谷査恵子のWiki物語~高校や大学などの経歴、結婚や実家などの家族

経済産業省のノンキャリアとして活躍する、谷査恵子(たにさえこ)さん。

今回は、そんな谷さんの経歴や家族などの情報を、Wikipedia風にご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆高校や大学などの経歴

谷査恵子さんは大阪出身。

高校は、偏差値75というトップ校「大阪教育大学附属高校天王寺校舎」を卒業しています。

この高校、ノーベル賞の山中伸弥さんも卒業したことで有名ですが、お騒がせの上西小百合議員も卒業生です。

なお、谷さんの小学校・中学校は不明ですが、天王寺校舎は小学校・中学校も付属しているので、小学校から天王寺かもしれません。

ちなみに、上西議員も小学校から天王寺です。

高校卒業後は、東京大学文学部へ進学。

東大卒業後は、

管理職にはなりたくない、現場で働きたい

と考え、ノンキャリア試験を受けて1998年に経済産業省へ入省しました。

◆イタリアへ異動?経済産業省での経歴や年収など

谷査恵子さんは経産省で主に、国際エネルギー、温暖化交渉、クールジャパン戦略などを担当しています。

2013年から15年末までの3年間は、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人の“秘書役”を務めました。

2016年から中小企業庁の経営支援部で連携推進専門官。

2017年8月6日付で、在イタリア日本大使館1等書記官に就任しています。

谷査恵子さんは役職からいって、現在の給与は年800万円程度とみられます。

ただし別途、海外赴任手当が月50万円、住宅手当が月18万円程度プラスされるため、合計1620万円に。

これだけの厚遇は通常「キャリア官僚」に与えられるもので、「準キャリア官僚」であるたにさんが異動を命じられることは異例。

それだけ谷さんの仕事ぶりが認められたということなのでしょう。

◆実家は住吉大社?結婚しているのか?

谷査恵子さんの実家は、大阪の住吉大社だという噂があります。

しかし、この情報は誤りで、正しくは

住吉大社の権宮司である神武磐彦氏の娘が、内閣総理大臣夫人付の神武享代さんである

ということです。

谷査恵子さんの実家も大阪ですが、父親の職業は不明。

しかしお父さんはメディアの取材(イタリア赴任)に対し、

だいたい半年くらい前から、イタリアに行くとは言うてたよ。イタリアのどこでなんの仕事をするかは聞いてない。ただ、“イタリアに行ってくるで”とだけ。転勤する時期は、6月か7月という話やったかな

と答えています。

お母さんはご健在なのでしょうか?

また、谷査恵子さんの入省年から見ると、現在(2017年)の年齢は40過ぎくらい。

結婚して旦那さんや子供がいてもおかしくありませんが、明らかにされていません。

もし小さな子供がいたりしたら、イタリアへの異動は大変でしょうね。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、谷査恵子さんの華麗なる経歴の陰には、支えてくれた家族の姿もありました。

イタリアでゆっくりしてきて欲しいですね、そんな暇はないでしょうか?

《特選記事!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です