしますが、やがて錦織淳さんの秘書へ転身。

img_1854

そうして経験を積み、2007年4月の苫小牧市議選で、27歳という史上最年少で当選しました。

現在3期目を勤めており、2014年には

「苫小牧児童虐待防止市民集会」

の事務局長を勤めています。

2015年には仲間と一緒に

「地域で出来る子育て支援事業」トワイライトステイ実行委員会

を立ち上げ、実行委員長に就任するなど、子育ての分野に注力してきました。

趣味は将棋だそうで、高校時代は将棋同好会に所属。

麻雀も得意で、健康麻雀の普及発展を推進しています。

◆結婚した嫁は看護師

矢農誠市議は結婚しており、お嫁さんは看護師さんだそうです。

苫小牧市立病院は、看護師不足で病棟を休止しており、お嫁さんの仕事も大変だと思います。

休日には、お嫁さんと祭りや買い物に行く様子がツイッターで紹介されており、仲が良い夫婦のようですね(*^o^*)

7月2日の結婚記念日には、旭川駅前のイオンでデート。

何をプレゼントされたのでしょうか?

◆子供はいる?

矢農誠市議のプロフィールを見ると、

「妻と2人暮らし」

とありますので、子供さんはいないようです。

市議会議員としては、子育て分野に注力しているので、子供は好きなのでしょうね。

◆まとめ

これまで見てきた通り、矢農誠市議の活動の陰には、優しく支えてくれるお嫁さんがいました。

これからも若い力で、地域の子供たちのための政治を行って欲しいと思います!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です