山本KID徳郁の『家族』〜前妻はマリア、現在の嫁はゆい…子供は?

2018年9月18日、総合格闘家の山本KID徳郁さんが、ガンのため亡くなりました。

今回は、生前の山本KIDさんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:山本KID徳郁(やまもと・きっど・のりふみ)
生年月日:1977年3月15日
没年月日:2018年9月18日(享年41歳)
身長/体重:163cm/61kg

スポンサーリンク




◆前妻はマリアさん

山本KID徳郁さんは、2004年8月にモデルのマリア(MALIA.)さんと結婚しています。

マリアさんは1983年2月1日生まれで、現在35歳なので、山本KIDさんより6歳年下になりますね。

そして2人は、2009年8月に離婚。

離婚理由は、山本KIDさんの浪費癖だそうです。

“ある程度の時までは自由にしてていいと思ってた。自分の体で自分が頑張ったお金”

と語るマリアさんは、特に口出しはせずに見守っていましたが、

  1. ポンポン車を買ってくる
  2. 周りの友だちもヤンチャな感じだったから夜遊びに行って朝帰って来ない
  3. 門限を朝5時にしたけど守れない

などの行動に、我慢は限界に達します。

また、当時の山本さんはめちゃくちゃモテていたそうで、マリアさんは次第に浮気も疑うようになります。

ある時は、山本KIDさんが遊んでいた店に乗り込み、女性の腰に手を回していた山本KIDさん目掛けて、飛び蹴りをくらわせたこともありました。

そんな事が積み重なり、ついには2人は離婚の道を選んでいます。

◆現在のお嫁さんは“ゆい”さん

山本KID徳郁さんは、2014年に再婚しています。

現在のお嫁さんの名前は“ゆい”さん。

年齢は、現在(2018年9月)32歳くらいと言われています。

元々交際していた2人でしたが、結婚に踏み切ったきっかけは、山本KIDさんが試合で負傷して頸椎ヘルニアを患ったこと。

ベッドに寝たきりになってしまった山本KIDさんを、ゆいさんが毎日看病に来てくれたことから、結婚を意識するようになったそうです。

◆子供の名前は?

山本KID徳都さんとマリアさんの間には、2005年1月に男児、2006年11月には女児が生まれました。

離婚後、2人の子供はマリアさんが引き取っています。

また、“ゆい”さんとの間には、2014年11月に千ちゃんという女の子、2017年8月には虎ちゃんが誕生しています。

ちなみにマリアさんは、2016年11月に4度目の結婚を果たし、2018年8月、第4子となる男児を出産しています。

第4子ということは、もう一人、子供がいるのですね(^_^;)

【マリアさんの結婚歴と子供】
第1子…Jリーガー田中隼磨さんとの子供(長男)
第2子…山本KIDさんとの子供(次男)
第3子…山本KIDさんとの子供(長女)
    Jリーガー佐藤優平さんと結婚するも子供なし
第4子…元Jリーガー三渡洲舞人さんとの子供(三男)

◆父親はオリンピック選手

山本KID徳郁さんの父親の名前は、山本郁榮(やまもと・いくえい)さん。

父・郁榮さんはミュンヘンオリンピックで、レスリング・グレコローマンに日本代表として出場した経歴があります。

徳郁さんの「KID」というニックネームの由来は、

“ミュンヘンオリンピックに出場した父親(山本郁榮)は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)”

と、山本KIDさん自身が語っています。

◆母親は大学生の時に…

山本KID徳郁さんの母親は、山本さんが大学生の頃に亡くなっています。

当時家族は夢や目標を失って落ち込みましたが、山本KIDさんは告別式の3日後の大学選手権に出場し、優勝を果たしました。

◆姉は山本美憂

山本KID徳郁さんの姉の名前は、山本美憂(やまもと・みゆう)さん。

1974年8月4日生まれで、現在(2018年9月)44歳になります。

小学生のころからレスリングの英才教育を施された美憂さんは、13歳で第1回全日本女子選手権に優勝。

その後、全日本大会を4連覇し、17歳で初めて出場した世界選手権を史上最年少で優勝しました。

1994年と1995年にも世界選手権を連覇した後、結婚を機に現役引退。

その後は現役復帰と引退を繰り返しますが、2004年のアテネオリンピックで女子レスリングが初めて正式種目になることを機に現役に復帰します。

オリンピックはロンドン、リオの時も出場を目指しましたが、これまで五輪出場経験はありません。

◆妹は山本聖子

山本KID徳郁さんには妹もいて、名前は山本聖子(やまもと・せいこ)さん。

妹の聖子さんは5歳の時からレスリングを始め、1999年、2000年、2001年、2003年に世界選手権を制覇。

姉と共に2004年のアテネ五輪出場を目指しましたが、決勝で吉田沙保里さんに敗れ、聖子さんも五輪出場経験はありません。

私生活では、2006年7月にハンドボール日本代表の永島英明さんと結婚し、男児を出産。

2014年9月に離婚しましたが、2015年7月には大リーグのダルビッシュ有投手との子供(男児)を出産。

後にダルビッシュ投手と入籍し、2017年3月には第3子(男児)を出産しています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、山本KID徳郁さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからは空の上より、家族の挑戦を応援してくれることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

コメント

  1. […] 山本KID徳郁の『家族』〜前妻はマリア、現在の嫁はゆい…子供は? […]